PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > カメラ+レンズをリモートでコントロール。Aputureより待望の製品が発売開始

News

カメラ+レンズをリモートでコントロール。Aputureより待望の製品が発売開始

2015-06-19 掲載

Aputureより、DECワイヤレスリモートアダプターが発売開始となった。DECはフォーカス、絞りなどレンズの調整から録画の制御をワイヤレスで行えるユニットである。

150619_1140725

ユニットは、レンズアダプターとリモートコントローラーがメインとなる。レンズアダプターはキヤノンEF/EF-Sすべてのマウントに対応し、MFT/Eマウントカメラに装着できる。

150619_adaptor 150619_grip

ショルダーリグを使っていると両手はカメラ制御から離れてしまう。その場合、このAputure DECのリモートコントローラーをリグに取り付けておけば、リグを支えている手元でカメラとレンズ制御が行える。

150619_remotearm レンズアダプターとリモートコントローラーの無線距離は100m(2.4GHz帯FSK)ドローンに装着したカメラのレンズフォーカス調整も地上から行える

ユニットにある各制御ボタンは操作しやすく、またレスポンスも良いようだ。撮影シーンによっては絞りを瞬時に変更しなければいけないことは頻繁に起こりうる。リモート側面のホイールを回転することで絞りを即座に変えられるのは便利。フォーカスはユニットの表面にある左右に動くプールを使ってスムーズに行える。

150619_monitor2 アダプターとリモートコントローラーに搭載されたミニOLEDスクリーンでカメラとレンズのステータスが確認できるようになっている

便利な機能の一つに、2つのフォーカスポイントの切り替えが瞬時に行える機能がある。フォーカスポイントを選んでaボタンを押し、また別のフォーカスポイントでbボタンを押すことでフォーカス値を固定でき、フォーカスプールを左右に移動するだけで事前にマークしたフォーカス位置に移動することができる。

リモートコントローラーとアダプターにはバッテリーが内蔵されており、USBケーブル経由でチャージするようになっている。リモートコントローラーは一回の充電で3~4日持つが、アダプターは4時間程度となっている。

150619_489225 DECセット。黒のボックスにユニットが収めてある

実は2014年のNABでプロトタイプがお目見えした当時に話題となった製品。ブラッシュアップに時間をかけて、いきなり発売となった。価格は399ドル前後。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-06-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

KPI、LEDライトなどのAputure新製品3機種を発売

株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は、同社が取り扱うAputureの新製品としてLEDライト「Light Storm COB 120d(V-mount)KIT」... 続きを読む

KPI、AputureのV2リグキットを発売

株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は、同社が取り扱うAputure社の一眼動画などに使用可能なV2リグキットと、単体のVホイールメタルフォローフォーカス、Vリグ... 続きを読む

KPI、Aputureの小型LEDライトとGLIDECAMの3軸ジンバルを発売

Aputure社の小型LEDライト「アマランAL-H198C」 株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は、同社が取り扱うAputure社の小型LEDライト「ア... 続きを読む

KPI、Aputureの7型液晶モニターとLEDリングライトを発売

写真左:LCD7型モニターのVスクリーン「VS-2KIT」、写真右リングライト「Amaran HC-100/HN-100」 株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KP... 続きを読む

KPI、従来機より演色性をCRI95に向上したAputureの「アマランLEDライト AL-H160」を発売

株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は、同社が取り扱うAputure社製LEDライト「アマランLEDライト AL-H160」を2014年5月16日より発売する。メ... 続きを読む

トップ > ニュース > カメラ+レンズをリモートでコントロール。Aputureより待望の製品が発売開始