PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、HDビデオカメラiVIS miniの後継機「iVIS mini X」を発売

News

キヤノン、HDビデオカメラiVIS miniの後継機「iVIS mini X」を発売

2014-10-02 掲載

キヤノンは、小型HDビデオカメラ「iVIS mini X」を、2014年10月16日より発売する。希望小売価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は税抜38,800円。2013年9月に発売されたiVIS miniの後継機種。

約1,280万画素の高感度CMOSセンサーと、映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」の連携による「HS SYSTEM」を採用し、高解像感・低ノイズでの映像記録が可能。記録フォーマットはMP4形式の他、新たにAVCHD(60i)に対応した。

また、新たに搭載した大口径ステレオマイクロホンにより、低音から高音までノイズの少ない音声記録が行える。AVCHD 24Mbps時には非圧縮のリニアPCM記録(48kHz/16bit/2ch)に対応。撮影シーンに合わせてマイクの周波数特性や指向性を設定できる「オーディオシーンセレクト」機能と合わせ、高音質が求められる様々な撮影シーンで効果を発揮するとしている。

141002_iVIS_mini_X_shooting_style_example

動画撮影時には最大で対角約160度(35mm換算:16.8mm)静止画撮影時には最大で対角約170度(35mm換算:15.4mm)の広角レンズを搭載したほか、バリアングル液晶モニターにより多様なアングルで撮影が可能だ。また、本製品では新たに電子式手ブレ補正にも(アップ撮影時のみ)対応している。

141002_iVIS_mini_X_built-in_stand

iVIS mini Xは別売りのカメラパンテーブル「CT-V1」に対応。スマートフォンでインターネット経由により接続し、カメラを左右方向に約200度の範囲でパンニング操作することが可能。コンパクトパワーアダプター「CA-110」(同梱)を接続することでカメラへの給電も可能だ。なおiVIS mini Xでは新型バッテリーを採用しており、従来モデル比約2.5倍にあたる約2時間40分の連続撮影が可能だ。


[ Category : ]
[ DATE : 2014-10-02 ]
[ TAG : ]

関連する記事

CANON iMAGE GATEWAY、「47都道府県の魅力新発見フォトコンテスト2017」を開催

CANON iMAGE GATEWAYは、2017年6月7日~9月1日までの期間中「日本を知ろう、伝えよう!47都道府県の魅力新発見フォトコンテスト2017」の作品を募集している。... 続きを読む

キヤノン、業務用ディスプレイ3機種の機能向上ファームウェアを公開

24型4Kディスプレイ「DP-V2410」 キヤノンは、同社の業務用4Kディスプレイ3製品(DP-V1710/DP-V2410/DP-V2420)に各種機能を追加する無償ファ... 続きを読む

キヤノン、新ビデオフォーマットCinema RAW Lightを搭載したデジタルシネマカメラ「C200」を発表。MP4の4K記録に対応

EOS C200(左)、EOS C200B(右) キヤノンは、同社のデジタルシネマカメラCINEMA EOS SYSTEMシリーズの新製品として「EOS C200」と、ユーザ... 続きを読む

キヤノン、LEDライト内蔵マクロレンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」の発売日が決定

キヤノンは、交換レンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」の発売日が2017年6月29日に決まったことを発表した。希望小売価格は税抜55,000円。以前発売日を20... 続きを読む

キヤノン、「EOS 5D Mark IV」Canon Log対応の有償アップグレードを発表

キヤノンは、同社のデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」がCanon Log対応となる有償アップグレードサービスを2017年6月下旬より開始することを発表した。サー... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、HDビデオカメラiVIS miniの後継機「iVIS mini X」を発売