PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ESPNのパイロンカムが中継デビュー。全米王座決定戦の迫力タッチダウンを捉える

News

ESPNのパイロンカムが中継デビュー。全米王座決定戦の迫力タッチダウンを捉える

2016-01-13 掲載

160113_pylon_top

ESPNの技術開発チームが月日を重ねてテストしてきたPylon Cam(パイロンカム)が、2015米大学フットボール選手権プレーオフにて正式にフィールドデビューした。エンドゾーンで今までにないアングルで捉える迫力あるシーンには、視聴者から熱狂的な称賛を受けている。

160113_pylon1667

最初のフィールドテストは2015年9月に行われている。12月14日に放映されたMonday Night Footballでは、ハイライトにてパイロンカムで捉えられた迫力あるタッチダウンのシーンは視聴者に大きな衝撃を与えた。

160113_Beckon-Pylon-Cam-CROPPED ドルフィンに対抗した、ニューヨーク・ジャイアンツOdell Beckham Jr.のアクロバティックなキャッチ&タッチダウンを見せつけた。このパイロンカムが捉えたシーンは判定用リプレイとしても有効だろう

カスタムメイドのパイロンの中に無線機と4台のマルチカメラハウジングを組み込んでいる。4システムのパイロンカムは、各サイドゾーン4定点に設置された。本カメラ機能について、テスト当時は1080iであったが、現在は機能を向上させたバージョン2.0モデルで、1080/60pで撮れるためプロダクション側でイメージズームも無理なく行えるという。

パイロンの上部に仕込んである2台のカメラは、1台はサイドラインへ、もう1台はゴールラインに顔を向けてある。加えてゴールライン側に顔を向けているカメラレンズを2.3mmレンズから12mmレンズに交換して、ゴールラインから遠いアングルまでを狙えるように組み込んでいる。ゴールラインにあるパイロンカメラのFOVは、12ヤードラインからエンドゾーン内3ヤードあたりまで。

160113_Pylon-Cam_workflow ESPNの技術開発と制作チームが考案したワークフロー。パイロンから無線でイーサネットボックスへ、そしてファイバケーブルでライブプロダクションのある中継車へフィードされる
ESPNの制作担当ディレクターMarc Rowley氏とソフトウェアエンジニアのChris Pond氏がパイロンカムについて解説 160113_alabama 95ヤードのキックオフリターンタッチダウンを決めたアラバマ大のRB Kenyan Drake氏

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-01-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160610_2015NBA-Finals_top

ソニー、新4Kハイスピードカメラ「HDC-4800」、NBAファイナルズで正式中継デビュー

「HDC-4300」昨年時のNBAファイナルズにて NBA(全米バスケットボール協会)プレーオフの最後を飾る、チャンピオンシップトーナメントNBAファイナルズが6月2日から始... 続きを読む

W杯の視聴者サービス。ESPNとグーグルのタイアップで観たいシーンから瞬時に中継に

FIFAワールドカップ(W杯)では4K中継放送のほかにも様々な工夫を凝らす放送が試されている。W杯の全試合をABC、ESPN、ESPN2で中継放送するほか、マルチデバイスへのライブ... 続きを読む

ESPNチャンネルがマルチタスクのインターフェイスでXbox Oneに登場

発売初日の24時間で世界13か国合計売上100万台を突破したというXbox OneでもESPNが観られるようになった。 Xbos OneにはWatchESPNアプリが搭載されている... 続きを読む

ESPN、ESPN 3Dケーブルネットワークを年内に閉鎖へ。4Kスポーツ放送番組に投資意欲

ウォルトディズニーの傘下であるスポーツ専門チャンネルのESPNは、3年前に開始した3D専門番組チャンネルESPN 3Dを年内に閉鎖することを決定した。 ESPN 3Dでは、年間に約... 続きを読む

ESPN 3D、MLS中継放送にて2D-3D変換技術を検証

ESPN 3Dでは、今後増やす中継番組による、現場の3D中継車不足を懸念して、2Dから3Dへ変換するワークフローをMLS(メジャーリーグサッカー)の今シーズンで実施している。ESP... 続きを読む

トップ > ニュース > ESPNのパイロンカムが中継デビュー。全米王座決定戦の迫力タッチダウンを捉える