PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2017]EIZO、HDR映像制作用の31.1型リファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を発表

News

[NAB2017]EIZO、HDR映像制作用の31.1型リファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を発表

2017-04-18 掲載

EIZO株式会社は、映像制作市場向けにHDR表示に対応したリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」(以下:CG3145)を2017年12月に発売する。価格は未定。

CG3145は、31.1型DCI 4K(4096×2160)解像度の液晶モニター。輝度1000cd/m2、100万:1の高コントラスト比を実現。また、HDRの入出力特性であるPQ方式とHybrid Log Gamma方式の両方に対応している。CG3145の特長は以下の通り。

(以下、同社プレスリリースより引用)

■主な特長

CG3145は、100万:1※1という高コントラスト比と最大1000cd/m2※1の高輝度を実現し、従来のHDRリファレンスモニターが抱える課題を克服しました。

従来のHDRリファレンスモニターは、バックライトを分割制御することで高いコントラスト比を達成していますが、これが原因で明暗比が大きい部分の輪郭がにじんで見える「ハロー」と呼ばれる現象が発生する場合があります。また、表示内容に左右されて画面の輝度が変動する場合もあります。

CG3145は、新型のIPS液晶パネルを採用し、専用の高輝度バックライトユニットと組み合わせることで、従来のHDRリファレンスモニターが抱える上記の弱点を克服し、HDR映像のカラーグレーディング作業に正しい色を評価できる環境を提供します。

加えて、配信・映画制作向けに規格化されたHDR「PQ方式」と、放送向けのHDR「Hybrid LogGamma(ハイブリッドログガンマ)方式」の両方に対応しました。「PQ方式」は、HDRの国際標準規格であるITU-R BT.2100およびSMPTE ST2084に、「Hybrid Log Gamma方式」はITU-R BT.2100に準拠しています。

  • 液晶モニターとして世界初※2となる高コントラスト比100万:1※1を実現
  • 31.1型の広い画面スペースに、DCI 4K(4096×2160)解像度
  • HDR映像表示に求められる1000cd/m2※1までの高輝度を安定して表示
  • 明暗比の大きい部分の輪郭がにじんで見えるハロー現象を抑制
  • PQ方式、Hybrid Log Gamma方式を含むさまざまな規格のガンマに対応
  • 専用調整ソフトウェア「ColorNavigator NX」を用いて、ハードウェア・キャリブレーションが可能
  • 広色域表示で映像の色を忠実に再現
  • 24-bit LUT(ルックアップテーブル)搭載で高精度の階調・色表示を実現
  • さらに豊かな色再現ができる10-bit入力に対応
  • HDR映像表示に求められるビデオフォーマットに対応(DisplayPort入力では50/60pで4:4:4、HDMI入力では50/60pで4:2:2までサポート)
  • ズーム機能や色域外警告機能など映像制作専用機能を搭載
  • ワンタッチで取付けできるマグネット式遮光フードを付属
※1標準値。保証値ではありません。 ※2製品としての液晶モニターにおいて。2017年4月現在、当社調べ。

<展示会情報>
米国で開催される世界最大の映像放送機器展「NAB Show 2017」と、国内の映像放送業界向けイベント「After NAB Show 2017」にブースを出展し、CG3145を初展示します。

【NAB Show 2017】2017年4月24日~27日米国ラスベガス
【After NAB Show Osaka】2017年5月30日大阪・グランフロント大阪
【After NAB Show Tokyo】2017年6月1日~2日東京・秋葉原「UDX」


[ Category : ]
[ DATE : 2017-04-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

パナソニック、「After NAB 2017 新製品発表会」を開催。CineGearで発表されたAU-EVA1も登場!

NAB以降発表の新製品が勢揃い パナソニック株式会社は、7月3日~4日の二日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原にてNAB2017に出展した新製品の内覧会「After NAB ... 続きを読む

EIZO、「ColorEdge CG248-4K」でHDR表示を可能にする有償サービスを提供

EIZO株式会社は、23.8型4Kモニター「ColorEdge CG248-4K」をHDR(PQ方式)表示対応にアップグレードする有償サービスの提供を開始した。参考価格は税抜52,... 続きを読む

シグマ、「After NAB Show 2017」の出展概要を発表。FF High Speed Prime Line各機種を展示

株式会社シグマは、2017年5月30日に大阪(グランフロント大阪)、6月1日・2日に東京(秋葉原UDX)で開催される「After NAB Show 2017」に出展する。 同... 続きを読む

RAID、「RAID After NAB 2017」を開催

RED Digital Cinema社「WEAPON 8K S35」 株式会社小輝日文グループの株式会社RAIDは、港区芝浦にある同社にて6月8日~9日の二日間「RAID A... 続きを読む

[NAB2017]NASA、史上初・宇宙からライブで4K映像を伝送。NABライブビューイングを成功

1,700社以上の出展社に103,000人という昨年よりも多い来場者数を記録した今年のNABshowでは、放送業界において超高解像度映像の魅力を引き出す技術や、これらに対応できる次... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2017]EIZO、HDR映像制作用の31.1型リファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を発表