PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 韓国地上波2局、ワールドカップ生中継を4Kで実施。首都圏の一般家庭でも視聴体験

News

韓国地上波2局、ワールドカップ生中継を4Kで実施。首都圏の一般家庭でも視聴体験

2014-07-08 掲載

ブラジルのワールドカップ中継権を持つ韓国のSBSは、韓KBSと一緒にブラジルワールドカップ3試合の中継をUHD(4K)で放送実験を行っている。

KBSとSBSは、AsiaSat 5衛星経由で4K放送を汝矣島、木洞にある放送センターで直接受信し、これを韓国政府が実験放送を許可した周波数帯域(700MHz帯)で地上波4K実験放送信号に変調して放送する(DVB-T2方式、HEVC/60p)。

中継される試合は、決勝トーナメント1回戦(試合日:6月28日)、準々決勝(7月4日)、決勝戦(7月13日)の3試合。

KBSでは先月29日の早朝に、コロンビア対ウルグアイの16強戦をソウル駅とKBS本社、KBS大田放送総局、KBS済州放送総局の4か所で生中継を披露。

ソウル駅ではLG電子のDTB-T2チューナーが内蔵されている4Kテレビを設置してパブリックビューイングを行った。この際の現地中継はFIFAとソニーが行ったもの。スコアボードなどのグラフィックやリプレイ、スローモーションなどの特殊映像も4K UHDで製作し、オープニング・エンディング映像もアップコンバートした。KBSでは、ハイライトなどを編集した4Kコンテンツを現在、ソウルと首都圏地域に放送している。

地上波4K実験放送信号は、地上波DTVを直接受信している世帯でサムスンおよびLG電子の4Kテレビを持っていれば、ソウル、京畿などの首都圏で屋内・屋外アンテナを活用して4K実験放送の視聴が可能だという。両テレビメーカーではワールドカップ開催前に、この実験放送が受信できるよう、ファームウェアのバージョンアップや特別なドングルの提供などを実施している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-07-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160524_BMD1_top_w

Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合

© 2016WOWOW /オフィス・シロウズ © 2010安東能明/新潮社 企画協力 新潮社 Blackmagic Designの発表によると、WOWOW... 続きを読む

160520_front_top

SKNET、 4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を発売

エスケイネット株式会社は、4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を2016年5月下旬に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップでの販売価格は税込79,800円... 続きを読む

160518_bt-sport-set-to-launch-first-4k-ultra-hd-live-sports_top

英BT、4KチャンネルなどリニアとOTTフローを統合したシステムを構築

英大手電気通信事業者BTの光4K TVサービスでは、2015年夏に開局したBT Sport Ultra HDチャンネルにて、UEFAチャンピオンズリーグ、FAカップ、Avivaプレ... 続きを読む

160416_kbs_top

[NAB2016]韓国から4K放送開発のセッション、来年はじまる地上波UHDTV放送について

NABでは“All-Badge Access Sessions”として、NAB展示フロアの入場バッチでも受講できるセッションが数多くある。その1つ、NAB初日18日には、2時から2... 続きを読む

160401_main_top

ケーブルテレビ業界共通4Kチャンネル、4月1日よりIPリニア放送も開始

日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は2016年4月1日より、ケーブルテレビ業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」のIP放送を開始した。開始当日に本方式で放映されたのは、ハート... 続きを読む

トップ > ニュース > 韓国地上波2局、ワールドカップ生中継を4Kで実施。首都圏の一般家庭でも視聴体験