PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米ケーブルラボ、4Kコンテンツ・シェアサイトを開設。開発および検証で自由に利用可能

News

米ケーブルラボ、4Kコンテンツ・シェアサイトを開設。開発および検証で自由に利用可能

2014-08-18 掲載

140818_cableLabs_top

米ケーブルラボは、ベンダーや事業者向けに4Kコンテンツサイトを公開した。

映像制作関連者やプラットフォーム開発者たちを支援するマイクロサイトとして、映像クオリティやフォーマットなどを検証してもらうことを目的としている。ケーブルラボの説明によると、このサイトで公開されている4KクリップはすべてCCライセンス(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)下の作品で、非商用を条件にデモンストレーションや検証で利用できる。YouTubeでは既に多くの4Kコンテンツが投稿・公開されているが、今回のような利用フリーのモデルは初めて。

現在公開されている7作品はすべてRED EPICカメラで撮影したもので、最長尺は「Second That Count」の5分22秒。

またこのサイトでは、同時にコンテンツ募集も行っている。提供側は低ビットレートのHDファイルおよび4Kバージョンを用意する。フォーマットはHEVCもしくはAVC、ProResで受け付けるそうだ。ケーブルラボ側は受け取ったファイルデータのトランスコード処理を行ってサイトに公開する。また、これら提供されたコンテンツは、フォーラムやイベント、展示会で利用される可能性があることをサイトで明記している。

FAQには、この次世代のコンテンツを吟味するためのサイトを通して映像コンテンツを共有することで、世界中のケーブル事業者とつながる機会を得ることができるとアピールしている。

4Kコンテンツといえば、Netflixでは既に4Kフォーマットの独自番組コンテンツをサービスに乗せており、またNanoTechでも傘下の4Kスタジオで4Kにリマスターした50本以上のコンテンツをUltraFlix UHDサービスのライブラリに追加したところだ。NanoTechでは近々70ミリフィルムの映画作品やIMAXフォーマットの作品など10本以上をリマスターする予定だという。これらは4Kスタジオで最初に8Kフォーマットに変換され、そのあとに4K解像度で15-20Mbpsストリームできるようダウンコンバートされるとのこと。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

161021_top_3

総務省発表、4K/8K実用放送業務の認定申請の受付結果。キー局BS、衛星事業者10社が申請

総務省は10月19日、BS・東経110°CSによる4K/8K実用放送の業務の認定申請の受付結果を発表した。 今回、10者(社)から認定申請があり、東経110°CSによる4K試... 続きを読む

161020_vyu_top

Vyu360 4K 360°アクションカメラ、速攻資金調達達成。クリスマスシーズン前に299ドルで発売へ

米Vyu360がキックスターターで資金調達を開始したのは10月17日。それから24時間経たない内に目標額を達成し、商品化する全方位4Kアクションカメラ「Vyu360 4K VR 3... 続きを読む

161014_photo_10_top2

HDRテレビの出荷台数、2016年に430万台へ成長

SDR/HDRのグローバル4Kテレビ出荷。出典:IHSマークイット 米大手調査会社IHS Markit(IHSマークイット)が発表した報告書によると、2016年のHDRテレビ... 続きを読む

160929_nhk_top

NHK、4K/8Kスーパーハイビジョンケーブルテレビ用小型受信装置を開発

小型受信装置の外観 NHKは、KDDI株式会社、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)、日本デジタル配信株式会社と共同で、4K/8K放送をケーブルテレビ経由で見るための小型... 続きを読む

160923_metele1_top

メ~テレ、「メ~テレ秋まつり2016」会場でハイブリッドキャストによる4Kライブ配信デモを実施。機動性高い4Kライブ制作システムを採用

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は9月24日と25日、名古屋市中区の久屋大通公園一帯で開催する「メ~テレ秋まつり2016」において、4Kライブ制作およびハイブリッドキャストを使用した4... 続きを読む

トップ > ニュース > 米ケーブルラボ、4Kコンテンツ・シェアサイトを開設。開発および検証で自由に利用可能