PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]ブラックマジックデザインブース:Blackmagic Video Assist 4Kなどアップデート製品を中心とした展示

News

[InterBEE2016]ブラックマジックデザインブース:Blackmagic Video Assist 4Kなどアップデート製品を中心とした展示

2016-11-21 掲載

ブラックマジックデザイン 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

9月にFairlight社とUltimatte社を買収したことから、これら2社と同社の製品によるシステムを期待したが今回は間に合わなかったようで、例年を踏襲するブース展開となっていた。

新製品は主に既発売の製品アップデートが中心となっており、新機能が追加されたBlackmagic Video Assist 4Kや、40Gb/s Thunderbolt 3/PCIeソリューションのUltraStudio 4K Extreme 3などのほか、新しいユーザーインターフェースを搭載したBlackmagic URSA Mini、カラーコレクターとノンリニア編集システムが融合したDaVinci Resolve 12.5、HDMIプロセスを搭載したTeranex AVなどが出展された。また、恒例のデモンストレーションコーナーではDaVinci ResolveとFusion Studioのデモが行われていた。

inb2016_bmd_8287

DaVinci Resolve 12.5.3アップデートにより、新バージョンのFinal Cut Pro XのプロジェクトをDaVinci Resolveにシームレスに移動して、カラーコレクションやフィニッシングに取り組むことが可能になったほか、ディップ・トゥ・カラーのディゾルブやフリップ/フロップなどの変形エフェクトが含まれるAAFプロジェクトのサポートが大幅に改善され、Media Composerとの相互運用性も強化。ACESバージョン1.0.2のサポートが追加され、ACESカラースペースにも対応した。なお、Fusion 8.2とFusion 8.2 StudioはMacとWindowsに加えて、Linuxでも利用可能となった。

inb2016_bmd_8309 新機能が追加されたBlackmagic Video Assist 4K

Blackmagic Video AssistメジャーアップデートVideo Assist2.3により、最大で6つの3D LUTがロード可能になったほか、DNxHDおよびDNxHRファイルをMXFフォーマットで収録可能。DNxHD 220、145、45ビットレート、DNxHR HQ、SQ、LBフォーマットから選択可能。また、特定輝度のカラーレンジをソリッドカラーのオーバーレイで表示することで、イメージ内の様々な領域で露出を適切に設定可能なフォルスカラー露出ツールの搭載やフォーカスアシストの表示を赤、緑、青、黒、白、または従来のフォーカスピーキング表示から選択可能となっている。なお、スクリーンの方向もマニュアルコントロールに対応し、スクリーンの自動回転を無効にすることが可能。

inb2016_bmd_8296 UltraStudio 4K Extreme 3は40Gb/s Thunderbolt 3/PCIe対応のほか12G-SDI、HDMI2.0、アナログインターフェースを搭載しており、4:4:4、2160p60までのUHDおよび4K、H.265ハードウェアエンコードに対応。DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Avid Media Composer、Adobe Creative Suiteなどで使用可能 inb2016_bmd_8306 Teranex AVは、2160p60までのあらゆるフォーマットのアップ/ダウン/クロス/スタンダードコンバージョンをフル10-bit品質で実現。HDMIおよび12G-SDI接続に加えクアッドリンク3G-SDI入力にも対応している。また、UHDを4つのHDスクリーンに分割できるため、ビデオウォールプロセッサーとしても利用可能 inb2016_bmd_8288 ATEMスイッチャー6.9アップデートにより、マルチビュー出力に新しい機能を追加。VUメーターは、あらゆる組み合わせの入力において各ウィンドウに選択的に表示可能で、VUメーターの透明度は調整可能。また、プログラムウィンドウとプレビューウィンドウの交換が行え、マルチビュー出力のセーフエリアグリッドも非表示にすることが可能

[ Category : , , ]
[ DATE : 2016-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

[InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2016の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2016に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2016]Avidブース:AdobeユーザーがAvidの制作環境へアクセス可能なシステムや、4K/HDR対応ソリューションを展示。ユーザーによるデモや講演も開催

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2016]コペックジャパンブース:スペイン生まれのモバイルリグShoulderpod初参戦

InterBEEは、国内最大の放送機器展ではあるが、時代の変化に即した様々な新規企業の出展も見受けられる。中でもiPhoneカメラの進化は凄まじく、iPhoneで映像制作を行うユー... 続きを読む

[InterBEE2016]NIXUSブース(動画)

InterBEE2016のNIXUS(北海道日興通信)ブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]ブラックマジックデザインブース:Blackmagic Video Assist 4Kなどアップデート製品を中心とした展示