PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

News

[InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

2016-12-02 掲載

ATOMOSブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

ATOMOSは、先月出荷開始となった4K60p収録対応のSHOGUN INFERNOを中心に、ソニーやパナソニック、キヤノン、JVCケンウッド、ARRI、RED、ニコン、池上、富士フイルム、Leicaと様々なカメラメーカーのビデオカメラやデジタル一眼カメラと組み合わせて展示を行った。

その他にも、ATOMOSレコーダーで収録したメモリーパックを直接装填できるG-Technology社のストレージシステムによるワークフローや、著名クリエイターによる映像制作事例を取り上げたプレゼンテーションにより、収録からポストまでのノウハウや作業方法などを披露した。なお、恒例となっているプレゼント抽選では、会期中毎日BLADEシリーズ/FLAMEシリーズ/SHOGUN INFERNOが1台ずつ当たるイベントも開催された。

ATOMOS社長の戒能正純氏にSHOGUN INFERNOが対応している4K60pやHDRについてお話をお伺いした。

inb2016_atomos_08873 ATOMOS株式会社 社長 戒能正純氏

戒能氏:4K60pについては、ソニーのFS7やパナソニックのDVX200、UX180など、カメラ自身で収録できる物も増えつつありますが、SHOGUN INFERNOがあれば、ソニーのFS700やFS5※1でもFS RAW出力経由で4K60p収録ができるようになります。また、このInterBEEで参考出品されたJVCケンウッドのGY-LS300CHの4K60p HDMI出力対応ファームウェアアップデート※2や、来年発売が予定されているパナソニックGH5など、どんどん身近になってきていると感じています。

※1:NEX-FS700Jは、有償アップデートでRAW出力に対応、NEX-FS700RはFS RAW出力に標準で対応。PXW-FS5は、有償アップデートでRAW出力に対応 ※2:GY-LS300CHの4K60p対応アップデートは、提供時期など詳細未定
inb2016_atomos_0884 発売されたばかりのソニーPXW-FS7M2とSHOGUN INFERNOによる4K60p収録 inb2016_atomos_08880 JVCケンウッドGY-LS300CHが4K60p出力に対応(参考出品)。SHOGUN INFERNOとの組み合わせで収録に対応

戒能氏:もうひとつのトレンドというかキーワードになっているHDRですが、収録からポストプロダクションまでのワークフローをどう行なうか、正しく認識されていない方が多いのではないでしょうか。もちろん、用語の難しさもありますし、ワークフローもまだ確立されていない事もあるでしょう。収録時にオンセットでHDRでモニタリングするべきかどうか意見が別れているとも聞きます。今後HDRの視聴環境だけでなく、制作側にとってもポピュラーになるためには、PQ(ST2084)、HLG(ARIB STD-B67)の違いや、Logガンマからのグレーディング作業をどうするのか、この辺りの情報が行き渡ると普及への道筋が見えてくるのではないでしょうか。

HDR収録にATOMOS製品がどう役に立つのか紹介させて下さい。2016年の春から発売を開始したSHOGUN FLAMEより、ATOMOSはHDRモニタリング機能を「AtomHDR」と名付けて打ち出して来ましたが、これはLogガンマ収録時の階調&ダイナミックレンジモニタリング機能と言えるものです。確かにLUTも適用できますし、1500nitのHDRライブモニターになるのですが、現状では、HDR映像で撮って出し向けではありません。PQガンマへのリアルタイム変換機能はありますが、PQガンマの性格上、必ずポストプロダクションで仕上げるものですので、あくまでも収録時のカメラの露出確認用とお考え下さい。

しかし、HLGへ対応すると話も変わってくるでしょう。例えば、今回のInterBEEで池上通信機さんが、HLG対応のスタジオカメラを展示されましたが、このCCUは12G-SDI出力を持っていて、今でもSHOGUN INFERNOと繋がるんです。SHOGUN INFERNOがHLGに対応すれば、サブモニターとしてモニタリングやHLGライブバックアップなんて事もできるようになります。SHOGUN INFENOは、今後HLG対応も予定していますので、HDR収録で使える機会がもっと広がると期待してます。

HDRが言われる前から、Logガンマ撮影はポピュラーになっていましたが、カメラで収録したLogガンマ映像をHLGやPQ、従来のRec709にするのにどういった作業が必要になるのか。かなり個人のノウハウに頼る部分が大きいと思います。さらにHDRになると、カメラによってダイナミックレンジやLogガンマ収録時のノイズレベルも違いますし、ポストプロダクション向けの本格的なHDRモニターはかなり高額なため、実際に触れて作業できるのは限られた人のみです。

SHOGUN FLAMEやINFERNOが、こういった現状を変えていく助けになればと願っています。Logガンマのモニタリングだけでなく、PQ/HLGのネイティブモニタリングに対応することで、使われる幅が広がります。もちろんマスターモニターに比べると表示品質は異なりますが、輝度を中心としたHDRモニターの目安にはなると思っています。

今後、HDRの一般的な解説やワークフローについて、PRONEWSさんの解説記事や、セミナーとかで啓蒙してもらえると嬉しいですね。2016年はHDR元年と言える年かと思いますが、2017年は普及期への入り口になることを願っています。

inb2016_atomos_08876 ATOMOSのストレージパックに対応したG-Technology社のG-Technology G-DRIVEとG-DOCKストレージドッグ

[ Category : , , ]
[ DATE : 2016-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2017:ATOMOS]19型の大型モニターを搭載したレコーダー「SUMO」を発表

ATOMOSブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザお... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2016の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2016に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2016]Avidブース:AdobeユーザーがAvidの制作環境へアクセス可能なシステムや、4K/HDR対応ソリューションを展示。ユーザーによるデモや講演も開催

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2016]コペックジャパンブース:スペイン生まれのモバイルリグShoulderpod初参戦

InterBEEは、国内最大の放送機器展ではあるが、時代の変化に即した様々な新規企業の出展も見受けられる。中でもiPhoneカメラの進化は凄まじく、iPhoneで映像制作を行うユー... 続きを読む

[InterBEE2016]NIXUSブース(動画)

InterBEE2016のNIXUS(北海道日興通信)ブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示