PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ローランドブース:小型・軽量のマルチフォーマット・ビデオ・ミキサー「V-02HD」を展示
Special

[InterBEE2018]ローランドブース:小型・軽量のマルチフォーマット・ビデオ・ミキサー「V-02HD」を展示

2018-11-26 掲載

ローランドブース 360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

三脚にマウントして一人で2カメのスイッチングができる「V-02HD」

新製品は3点。1つ目がスケーラー内蔵の2チャンネルのビデオ・スイッチャー「V-02HD」。入力はHDMI×2チャンネル、出力はHDMI×2チャンネル、映像エフェクトや音声処理などを搭載した小型スイッチャーだ。

世界最小サイズのスケーラー内蔵2チャンネルのビデオ・スイッチャー「V-02HD」

特長はとにかくサイズが小さいこと。重量約660gで、機材ケースやカメラバッグのポケットにも収納できる。底面に1/4インチのネジ穴があり、三脚への装着が可能。バッテリー駆動も可能で、撮影・収録場所を選ばない。

ブースでは、ハンディータイプのメモリーカムコーダーとアクションカムを1つの三脚に乗せて展示。V-02HDを使えば、ワンマンオペレーションでビデオカメラ2台を自在に切り替え可能で、HDMIで接続した2台のカメラからの入力を現場でシームレスに切り替え、レコーダーやライブストリーミング用エンコーダーに送出が可能になることを展示していた。

現場でリアルタイムで切り替えることができれば、撮影後の編集はナシなんてことも可能になるかもしれない。即日納品をしなければいけない場合には必見のツールだろう。

また、ワンマンオペレーションの場合は、両手はカメラの操作でふさがってしまうことがある。そこで、別売りのフットスイッチに対応しており、足で切り替えることが可能。ファインダーから目を離さずに切り替えられ、カメラに振動を伝える心配がないのも面白いところだ。

撮影現場だけでなく、企業であればパワーポイントと実写で切り替えなど、いろんなシチュエーションで多岐にわたって使えるだろう。

小型なので三脚に乗せて運用可能

別売のフットスイッチが使用可能。ブースの展示ではデュアル・フット・スイッチ「FS-6」が使用されていた

V-02HDは2つの切り替えのほかに、映像エフェクトも充実。特に気になったところは合成として四角型、丸型、菱型の3種類のピクチャー・イン・ピクチャーもできるところだ。アスペクト比が変えられ、横のサイズや縦のサイズも自由に設定できるなど、かなり充実している。本体は小型なのに多機能だ。

ピクチャー・イン・ピクチャーの四角型を使って縦横比を変えて合成したところ

キー合成も可能で、静止画が1枚保存できて、合成が可能。エッジの機能を搭載しており、キーのタイプを選ぶとボーダーを付けたり色をつけられる。

キー合成の機能を使ってボーダーや色を付けたところ

ビジュアルエフェクトも充実していて、モザイクやウェーブ、カラーパス、ネガティブ、カラライズなど、オーソドックスなエフェクターを搭載している。

モザイクのエフェクトを使ったところ

コンパクトなマトリックス・スイッチャー「XS-42H」

HDMI×4チャンネル入力、HDMI×2チャンネル出力のマトリックススイッチャー。HDMIだけに特化していてシンプルだ。幅広い映像フォーマットに対応するマルチフォーマットに対応している。

XS-42Hは、マルチフォーマットで何を接続してもつながるのが特長だ。特にパソコンの切り替えがスムーズなのがポイントだろう。会議ではテレビにPCを接続しても正しく映像が表示されないことがあるが、XS-42Hは自動で入力信号を検知する「オート・インプット・ディテクト」を搭載しており、新規で接続された機器を自動で検知して、入力を切り替えることができるようになっている。

また、PCやスマートフォンからケーブルを外しても、テレビの画面が真っ黒にならない機能を搭載。ケーブルを外した時は自動的に別の入力に切り替わったり、設定した静止画の表示に切り替えることが可能。例えば、企業の会議室で何もつないでいないときは企業のロゴを表示して、ケーブルをつなげばそのチャンネルに自動的に切り替わる使い方ができる。

演出可能なビデオプロセッサー「VP-42H」

VP-42Hはただのスイッチャーだけではなくて「演出」できるビデオプロセッサーだ。4つの入力を自由に配置して、合成する装置となっている。ピクチャーインピクチャーをタブレットで場所を調整でき、サイズも調整できる。

例えば、マルチビューとしても使えるし、4:3のPowerPointがあれば余白にあえて別のものを出すこともできる。演者のカメラ映像を横に入れたり、PowerPointの絵を真ん中に置いた状態でPowerPointの演者をシームレスにキレイに切り替えたるといったことが可能だ。

最近だとeスポーツなどでゲーム画面とプレイヤーを顔を足すといった場合にも使えるだろう。

ピクチャーインピクチャーは、タブレットで場所やサイズも調整できる


[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-11-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現InterBEE2020]まとめ:ローランド編

動画レポート ■ノダタケオ氏の「V-1HD+」ファーストインプレッション 製品レポート UVC-01 VC-1... 続きを読む

[再現InterBEE2020:ローランド]スポーツ中継でのリプレイを手軽に実現するビデオ・インスタント・リプレイヤー「P-20HD」

スポーツ中継でスローモーション・リプレイ映像を挿入可能な「P-20HD」登場 世界中でスポーツの中継、配信需要が高まっており、その演出としてゴールの瞬間を直後にリプレイしたい... 続きを読む

[再現InterBEE2020:ローランド]「V-1HD+」は操作性や音質が強化された業務用HDビデオ・スイッチャー

ノダタケオ氏の「V-1HD+」ファーストインプレッション ノダ氏執筆のV-1HD+レビューも下記にて公開!こちらも是非ご覧ください。▶[ライブ配信手帖]... 続きを読む

[再現InterBEE2020:ローランド]4K対応の業務用小型ビデオ・スケーラー「VC-100UHD」

イベントステージでの映像演出とライブ配信に適した4Kビデオ・スケーラー「VC-100UHD」 4Kビデオ・スケーラー「VC-100UHD」は、12G-SDIとHDMI2.0を... 続きを読む

[再現InterBEE2020:ローランド]簡単、シンプルなライブ配信を実現するUSBビデオ・キャプチャー「UVC-01」

ローランドのビデオ・スイッチャーと組み合わせてライブ配信を手軽に!USBビデオ・キャプチャー「UVC-01」 USBビデオ・キャプチャー「UVC-01」は、ローラ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]ローランド「V-1HD+」ファーストインプレッション~ノダタケオ氏インタビュー

ローランド「V-1HD+」のファーストインプレッションを、PRONEWSでもお馴染みのノダタケオ氏にインタビュー形式でお伺いしました! ノダ氏執筆のより詳細な... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:ローランド編

60seconds Shot! ■V-600UHD Ver2.0 ■VR-50HD MK II Ver2.0 ■V-60HD/XS-62S Ver... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]ローランド「V-60HD」「XS-62S」ファームウェアVer.3.0

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。ローランド社から「V-60HD」「XS-62S」ファームウェアVer.3.0をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]ローランド「VR-50HD MK II Ver.2.0」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。ローランド社から「VR-50HD MK II Ver.2.0」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ローランドブース:小型・軽量のマルチフォーマット・ビデオ・ミキサー「V-02HD」を展示