PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、光学式手ブレ補正を採用した「HDR-CX470」を発売

News

ソニー、光学式手ブレ補正を採用した「HDR-CX470」を発売

2017-04-11 掲載

ソニーは、デジタルHDビデオカメラレコーダーハンディカム「HDR-CX470」を、2017年4月14日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格は税抜37,000円前後。

HDR-CX470は、付属の小型バッテリー「NP-BX1」の採用などにより質量が約215gに軽量化された。5軸方向で手ブレを補正する光学式ブレ補正(インテリジェントアクティブモード)機能を採用し、従来の光学式手ブレ補正機能に比べ、ワイド撮影時には最大約13倍の手ブレ補正を実現。35mm換算で最大26.8mmの広角ZEISSバリオ・テッサーレンズと、光学30倍、全画素超解像ズーム60倍のズーム機能を搭載。また、Exmor R CMOSセンサー搭載で暗所でも撮影が行える。

32GB内蔵メモリー搭載により、約3時間25分の記録が可能。顔、シーン、揺れ、屋内・屋外の4つの要素から撮影シーンをカメラが自動で認識するおまかせオート撮影機能を搭載。90通りの組み合わせから映像を自動設定し、撮影を行う。フルハイビジョン画質でBlu-rayディスクへの保存に適したAVCHD動画と、XAVC STM動画を搭載。用途に合わせてフォーマットの選択が可能。

AVCHD動画において、撮影時のズームや笑顔などの情報や、設定したハイライトポイントから自動でシーンを分析し、ハイライト場面を抽出。BGMの長さやシーンに合わせて切替効果付きのショートムービーの作成が行えるほか、PC用ソフトウェアPlayMemories Homeを使用して、任意の曲をBGMとして使用可能。MP4動画形式で、スマートフォンでの再生や共有も行える。

なお、2017年4月19日よりソニーショールーム/ソニーストア銀座、ソニーストア大阪、ソニーストア名古屋、ソニーストア福岡天神、ソニーストア札幌にてユーザー向け先行展示が行われる予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-04-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

EIZO、「ColorEdge CG248-4K」でHDR表示を可能にする有償サービスを提供

EIZO株式会社は、23.8型4Kモニター「ColorEdge CG248-4K」をHDR(PQ方式)表示対応にアップグレードする有償サービスの提供を開始した。参考価格は税抜52,... 続きを読む

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

デジタル画像技術を映画製作に取り入れた革新的カメラとして知られるソニーのCineAltaブランドカメラ。米ソニーはCine Gear Expoにて、アスペクトに依存しないフルフレー... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラ「α9」のプロフェッショナル向け撮影体験会を開催

バスケットの撮影を通じてα9のブラックアウトフリーやAFの性能を体験する ソニーは、5月24日に東京都江東区のスポーツ施設で同社のソニー・イメージング・プロ・サポート会員を対... 続きを読む

ソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規模ライブ収録の実例」を開催

ソニービジネスソリューション株式会社は、2017年6月2日にコンパクトライブスイッチャ―「MCX-500」をテーマにしたソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、光学式手ブレ補正を採用した「HDR-CX470」を発売