PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > M-Go、米国初4Kオンデマンドサービスの開始へ

News

M-Go、米国初4Kオンデマンドサービスの開始へ

2014-11-13 掲載

141113_MGO4K_top

日本国内でNTTぷららが4K VODサービス「ひかりTV 4K」を先月末から業界先駆けて始めているが、米国ではNetflixやアマゾンはさておき、どちらのサービスプロバイダーも、インフラを整え、コンテンツを揃えてと、足踏みを揃えているようだ。

そのような状況の中、オンラインビデオプロバイダーのM-Goが先陣を切ってサービス開始の発表を行った。M-Goが今年1月のCESにてテクニカラーと共に公にしていた内容だ。サブスクリプションモデルとしては米国で初めてとなる。M-Goはテクニカラーとドリームワークス・アニメーションの共同出資で設立した、オンラインビデオサービスプロバイダーだ。

公式ブログからの説明によると、サービスは年内に開始する予定で、年内には映画やテレビ番組を100本ほど揃えるという。1本あたりのレンタル費は現在のHDタイトルよりも1~2ドル程度プラスされ(HDタイトルは4~6ドル)、購入となると現在のHDタイトルの平均価格15~20ドルに3~5ドルが加算される予定。この4Kサービスは開始当初、サムスンの4K UHD TVからでしか視聴できない。アプリとストリーミングのデコーダーの関係だろう。

今回のM-Goの発表は、衛星放送事業者のDirecTVが第3四半期業績の発表の際に4Kサービス計画のアウトラインを報告した直後となった。DirecTVもまた、専用DVR(Genie)にサムスンTVを受信機側として利用することで進めている。

余談だが、M-GoとサムスンはVR技術でもいっしょに取り組んでおり、先日のIFAではサムスンのバーチャルメガネ「Gear VR」に対応したM-Goサービスのブラウズアプリ「M-Go Advanced」を公開していた。

サムスンのGear VRは12月に250ドル程度で発売される予定。VR技術にはFacebookが今年初めに破格の値段(約2100億円)で買収したOculus社の技術が用いられている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-11-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160524_BMD1_top_w

Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合

© 2016WOWOW /オフィス・シロウズ © 2010安東能明/新潮社 企画協力 新潮社 Blackmagic Designの発表によると、WOWOW... 続きを読む

160520_front_top

SKNET、 4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を発売

エスケイネット株式会社は、4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を2016年5月下旬に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップでの販売価格は税込79,800円... 続きを読む

160518_bt-sport-set-to-launch-first-4k-ultra-hd-live-sports_top

英BT、4KチャンネルなどリニアとOTTフローを統合したシステムを構築

英大手電気通信事業者BTの光4K TVサービスでは、2015年夏に開局したBT Sport Ultra HDチャンネルにて、UEFAチャンピオンズリーグ、FAカップ、Avivaプレ... 続きを読む

160416_kbs_top

[NAB2016]韓国から4K放送開発のセッション、来年はじまる地上波UHDTV放送について

NABでは“All-Badge Access Sessions”として、NAB展示フロアの入場バッチでも受講できるセッションが数多くある。その1つ、NAB初日18日には、2時から2... 続きを読む

160401_main_top

ケーブルテレビ業界共通4Kチャンネル、4月1日よりIPリニア放送も開始

日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は2016年4月1日より、ケーブルテレビ業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」のIP放送を開始した。開始当日に本方式で放映されたのは、ハート... 続きを読む

トップ > ニュース > M-Go、米国初4Kオンデマンドサービスの開始へ