PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 韓国地上波2局、ワールドカップ生中継を4Kで実施。首都圏の一般家庭でも視聴体験

News

韓国地上波2局、ワールドカップ生中継を4Kで実施。首都圏の一般家庭でも視聴体験

2014-07-08 掲載

ブラジルのワールドカップ中継権を持つ韓国のSBSは、韓KBSと一緒にブラジルワールドカップ3試合の中継をUHD(4K)で放送実験を行っている。

KBSとSBSは、AsiaSat 5衛星経由で4K放送を汝矣島、木洞にある放送センターで直接受信し、これを韓国政府が実験放送を許可した周波数帯域(700MHz帯)で地上波4K実験放送信号に変調して放送する(DVB-T2方式、HEVC/60p)。

中継される試合は、決勝トーナメント1回戦(試合日:6月28日)、準々決勝(7月4日)、決勝戦(7月13日)の3試合。

KBSでは先月29日の早朝に、コロンビア対ウルグアイの16強戦をソウル駅とKBS本社、KBS大田放送総局、KBS済州放送総局の4か所で生中継を披露。

ソウル駅ではLG電子のDTB-T2チューナーが内蔵されている4Kテレビを設置してパブリックビューイングを行った。この際の現地中継はFIFAとソニーが行ったもの。スコアボードなどのグラフィックやリプレイ、スローモーションなどの特殊映像も4K UHDで製作し、オープニング・エンディング映像もアップコンバートした。KBSでは、ハイライトなどを編集した4Kコンテンツを現在、ソウルと首都圏地域に放送している。

地上波4K実験放送信号は、地上波DTVを直接受信している世帯でサムスンおよびLG電子の4Kテレビを持っていれば、ソウル、京畿などの首都圏で屋内・屋外アンテナを活用して4K実験放送の視聴が可能だという。両テレビメーカーではワールドカップ開催前に、この実験放送が受信できるよう、ファームウェアのバージョンアップや特別なドングルの提供などを実施している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-07-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

トップ > ニュース > 韓国地上波2局、ワールドカップ生中継を4Kで実施。首都圏の一般家庭でも視聴体験