PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Vimeo、360°ビデオに対応。360°ビデオ販売オプションも

News

Vimeo、360°ビデオに対応。360°ビデオ販売オプションも

2017-03-15 掲載

Vimeoは先週、360°ビデオコンテンツを視聴できるチャンネルをオープンした。視聴者は、PCでの視聴から、Vimeoモバイルアプリを使ってGoogle Cardboardとスマートフォンの組み合わせも楽しめる。HMDでは、Zeiss VR One、Samsung Gear VR、Google Daydreamに対応。近々Oculus RiftとHTC Viveにも対応する予定だという。

360°ビデオに対応したのは業界で後発となってしまったが、他の同業者にはない特長として、360°ビデオ販売オプションを備えている。Vimeo PROおよびVimedo Business会員であれば、トランザクションベースまたはサブスクリプションベースで自分の360°ビデオコンテンツを販売することができる。例えば、従来の形式での新しい作品でも、トレーラーを360°で制作して公開することで角度を上げたプロモーション展開ができるだろう。また、Vimeoアプリでは、オフラインでも360°ビデオコンテンツを視聴することができる。メニュー上で“オフライン”をクリックすれば、インターネットのないところでも視聴できる。

視聴回数11万回を超える作品「チューリッヒ2.0」。チューリッヒを3Dスキャンし幻想的な映像に変えている。チューリッヒ映画賞などで上映された作品。プレイヤーにはコンパスがついており、視聴者からどの位置で観るか、コンパスを動かして方向を変えることができる。

Vimeoでの360°ビデオのアップロードでは、モノスコープ(フラットな見え方)と立体視から選べ、8K解像度まで対応できる。アドバンスド設定では、FOVやデフォルトの方向といった調整が行える。

Vimeoでは、360°ビデオ制作のトレーニングとサポートを目的に、ノウハウをまとめたブログポータルthe 360 Video Schoolを用意し、Vimeoサービススペースで360°ビデオコンテンツを増やす意向だ。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-03-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

三友、Nokia製VRカメラ「OZO+」などの解説を行う「VR USER Conference 2017-OZO+hands on&seminar-」を開催

三友株式会社は、2017年8月24日に、NAB2017にて発表したNokia製VRカメラ「OZO+」や、ライブ配信機能「OZO LIVE」を解説する「VR USER Confere... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:動画配信サービスdTVの場合

Blackmagic Designの発表によると、動画配信サービスdTVが配信するVR専用アプリ、dTV VRの動画撮影にBlackmagic URSA Mini 4.6K PLが... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、VR機能を搭載した「Fusion 9」を発表。Fusion Studioは価格引き下げ!

Blackmagic Designは、同社のビジュアルエフェクト、合成、3D、モーショングラフィックのソフトウェア「Fusion 9」のメジャーアップデートを発表した。Fusion... 続きを読む

Facebook、Live 360の機能強化を発表。VRの4K対応やスタビライズ機能を追加

Facebookは7月25日(米国時間)に「Live 360 Ready Program」を導入し、より簡単に360°ライブ配信を楽しむことのできるLive 360に新機能を追加し... 続きを読む

AOI Pro.、VRをビジネル活用するサービスライン「VR insight」を発表。第一弾のサービスとして「VR ON AIR TEST」のプロトタイプを公開

AOI Pro.は7月26日、東京都品川区のAOI Pro.本社でVRをビジネス活用するサービスライン「VR Insight」の発表会・体験会を開催した。AOI Pro.の体験設計... 続きを読む

トップ > ニュース > Vimeo、360°ビデオに対応。360°ビデオ販売オプションも