PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 4K AXIOM Super 35mmデジタルシネマカメラ。オープンハードウェア&ソフトウェアでスケーラブルに仕様拡張

News

4K AXIOM Super 35mmデジタルシネマカメラ。オープンハードウェア&ソフトウェアでスケーラブルに仕様拡張

2014-10-24 掲載

141024_AXIOM

1か月前、類のない4Kオープンソースシネマカメラとしてクラウドファンディングサイトに登場したAxiomベータ。オープンソースカメラとして、スケーラブルに開発していけるのが大きな特徴だ。ボランティアで世界中から集まったフィルムプロ制作集団ApertusでAxiomベータのコンセプトを始めたのは数年前になるという。

Axiomベータは、将来のユーザーから搭載すべき仕様を聞きながら開発していく。調達できる資金規模によって、リモートコントロール、アクティブCanon EFマウント、バッテリーマウントから4K RAWレコーディング機能といった拡張を開発する予定だったが、すでに資金は予定の倍以上(現在2750万円)を達成したため、これら全てを製品化していく予定だ(ファンディング公開は23日で締め切っている)。

141024_-BETA_Zeiss_Battery2

搭載するセンサーは、4/3”のTrusense KAC-12040か大判スーパー35mmのCmosis CMV12000イメージセンサーから選べる。クラウドファンディングサイトで購入予約すれば、4/3”センサーでは2900ドル、スーパー35mmは3500ドル程度で完成製品が届けられる。また4/3”とスーパー35mmのセンサーを搭載したモノクロバージョンと、Cmosis CMV2000センサー(2/3”16mmセンサー)を搭載したフルHDカメラも開発することになった。

以下は各センサー自身の仕様。Axiomベータは、このセンサーの能力を最大限に引き出そうとしている。

141024_censorspec

Trusenseは12Fストップ(ローリングシャッター)で、9.3Fストップ(グローバルシャッター)。CMV12000センサー搭載モデルでのダイナミックレンジは10ストップだが、センサー自身の能力は15ストップまで拡張できる能力を持っているため、12ストップまでは拡張したいとしている。また3モードのHDRを有する。

141024_dr-illustration-v03

各センサーの感度、ブラックレベルやSN比とダイナミックレンジ、HDRなどのスペックは、Magic Lantern(マジック・ランタン)のコミュニティサイトに掲載されている。マジック・ランタンはCanon EOSカメラなどのアドオン機能を開発しているコーデック開発会社。今回のカメラでも開発支援をしている。

現在、搭載される主な仕様と機能は以下の通り。

  • リアルタイム映像処理(FPGA)、デュアルコアARM CPU
  • Linux OS(ArchLinux/Raspbian)
  • 4K RAW静止画
  • ルック:4チャンネルLUT、各出力のログモードとして対応(カスタマイズ可能)
  • リアルタイム処理:マトリックスカラーコンバージョン、固定パターン、ノイズ修正、ピクセル補正、オーバーレイ、誤色表示、ルックアラウンド(フレームに入れる前にVFでオブジェクトをチェックできる機能)
  • 3×HDMI系統から非圧縮フルHD(1080p60)4:4:4出力(4Kからダウンスケール)
  • ハイスピード転送レート(3×1080p60=180fps)
  • メカニカルシャッターを使わないタイムラプスとストップモーション撮影
  • リムーバブルな可視光線カットフィルター
  • キヤノン、ニコン、MFTレンズマウント(パッシブ)対応
  • 2モードのグローバルシャッター選択
  • モバイルデバイスからのカメラ機能制御
141024_size サイズは6.9mm(H)×10.8mm(W)×3.7mm(D) 141024_remotecontrol 商品化予定のリモートコントロールパネル

オープンソースを活かし、今後のスケーラブルなアップグレードで大判フルフレームか16mmハイスピード、またはダイナミックレンジのほうが優先なのか、そのあたりのフィードバックが反映されて進化していく。追加のインターフェイスもそうだ。3G-SDI、TC、ゲンロック、トリガー対応はすべてロードマップにのっている。高速SSDや高速転送に対応するためのPCIeインターフェイスやビルトインLCDなども検討しているという。キヤノン、ニコン、MFTレンズマウント以外のパッシブレンズマウントにも対応していく。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/10/141024_apertus-axiom-modules-cropped.jpg 完成製品の出荷予定は来年4月
※画像をクリックすると拡大します


ベータカメラで撮ったサンプルフッテージ(カラーグレード済み)

オリジナルデータもダウンロードして自分の環境で検証できる

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-10-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

120709_nhk2

NHK、リオ五輪にて4Kライブストリーミング&VODを実験実施

NHKは、8月5日から始まるリオデジャネイロ夏季オリンピックにて、「リオオリンピックの実験的な4Kネット配信」を実施する。スーパーハイビジョン試験放送する競技中継の一部を4Kに変換... 続きを読む

160707_main_top

ケーブル4K、ケーブル初の4K中継放送を8月に実施

ケーブルチャンネルの「ケーブル4K」は、8月11日と15日に初の4K中継放送を実施する。ケーブル4Kは、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主体となって、全国のケーブル局が制作した... 続きを読む

160706_too_PrVR--View_top

Too、九州放送機器展にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート」セミナーを開催

株式会社Tooは、来る7月22日(金)に福岡国際センターで開催される「九州放送機器展2016」にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート-4K/8KからVRまで」セ... 続きを読む

160617_nhk_top

NHKエンジニアリングシステム、4K/8K衛星放送運用規定セミナー開催

NHKエンジニアリングシステム(NES)は、4K/8K衛星放送の運用規定にフォーカスしたセミナーを7月21日(木)に開催する。NESでは過去にも「4K/8Kの衛星放送方式の規格」や... 続きを読む

160615_xjive-4k-proplus_top

伊藤忠ケーブルシステム、ProRes 422 HQ、DNxHR HQXデコード対応のXJiveシリーズ新モデル「4K UHD XJive Player PRO+」を発売

伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、同社が取り扱うターボシステムズ株式会社の「4K UHD XJive」シリーズの新モデルとして「4K UHD XJive Player PRO+」を... 続きを読む

トップ > ニュース > 4K AXIOM Super 35mmデジタルシネマカメラ。オープンハードウェア&ソフトウェアでスケーラブルに仕様拡張