PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2015]NHK、IBC 2015出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを展示

News

[IBC2015]NHK、IBC 2015出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを展示

2015-09-04 掲載

150904_NHK_top
HDR対応8K液晶ディスプレイの外観

NHKは、2015年9月11日(金)~15日(火)にオランダ・アムステルダムRAIにて開催される放送機器展「IBC 2015」に出展する(ホール8/ブースNo.G03)。

同社ブースで展示予定の85V型8K液晶ディスプレイは、NHKが従来に引き続きシャープと共同で開発しているもの。スクリーンのサイズは約190cm×105cm。解像度は7,680×4,320ドット、フレーム周波数は60Hz(表示120Hz)。階調はRGB各色12bit相当で輝度は1,000cd/m2以上、コントラスト比は10万:1以上。現在のBT.2020色域に対する包含率は77%である。

150904_8kHDRComp 写真左:従来映像、写真右HDRの映像
NHKではHDRを、「テレビが表現できる映像の明暗の幅を拡大する技術」と説明する。昼間のサッカー中継で見えにくくなる日陰・ひなたの明暗差の大きいシーンや、ガラスや金属に反射した光による明るい場面などをより忠実に再現することができる
150904_EBU

NHKは英国放送協会(BBC)と連携し、従来のテレビジョン方式と互換性のあるHDR方式を技術開発している。IBC会場では、EBUのブースにてNHKとBBCがライブHDR映像を、従来のHD SDRディスプレイとHDR対応ディスプレイで再現する技術出展を行う。これには2社が共同で技術設計を行っているHybrid Log Gamma(HLG)システムを用いている。

ライブプロダクション側や従来のHDディスプレイに再現する際に、オリジナルソースからのメタデータを利用しない方法で、端末の条件に合わせて表示させられる。異なる輝度の画面間や異なるメーカーの相互運用性を可能にすることで、将来のHDRを取り込んだ放送環境に適すると注目されているHDR技術の1つである。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-09-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160617_nhk_top

NHKエンジニアリングシステム、4K/8K衛星放送運用規定セミナー開催

NHKエンジニアリングシステム(NES)は、4K/8K衛星放送の運用規定にフォーカスしたセミナーを7月21日(木)に開催する。NESでは過去にも「4K/8Kの衛星放送方式の規格」や... 続きを読む

160608_keisoku_top

計測技研、最新UDRシリーズ、8K非圧縮レコーダーのモックアップ展示。従来の接続IFでHDから8K DualGreenまで対応

株式会社計測技術研究所は、6月7日に関西テレビ本社で開催された「カンテレ テクニカルフェア 2016」にて、8Kデュアルグリーン方式に対応するレコーダー「UDR-XL40」のモック... 続きを読む

160603_nhk2_top

[NHK技研公開] NHKバーチャルスタジオシステムの提案。生放送で利用できるリアルタイムカメラトラッキング

NHK技研公開では、昨年に引き続いて高機能バーチャルスタジオシステムが紹介された。簡易でコンパクトなハイブリッドセンサーカメラ実装のカメラシステムを使って、実写と馴染む自然なCG合... 続きを読む

160531_final_top

[NHK技研公開]多視点ロボットカメラを使った、ライブグラフィックスのスポーツ中継活用案

NHKでは、多視点ロボットカメラを使って追従した被写体と、取得した映像情報を使って生成したCGを合成し、被写体の速度や軌跡として競技映像に表示できるシステムを開発している。ハイライ... 続きを読む

160530_8kSat_CATV_panel_top

衛星8K放送をMMT-TLV方式でケーブルテレビへ再放送。NHK「技研公開2016」で実証展示

既存のケーブルテレビでのスーパーハイビジョン(8K)再放送を行う実験として、ITU-T規格に準拠する複数搬送波伝送方式を用いた8Kケーブル再放送システムを「 NHK技研公開201... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2015]NHK、IBC 2015出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを展示