PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送

News

スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送

2014-05-08 掲載

衛星放送事業者のスカイ・ドイツがサッカーリーグ試合の中継を、4Kプロダクションを介し、衛星で伝送、4KテレビにHEVCストリームで再生するという、エンドトゥエンドの次世代放送に成功した。

2014年4月27日にドイツ・アリアンツ・アレーナで開催されたブンデスリーガの試合(FCバイエルン・ミュンヘン対SVベルダー・ブレーメン)において、DFL(ドイツサッカー連盟)とブンデスリーガ認定のSportscast協力のもと試験放送を行った。会場では、6台のソニーF55および4台のHDカメラで撮影。ライブソースは10Gイーサネット経由でスポーツプロダクションTopVisionの中継車でプロダクションされ(HDカメラソースはUHDにアップコンバート)、独フラウンホーファーHHI/ローデ・シュワルツと米エレメンタルのライブエンコーダーでHEVC化、多重化してアップリンク、ミュンヘン地区にあるスカイ・ドイツ本社の施設で受信され、施設内に設置したサムスン製の4KTV数台にセットトップボックス(STB)経由で再生したという。STBは4K60p/HEVCに対応できるViXSの最新SoCを搭載したテクニカラー製のものが主に使用された。

衛星はSES SA Astra 19.2E、コントリビューションリンクはMTI Teleport München GmbH。中継車には、4KプロダクションにEVSサーバとハイライト用にクォンテルサーバ、そしてVizrt社製のグラフィックスシステムが積んである。

スカイ・ドイツは2012年の12月にも、同リーグ戦(FCバイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント)にて4Kカメラを使って収録したことを始め、2013 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ではBSkyBと共同でマルチ4Kカメラを使用するなど、次世代放送の実証実験を重ねてきた。昨年のIBCでは、SES SA Astra2衛星経由で4K30p/HEVCコンテンツ伝送を行いPace製のSTB経由で4KTVに再生した。今回は4K50p/HEVCに対応した最新のエンコーダーとデコーダーが揃ったことで最前線の実証実験が成功した。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160718_skysport_top

英Sky、4Kサービスを開始。プレミアリーグ中継、4K映画作品ダウンロード視聴対応

Skyはサッカープレミアリーグの新シーズン開始日に合わせ、8月13日より4Kサービスを開始した。今春から開始したSky Qサービス用のセットトップボックスSky Q Silverを... 続きを読む

160808_comcast_NBC_top

米NBC、4K HDR+Dolby Atmosオリンピック放送を提供。NHK 8Kのダウンコンバージョン

© 2016 NBC Universal 米国オリンピック公式放送局であるNBC(NBCUniversal)は、ケーブル、衛星やIPTVサービス事業者を通して開会式... 続きを読む

160801_all_top

ソニー、ISDB-S3対応の復調LSIとチューナーモジュールを商品化。4K/8K衛星デジタル放送向け、サンプル出荷を9月より開始

ソニーは、高度広帯域衛星デジタル放送規格「ISDB-S3(Integrated Services Digital Broadcasting for Satellite,3rd ge... 続きを読む

120709_nhk2

NHK、リオ五輪にて4Kライブストリーミング&VODを実験実施

NHKは、8月5日から始まるリオデジャネイロ夏季オリンピックにて、「リオオリンピックの実験的な4Kネット配信」を実施する。スーパーハイビジョン試験放送する競技中継の一部を4Kに変換... 続きを読む

160707_main_top

ケーブル4K、ケーブル初の4K中継放送を8月に実施

ケーブルチャンネルの「ケーブル4K」は、8月11日と15日に初の4K中継放送を実施する。ケーブル4Kは、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主体となって、全国のケーブル局が制作した... 続きを読む

トップ > ニュース > スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送