PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、1.5億画素の中判大型センサーを開発中。新フォーマットセンサーのロードマップを公開

News

ソニー、1.5億画素の中判大型センサーを開発中。新フォーマットセンサーのロードマップを公開

2017-04-17 掲載

ソニーでは新しく、超高画質を実現する中判サイズの大型イメージセンサーを開発中だ。2018年中の供給を目指している。

同社のイメージセンサー製造部門であるソニーセミコンダクタソリューションズコーポレーションが、来年までのロードマップを公開し、裏面照射タイプ(BSI)の4.2型(55mm×41mm)、150メガピクセル(1.5億画素)の中判センサー「IMX411」を開発していることを明らかにした。また2018年中に、同センサーモデルIMX411のモノクロ版、および約1億画素のセンサーラインに、4.2型表面照射タイプの新「IMX211」、3.6型(44mm×33mm)BSI「IMX461」をリリースする予定だ。

ソニーのCMOSセンサーを採用しているプロフェッショナル向けカメラは、FUJIFILM、今やDJI傘下となったハッセルブラッド、ペンタックス、Phase Oneなど。今回の新センサーのロードマップから、IMX461はPhase Oneや大判カメラにも取り付けられるようなデジタルパック用とうかがえる。また現在、ソニー43.8mm×32.9mmの5140万画素CMOSセンサーを搭載しているFUJIFILM GFX 50やHasselblad X1Dについても、1億画素に対応するハイエンドモデルが2018年中にリリースすることが期待できそうだ。

IMX390CQV車載カメラ用CMOSイメージセンサー

またソニーは先週、LED標識や交通信号の撮影時のちらつきを軽減するLEDフリッカー軽減機能と、120dBの広ダイナミックレンジ撮影が可能なHDR機能を搭載した、車載カメラ用の高感度CMOSイメージセンサー「IMX390CQV」も先週発表している。IMX390CQVのサンプルの出荷は2017年5月、量産は2018年3月を予定する。独自のソニーピクセル構造と露光方法を採用し、業界初のLEDフリッカー低減とHDR機能の同時実行を実現する。

サンプル比較ムービー:LEDフリッカー軽減とHDR機能の同時実行(左)、HDR機能のみ(右)

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-04-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「空中撮影×地上撮影 編集ベーシック講座」の開催迫る!

株式会社アルマダスと株式会社システムファイブ主催の「空中撮影×地上撮影 編集ベーシック講座」の開催日が2017年7月27日(木)に迫っている。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵... 続きを読む

アルマダスとシステムファイブ、「空中撮影×地上撮影 編集ベーシック講座」を開催

株式会社アルマダスと株式会社システムファイブは、2017年7月27日(木)に「空中撮影×地上撮影 編集ベーシック講座」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナール... 続きを読む

ソニー、広視野角パネル搭載の24型フルHD液晶モニターベーシックモデル「LMD-B240」を発表

ソニーは、反射の少ないアンチグレア仕様の広視野角(178度)パネルを搭載した24型フルHDマルチフォーマット液晶モニター「LMD-B240」を2017年9月中旬に発売する。希望小売... 続きを読む

ソニー、「ソニーαムービーセミナー」を開催

ソニーマーケティング株式会社は、2017年7月13日(木)に「α9発売記念!ソニーαムービーセミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。共催は株式... 続きを読む

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、1.5億画素の中判大型センサーを開発中。新フォーマットセンサーのロードマップを公開