PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 韓国SKとKT、子会社を交えて4K商用化競争

News

韓国SKとKT、子会社を交えて4K商用化競争

2014-08-25 掲載

韓国SKの子会社SKブロードバンドと、KTの子会社Skylife(スカイライフ)が、4K対応STBで市場の先取り効果を図る戦略を立てている。

SKブロードバンドは来月中旬に4K対応テレビSTBを発売し、4K IPTVサービス「B tv UHD」を開始する。専用STBではPIP機能と音声検索サービスを実装した点が大きな特徴だという。PIP機能は、VOD放送視聴中に画面の右下にリアルタイム放送を小さなウィンドウに同時表示できるようにしたもの。

一方、KTのスカイライフは年末商戦をかけて4K対応STBを発売する予定。現在は年末に合わせて検証を進めているというが、業界の関係者達は、発売時期は業界対抗馬の動向やビジネス戦略に応じて時期を変えることは可能と予測し、スカイライフが一定の調整をかけてくる可能性が高いとみている。

韓国内の消費者は指定された専用TVと番組というセット限定された環境で4K視聴をしているが、これから各関連メーカーが4K STBを発売してくることで、更に4K放送チャンネルが拡大してくると予測している。加えてサムスン電子とLG電子の4K TVの販売も一層弾みがつくものと期待される。

実はSKブロードバンドとスカイライフの両社共、経営実績は減少気味だ。SKブロードバンドは、過去2四半期の売上高が6559億ウォンを記録し、前年同期比7.1%上昇したが、営業利益は118億ウォンにとどまり、21%縮小している。スカイライフも同じ期間の売上高が1548億ウォンで5%増加を記録したが、営業利益は5.8%減少した。

4K市場の活性化により、SKブロードバンドとスカイライフの親会社からの支援は大幅に行われるものと見られており、SKテレコムはSKブロードバンドとのコラボレーションにより、統合商品開発と4K拡散に対応する方針、KTではメディア事業を新成長動力源として期待して、グループとのシナジー効果を狙っている。

4K市場の活性化といえば、放送通信委員会では、UHDの生態系造成のための未来創造科学部と協力して、地上波放送を含むUHD放送活性化政策案を用意して、視聴者福利などの次元で多チャンネル放送(MMS)の来年実施を検討する方針である。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

トップ > ニュース > 韓国SKとKT、子会社を交えて4K商用化競争