PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサー搭載のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」を発売

News

ソニー、メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサー搭載のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」を発売

2017-04-21 掲載

ソニーは、メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 「α9」を2017年5月26日に発売する(予約販売は4月27日より)。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別500,000円前後(ボディのみ)。

α9は、積層化による回路部の拡張とメモリーの内蔵により、センサー内の読み出し速度を従来機比20倍以上に高速化した新開発の有効約2420万画素フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと、画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、AF/AE追従最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影、最大60回/秒の演算によるAF/AE追従や、最高1/32000秒の歪みを極限まで抑えるアンチディスト-ションシャッターなどの高速性能を搭載。693点の全面位相差センサーに加えて、無音・無振動のサイレント撮影機能を搭載している。

大容量のバッファメモリーにより、20コマ/秒連写で圧縮RAW241枚/JPEG362枚の連続撮影が可能。イメージセンサーの裏面照射型構造による高い感度特性に加えて、画像処理エンジンBIONZ Xなどにより、常用ISO100-51200(拡張ISO50-204800)を実現。

その他にも、従来機比約2.2倍となる新開発の大容量バッテリー「NP-FZ100」や、迅速なフォーカスエリア選択が可能なマルチセレクターやドライブモードダイヤル、フォーカスモードダイヤル、AFオンボタンなどを搭載する高い操作性、SDカードスロット(UHS-II対応)とSD/MSカードスロットの2つのメディアスロット、撮影現場から安定した通信環境でFTP転送が可能な有線LAN端子を採用している。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

デジタル画像技術を映画製作に取り入れた革新的カメラとして知られるソニーのCineAltaブランドカメラ。米ソニーはCine Gear Expoにて、アスペクトに依存しないフルフレー... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラ「α9」のプロフェッショナル向け撮影体験会を開催

バスケットの撮影を通じてα9のブラックアウトフリーやAFの性能を体験する ソニーは、5月24日に東京都江東区のスポーツ施設で同社のソニー・イメージング・プロ・サポート会員を対... 続きを読む

ソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規模ライブ収録の実例」を開催

ソニービジネスソリューション株式会社は、2017年6月2日にコンパクトライブスイッチャ―「MCX-500」をテーマにしたソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規... 続きを読む

銀一、保護ガラスフィルムExtra GlassシリーズのSony α9用を発売

銀一は、旭硝子社製GRAMASシリーズの保護ガラス技術を、銀一監修の元でハイエンドデジタルカメラや映像機材に最適化した保護ガラスフィルムのExtra Glassシリーズ新製品として... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサー搭載のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」を発売