PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

News

ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

2017-06-08 掲載

デジタル画像技術を映画製作に取り入れた革新的カメラとして知られるソニーのCineAltaブランドカメラ。米ソニーはCine Gear Expoにて、アスペクトに依存しないフルフレームの36x24mmセンサーを使用するハイエンドのCineAltaカメラを開発中であることを発表した。ソニーは、フルフレームセンサーをハイエンドのシネマカメラに採用する最初のカメラメーカーとなる。

CineAltaブランドは1999年に誕生した。ジョージ・ルーカス監督のもと、フルデジタルで撮影された「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」で採用された、24pデジタルカメラシステム「HDW-F900」がスタートである。CineAltaシステムのコンセプトは「デジタル撮影やポストプロダクションに拡張された創造性を付加しながら、35mm映画フィルムの優れたイメージング特性を可能な限りデジタルで提供すること」だという。

ソニーとPanavisionのチームが開発した同カメラをはじめ、CineAltaブランドにはカメラ、ビデオカメラ、レコーダー、サーバー、プロジェクターが揃い、ハイエンドラインとして映画制作のスタンダードを高めていった。2012年1月にF65がリリースされ、ソニーは、撮影から配信まで4Kワークフローの構築が行えるようになった。今回Cine Gear Expoで発表された次世代CineAltaカメラのハイライトは以下の通り。

  • デジタルモーションピクチャーカメラのフルフレーム36x24mmセンサー
  • 優れた画質を実現する新しいイメージセンサー
  • アスペクト比フリー、フルフレーム、Super35 4K 4-perf 4:3アナモフィック、4K spherical 3-perf 17:9
  • ソニーの16ビットRAW/X-OCNおよびXAVCで確立されたワークフロー
  • 従来のCineAltaカメラおよびSxSメモリーカードなどのアクセサリーと互換性を維持

開発ロードマップ、リリース予定や価格帯などは一切公開されていない。次世代CineAltaカメラは、業界専門家達のコラボレーションにより設計され、F65のようなハイエンドカメラの継承版ではなく、全く新しい観点から開発されるという。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-06-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラ「α9」のプロフェッショナル向け撮影体験会を開催

バスケットの撮影を通じてα9のブラックアウトフリーやAFの性能を体験する ソニーは、5月24日に東京都江東区のスポーツ施設で同社のソニー・イメージング・プロ・サポート会員を対... 続きを読む

ソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規模ライブ収録の実例」を開催

ソニービジネスソリューション株式会社は、2017年6月2日にコンパクトライブスイッチャ―「MCX-500」をテーマにしたソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規... 続きを読む

銀一、保護ガラスフィルムExtra GlassシリーズのSony α9用を発売

銀一は、旭硝子社製GRAMASシリーズの保護ガラス技術を、銀一監修の元でハイエンドデジタルカメラや映像機材に最適化した保護ガラスフィルムのExtra Glassシリーズ新製品として... 続きを読む

ソニー、開放F値2.8の大口径ズームレンズ「FE 16-35mm F2.8 GM」および広角12mmをカバーする超広角ズームレンズ「FE 12-24mm F4 G」を発表

ソニーは、35mmフルサイズ対応α「Eマウント」レンズの新製品として、大口径広角ズームレンズのGマスター「FE 16-35mm F2.8 GM(SEL1635GM)」と、超広角ズー... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに