PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > M-Go、米国初4Kオンデマンドサービスの開始へ

News

M-Go、米国初4Kオンデマンドサービスの開始へ

2014-11-13 掲載

日本国内でNTTぷららが4K VODサービス「ひかりTV 4K」を先月末から業界先駆けて始めているが、米国ではNetflixやアマゾンはさておき、どちらのサービスプロバイダーも、インフラを整え、コンテンツを揃えてと、足踏みを揃えているようだ。

そのような状況の中、オンラインビデオプロバイダーのM-Goが先陣を切ってサービス開始の発表を行った。M-Goが今年1月のCESにてテクニカラーと共に公にしていた内容だ。サブスクリプションモデルとしては米国で初めてとなる。M-Goはテクニカラーとドリームワークス・アニメーションの共同出資で設立した、オンラインビデオサービスプロバイダーだ。

公式ブログからの説明によると、サービスは年内に開始する予定で、年内には映画やテレビ番組を100本ほど揃えるという。1本あたりのレンタル費は現在のHDタイトルよりも1~2ドル程度プラスされ(HDタイトルは4~6ドル)、購入となると現在のHDタイトルの平均価格15~20ドルに3~5ドルが加算される予定。この4Kサービスは開始当初、サムスンの4K UHD TVからでしか視聴できない。アプリとストリーミングのデコーダーの関係だろう。

今回のM-Goの発表は、衛星放送事業者のDirecTVが第3四半期業績の発表の際に4Kサービス計画のアウトラインを報告した直後となった。DirecTVもまた、専用DVR(Genie)にサムスンTVを受信機側として利用することで進めている。

余談だが、M-GoとサムスンはVR技術でもいっしょに取り組んでおり、先日のIFAではサムスンのバーチャルメガネ「Gear VR」に対応したM-Goサービスのブラウズアプリ「M-Go Advanced」を公開していた。

サムスンのGear VRは12月に250ドル程度で発売される予定。VR技術にはFacebookが今年初めに破格の値段(約2100億円)で買収したOculus社の技術が用いられている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-11-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

トップ > ニュース > M-Go、米国初4Kオンデマンドサービスの開始へ