PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [CP+2017]ソニー、「CP+2017」出展概要を発表。レンズやハンディカムなどの新製品を多数展示

News

[CP+2017]ソニー、「CP+2017」出展概要を発表。レンズやハンディカムなどの新製品を多数展示

2017-02-08 掲載

※写真はCP+2016のソニーブースの様子

ソニーは、2017年2月23日(木)から2月26日(日)期間中にパシフィコ横浜にて開催される写真映像展示会「CP+2017」に出展する(総合ゾーン/ブースNo.G-02)。

同社ブースでは、Eマウントレンズの新製品である35mmフルサイズ対応、Gマスターの中望遠単焦点STFレンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」や、35mmフルサイズ対応で小型軽量の大口径中望遠単焦点レンズ「FE 85mm F1.8」、スーパー35mm/APS-Cフォーマット対応の電動標準ズームレンズ「E PZ 18-110mm F4 G OSS」、電波式ワイヤレス通信に対応の外付けフラッシュ「HVL-F45RM」、デジタルシネマカメラCineAlta(シネアルタ)「F65」をはじめとしたカメラなどを展示予定。

また、スピードやポートレートなどの撮影エリアも設置し、高解像・高感度・高速性能が体験できるコーナーも用意される。さらに、フォトグラファーとビデオグラファーによるセミナーをブース内で開催するほか、4Kブラビアで写真の鑑賞が可能な4Kギャラリーも設置する。主な展示内容は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■レンズ
35mmフルサイズ対応、αレンズ史上最高のぼけ味にこだわったGマスターの中望遠単焦点STFレンズ『FE 100mm F2.8 STF GM OSS』、小型軽量の大口径中望遠単焦点レンズ『FE 85mm F1.8』、スーパー35mm/APS-Cフォーマット対応の電動標準ズームレンズ『E PZ 18-110mm F4 G OSS』など、α[Eマウント]レンズの新商品3本を含めた全αレンズ群。

■レンズ交換式デジタル一眼カメラ
Eマウントシリーズの最上位機種で、世界最速※1 0.05秒の高速オートフォーカス、約11コマ/秒※2の高速連写を実現し、光学式5軸手ブレ補正機能やタッチパネルを搭載した『α6500』、ハイブリッド位相差検出AFシステムにより79点のクロス測距点を備え、AF/AE※3追従※412コマ/秒※2連写性能、有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型Exmor R®(エクスモアアール)CMOSイメージセンサーを搭載したAマウントシリーズ最上位機種『α99 II(マークツー)』。

■デジタルスチルカメラサイバーショット(RXシリーズ)
世界最速※50.05秒※6の高速AFと、AF/AE※3追従24コマ/秒※7の高速連写やスーパースローモーション記録を実現するメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™(エクスモアアールエス)を小型ボディに搭載したプレミアムコンパクト『RX100V』、24-600mm※8(光学25倍)F2.4-4の大口径・高倍率ズームレンズを搭載し、広角から超望遠まで幅広いシーンの高画質な撮影が可能な『RX10 III』。

■デジタル4Kビデオカメラレコーダーハンディカム®
4K動画撮影用のレンズと画素サイズ約1.6倍※9の高感度イメージセンサーを採用、ワイドからズームまで強力に手ブレを抑える空間光学手ブレ補正機能を搭載し、高精細で高解像な描写ができる4Kハンディカム®『FDR-AX55』。

■アクションカム
「空間光学ブレ補正」機能をアクションカムに初めて搭載し、アクティブなシーンでも動きの激しいブレを抑えて高精細な4K(3840×2160)動画を撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム『FDR-X3000R』とフルHD対応モデル『HDR-AS300R』。

■新アプリケーション「デジタルフィルター」(近日公開予定)
撮影領域を最大3つに分け、それぞれに露出とホワイトバランスを設定して、1枚の画像に撮影することができます。太陽を含めた日中の風景など、ハーフNDフィルターを使うような場面で活躍する「スカイHDR」がさらに進化したアプリケーションです。2分割のみのハーフNDフィルターでは難しかった、夕景やマジックアワーなどのシーンにも活躍し、さらに操作性や画質も進化しています。詳しくは、近日公開予定のPlayMemories Camera Appsのサイトをご覧ください。
<メーカー希望小売価格:3,000円+税、優待版(スカイHDRをご購入済みの方向け)2,000円+税>

スペシャルセミナー
著名なプロのフォトグラファーとビデオグラファーを多数講師に迎え、ソニー製品の魅力や撮影テクニックなど、盛りだくさんのスペシャルセミナーを実施します。各セミナーについては特設サイトをご参照ください。

講師陣(敬称略、五十音順)
Gene Lower、魚住誠一、江夏由洋、大喜多正毅、柏倉陽介、小橋城、鈴木知子、鈴木佑介、高城剛、高橋優也、中井精也、並木隆、舞山秀一、藤井貴城

※1:APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、プリAFオフ時、ファインダー使用時。E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS装着時。2016年10月28日広報発表時点。ソニー調べ。
※2:連続撮影モード「Hi+」時。
※3:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
※4:レンズにより対応する測距点数は異なります。連続撮影モード「Hi+」時は、専用位相差AFセンサー61点に制限され、像面位相差AFセンサー399点とのハイブリッド位相差検出AFシステムになります。また、ハイブリッド位相差検出AF対応時はF9以上、ハイブリッド位相差検出AF非対応時はF4以上に絞った場合、フォーカスは1枚目で固定されます。
※5:1.0型イメージセンサー搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2016年10月14日広報発表時点。ソニー調べ。
※6:CIPA準拠内部測定条件f=8.8mm(ワイド端)明るさEV4.7、プログラムオート、フォーカスモード:AF-A、AFエリア:ワイド。
※7:連続撮影モード「Hi」時。
※8:35mm判換算。
※9:従来機「FDR-AX33」との比較。
※α、αレンズ、Gマスター、サイバーショット、ハンディカムは、ソニー株式会社の商標です。
※記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

[ Category : ]
[ DATE : 2017-02-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

デジタル画像技術を映画製作に取り入れた革新的カメラとして知られるソニーのCineAltaブランドカメラ。米ソニーはCine Gear Expoにて、アスペクトに依存しないフルフレー... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラ「α9」のプロフェッショナル向け撮影体験会を開催

バスケットの撮影を通じてα9のブラックアウトフリーやAFの性能を体験する ソニーは、5月24日に東京都江東区のスポーツ施設で同社のソニー・イメージング・プロ・サポート会員を対... 続きを読む

ソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規模ライブ収録の実例」を開催

ソニービジネスソリューション株式会社は、2017年6月2日にコンパクトライブスイッチャ―「MCX-500」をテーマにしたソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規... 続きを読む

銀一、保護ガラスフィルムExtra GlassシリーズのSony α9用を発売

銀一は、旭硝子社製GRAMASシリーズの保護ガラス技術を、銀一監修の元でハイエンドデジタルカメラや映像機材に最適化した保護ガラスフィルムのExtra Glassシリーズ新製品として... 続きを読む

トップ > ニュース > [CP+2017]ソニー、「CP+2017」出展概要を発表。レンズやハンディカムなどの新製品を多数展示