PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 今年のUHD TV世界市場規模は1450万台以上

News

今年のUHD TV世界市場規模は1450万台以上

2014-08-07 掲載

市場調査会社IHSテクノロジーの最新報告によると、UHD TV(=4Kテレビ)の今年の全世界市場規模は昨年から10倍ほどに成長し、出荷台数は1450万台に達する見込みだという。

また、韓国のテレビ市場関連の報道でも2000万台を超える数字を予測している。台湾デジタイムズ・リサーチでは2013年から2017年までのCAGR(複合年間成長率)を160%とし、2015年での4Kテレビのシェアはテレビ市場で10%以上に成長して3000万台になるという。現在、4Kテレビはプラズマディスプレイパネルが使われていないため、LCDテレビ市場のみで測定されている。

市場調査企業のディスプレイリサーチでは、サムスン電子が今年第1四半期の市場シェア22%を記録して世界1位を占めており、中国のハイセンスが16%で2位、中国スカイワースが14%で3位、LG電子は10%で4位だと明らかにした。

4KTVは2012年から本格的に市販展開がおこなわれ、昨年はソニーと中国6大TVメーカーが販売シェアを占めて、サムスン電子とLG電子は昨年初頭までは一桁台のシェアに留まっていた。しかし今年に入って韓国2大テレビメーカーは、カーブドTVと80インチ以上の大型画面に加えて普及型をリリースし、フルラインナップを備えて展開している。

140807_UHD_TV_shipments_2014_by_HIS.jpg

IHSテクノロジーの報告では、5月の出荷台数で韓国2大テレビメーカーが総合の45%を占めている。対して中国6メーカー(虹電気(changhong)、ハイアール(Haier)、ハイセンス、コンカ(Konka)、スカイワース、TCL)の総合は45%である。中国テレビブランドは国内では人気だが、世界全体からはまだ認知度が低い。テレビ市場で世界最大規模を持つ中国ではあるが、国内全体においての4Kテレビのシェアは10%以下だ。4Kテレビを浸透させたいテレビメーカー達は秋のバーゲンシーズンを狙って販促をかけるとみられる。


(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160907_kpopuhd_sbs_top

韓国政府、UHDコンテンツなどの番組制作に22億ウォンを追加支援

韓国政府の未来創造科学部(省)は2016年基金運用計画の変更により、放送番組制作支援予算22億ウォン(約2億440万円)を追加で確保し、下半期の事業公募を実施すると明らかにした。 ... 続きを読む

150313_mainVisual1_top

韓国ケーブル業界、HDR対応の次世代UHD放送技術「Next 4K」を初公開。ケーブルTV発足20周年記念祭を開催、4月からUHD放送が24時間体制に

韓国ケーブルTV放送協会は、ケーブルTV発足20周年を祝った「행복나눔 방송축제(幸せ分かち合い放送祭り)」を3月12日に東大門デザインプラザで開幕し、さまざまな新技術が適用された... 続きを読む

Avid、ホワイトペーパー「Avid高解像度ワークフロー」を公開

Avidは、4Kの現状や様々な問題、現在のポスト/放送ワークフローに高解像度ファイルベースメディアを組み込むことの利点、同社製品による効率的なワークフロー提案などをまとめたホワイト... 続きを読む

韓国IPTVのOlleh TV、4K対応セット・トップ・ボックスを開発

韓国テレコムKT傘下のIPTV事業者であるOlleh TVは、UHD(4K)映像が視聴できるテレビ用セット・トップ・ボックス(STB)を開発した。国内の有料放送業界では初。 Oll... 続きを読む

ウィーン国立オペラ座、世界初の4K/HEVCライブストリーミング放送とパブリックビューイング

世界屈指の歌劇場であるウィーン国立歌劇場(ウィーン国立オペラ座)が世界初となる4K/HEVCライブストリーミング放送を実施する。 2014年5月7日19時(日本時間で... 続きを読む

トップ > ニュース > 今年のUHD TV世界市場規模は1450万台以上