PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送

News

スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送

2014-05-08 掲載

衛星放送事業者のスカイ・ドイツがサッカーリーグ試合の中継を、4Kプロダクションを介し、衛星で伝送、4KテレビにHEVCストリームで再生するという、エンドトゥエンドの次世代放送に成功した。

2014年4月27日にドイツ・アリアンツ・アレーナで開催されたブンデスリーガの試合(FCバイエルン・ミュンヘン対SVベルダー・ブレーメン)において、DFL(ドイツサッカー連盟)とブンデスリーガ認定のSportscast協力のもと試験放送を行った。会場では、6台のソニーF55および4台のHDカメラで撮影。ライブソースは10Gイーサネット経由でスポーツプロダクションTopVisionの中継車でプロダクションされ(HDカメラソースはUHDにアップコンバート)、独フラウンホーファーHHI/ローデ・シュワルツと米エレメンタルのライブエンコーダーでHEVC化、多重化してアップリンク、ミュンヘン地区にあるスカイ・ドイツ本社の施設で受信され、施設内に設置したサムスン製の4KTV数台にセットトップボックス(STB)経由で再生したという。STBは4K60p/HEVCに対応できるViXSの最新SoCを搭載したテクニカラー製のものが主に使用された。

衛星はSES SA Astra 19.2E、コントリビューションリンクはMTI Teleport München GmbH。中継車には、4KプロダクションにEVSサーバとハイライト用にクォンテルサーバ、そしてVizrt社製のグラフィックスシステムが積んである。

スカイ・ドイツは2012年の12月にも、同リーグ戦(FCバイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント)にて4Kカメラを使って収録したことを始め、2013 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ではBSkyBと共同でマルチ4Kカメラを使用するなど、次世代放送の実証実験を重ねてきた。昨年のIBCでは、SES SA Astra2衛星経由で4K30p/HEVCコンテンツ伝送を行いPace製のSTB経由で4KTVに再生した。今回は4K50p/HEVCに対応した最新のエンコーダーとデコーダーが揃ったことで最前線の実証実験が成功した。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160524_BMD1_top_w

Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合

© 2016WOWOW /オフィス・シロウズ © 2010安東能明/新潮社 企画協力 新潮社 Blackmagic Designの発表によると、WOWOW... 続きを読む

160520_front_top

SKNET、 4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を発売

エスケイネット株式会社は、4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を2016年5月下旬に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップでの販売価格は税込79,800円... 続きを読む

160518_bt-sport-set-to-launch-first-4k-ultra-hd-live-sports_top

英BT、4KチャンネルなどリニアとOTTフローを統合したシステムを構築

英大手電気通信事業者BTの光4K TVサービスでは、2015年夏に開局したBT Sport Ultra HDチャンネルにて、UEFAチャンピオンズリーグ、FAカップ、Avivaプレ... 続きを読む

160416_kbs_top

[NAB2016]韓国から4K放送開発のセッション、来年はじまる地上波UHDTV放送について

NABでは“All-Badge Access Sessions”として、NAB展示フロアの入場バッチでも受講できるセッションが数多くある。その1つ、NAB初日18日には、2時から2... 続きを読む

160401_main_top

ケーブルテレビ業界共通4Kチャンネル、4月1日よりIPリニア放送も開始

日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は2016年4月1日より、ケーブルテレビ業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」のIP放送を開始した。開始当日に本方式で放映されたのは、ハート... 続きを読む

トップ > ニュース > スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送