PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2015]NHK、IBC 2015出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを展示

News

[IBC2015]NHK、IBC 2015出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを展示

2015-09-04 掲載

HDR対応8K液晶ディスプレイの外観

NHKは、2015年9月11日(金)~15日(火)にオランダ・アムステルダムRAIにて開催される放送機器展「IBC 2015」に出展する(ホール8/ブースNo.G03)。

同社ブースで展示予定の85V型8K液晶ディスプレイは、NHKが従来に引き続きシャープと共同で開発しているもの。スクリーンのサイズは約190cm×105cm。解像度は7,680×4,320ドット、フレーム周波数は60Hz(表示120Hz)。階調はRGB各色12bit相当で輝度は1,000cd/m2以上、コントラスト比は10万:1以上。現在のBT.2020色域に対する包含率は77%である。

150904_8kHDRComp 写真左:従来映像、写真右HDRの映像
NHKではHDRを、「テレビが表現できる映像の明暗の幅を拡大する技術」と説明する。昼間のサッカー中継で見えにくくなる日陰・ひなたの明暗差の大きいシーンや、ガラスや金属に反射した光による明るい場面などをより忠実に再現することができる
150904_EBU

NHKは英国放送協会(BBC)と連携し、従来のテレビジョン方式と互換性のあるHDR方式を技術開発している。IBC会場では、EBUのブースにてNHKとBBCがライブHDR映像を、従来のHD SDRディスプレイとHDR対応ディスプレイで再現する技術出展を行う。これには2社が共同で技術設計を行っているHybrid Log Gamma(HLG)システムを用いている。

ライブプロダクション側や従来のHDディスプレイに再現する際に、オリジナルソースからのメタデータを利用しない方法で、端末の条件に合わせて表示させられる。異なる輝度の画面間や異なるメーカーの相互運用性を可能にすることで、将来のHDRを取り込んだ放送環境に適すると注目されているHDR技術の1つである。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-09-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2017]日立国際電気アメリカ、NABにてHD-HDRのメリットをアピール

Hitachi Kokusai Electric America(日立国際電気アメリカ)はNAB2017にて、HDR技術の取り組みをアピールする(セントラルホール/C4309)。 ... 続きを読む

NHK、8Kスーパーハイビジョンを活用した番組を放送

NHKは、8Kスーパーハイビジョンを火山活動の分析に活用した番組「8Kスーパーハイビジョン 超高精細映像で災害に立ち向かう」をスーパーハイビジョン試験放送で放送すると発表した。放送... 続きを読む

NHK、「第71回技研公開」の展示内容やイベントの詳細を発表。人口知能・AIを活用した番組制作技術などを公開

NHKは、2017年5月25日(木)~5月28日(日)に東京・世田谷のNHK放送技術研究所にて開催する「技研公開2017」の展示内容やイベントの詳細を発表した。技研公開は、NHK放... 続きを読む

NHK、大英博物館との国際共同制作を発表

富嶽三十六景「凱風快晴」 NHKは、江戸時代を代表する浮世絵師 葛飾北斎の作品の謎に迫る番組を8Kカメラを使用し、イギリスの大英博物館と共同制作することを発表した。共同制作... 続きを読む

NHK、気象情報の手話CGを自動生成するシステムを開発

気象情報手話CG検証サイト NHKは、気象庁が発表する気象情報をもとに、CGの手話による天気予報の動画を自動的に生成する技術を開発し、これについての評価や意見を募集する評価ペ... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2015]NHK、IBC 2015出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを展示