PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D]06: 東北新社グループ3社連携で3D映像制作を本格化

News

[Stereoscopic 3D]06: 東北新社グループ3社連携で3D映像制作を本格化

2009-07-15 掲載

ハリウッド映画はもちろん、家庭用にも立体テレビの導入が間近となっている現在、5月29日に東北新社(東京都港区)と、ホワイトボックス(東京都港区)、オムニバス・ジャパン(東京都港区)の3社がグループ連動による3D(立体)映像制作を本格的に事業化し、3Dデジタルコンテンツのニーズに対応する体制を整えたと発表した。VFX技術力で長年の実績を持つオムニバス・ジャパンが中心となり、総合映像プロダクションとしてCM、TV番組、映画、イベント映像といった映像コンテンツを制作する東北新社と、PRやイベント事業を手掛けるホワイトボックスがタイアップして作りあげる一貫した制作態勢の中、最新技術を追求する意味で3D映像の可能性を見出していくという。


Omnibus.jpg
赤坂ビデオセンターで行われた3D映像上映会ではオムニバス・ジャパンの武田佳典 常務取締役から説明があった。

6月初めには、オムニバス・ジャパン赤坂ビデオセンターのデジタルシアターSofiaにてオリジナル作品を含めた3D映像の上映会が開催された。今回上映された3作品の中、実写を使ったオリジナル作品は、立体躍動感に満ちた「3D ダンス」と、疾走する車が突き抜ける「3D RUN」の2作品だ。「3D ダンス」では、グリーンバックで撮影したダンサーと周囲を舞うフルCGの羽、そしてロボットモデルのアニメーションを合成した作品で、「3D RUN」は車のプロモーションビデオ風に、目の前を横切る迫力ある走行シーンが3Dで楽しめる作品に仕上がっている。両作品とも3分弱の長さで、目の負担も感じられなく、また隠れたテクニックが感じられる3Dの魅力を引き出した作品であった。

TFC_3d_dance.jpg TFC_3d_run.jpg 上映会で流された3D映像作品『3D ダンス』(上)と『3D RUN』  いずれも (c)東北新社

Omnibus_3D_rig.jpg
オムニバス・ジャパンが開発したステレオ収録用リグ

実写収録には、2台の小型カメラを車に取り付け、ソニー製HDCAM-SRに収録している。人間の眼の間隔6.5cmを意識し、2台のカメラの距離をそれに合わせて撮影した。カメラリグは、オムニバス・ジャパンが開発した専用のもので、どのメーカーのどのカメラにも対応できるハーフミラーリグを採用しているという。

もう1つの作品は、今年の2月に藤商事のCR遊戯機器の液晶用映像として制作したフルCG「CR 宇宙戦艦ヤマト2」を3D映像に作り替えたものだ。東北新社グループの連動作業における利便性にアプローチしたケースだろう。

TFC_Yamato.jpg CR遊戯機器『CR 宇宙戦艦ヤマト2』イベント上映用3D映像『宇宙戦艦ヤマト2』 (c)東北新社

作品制作の経緯だが、オリジナルの液晶用映像であるSD解像度(アスペクト比4:3)の作品を、クライアントの依頼で、コマーシャル用にいったんHD解像度に作りかえている。その後、遊技機の発表イベント用として3D映像にするため、立体視の迫力を意識したシーンへの差し替えなどを行ってコンテンツを調整したという。こうした立体映像への編集作業は、デジタルマスタリングルームにある3D編集システムで作業が行なえる。プロジェクターはDLPシネマタイプ。すべての3D上映方式に対応した映像制作が可能であるが、試写用にはXpanD方式を導入している。ちなみにXpanDは、国内では主に東宝シネマズ系列が採用している方式だ。

Omnibus_XpanD_IRmodule.jpgOmnibus_XpanD_IRemitter.jpg
DLPシネマプロジェクターの上と横に設置されていた3D上映用XpanD方式のSysc Distribution Module(左)と3Dメガネコントロール用のIR Emitter

現在、国内の映画館で3D立体上映対応に拡張している数は60館130スクリーンと言われている。ハリウッド映画の3Dタイトルも数が増えている中、それらに対応すべく3D上映スクリーンは着実に増えていくだろう。東北新社グループでも、2009年中に3D映画の制作も予定しているそうだ。3D上映は、コンテンツがデジタルシネマパッケージ(DCP)という規格のデータであることが必須だが、オムニバス・ジャパンではこのDCPを製作することも可能だという。




[ Category : ]
[ DATE : 2009-07-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.03 3D作品の納品・上映について(フィニッシュ編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 3D最大の壁「上映」とそれ超えるための3つのハードル 3DA1で撮影した左右の映像を編集している様子。左... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.02 今3D撮影素材を編集するには?CineForm Neo3D(編集編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 編集時にはCineForm Neo3Dを利用 Ki ProストレージモジュールSSD 250GB。F... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.01 3DカメラAG-3DA1とKiProで実現する3D撮影の押さえどころ(撮影編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 史上初、業務用二眼カメラの登場 3D撮影の大きな話題のPanasonic AG-3DA1。誰でも「簡単に」3D映像... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.00 今ここにある3D制作のすべて

作る楽しみを知る時が来た! 2010年は言うまでもなく3D元年である。劇場映画に始まりお茶の間までに3Dがやってきた。これまでの3D映像が「見て楽しむもの」から「作って楽しむもの」... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]06: 画像処理の延長線で生まれた朋栄のS3D関連製品

「当社では画像処理関連の技術を持っているのですが、ステレオスコピック3D(S3D)関連の取り組みは、もともとは画像処理の延長線上の機能として生まれてきたんです」 こう話すのは、朋栄... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]05: 良質のコンテンツを増やせ!ソニーが取り組むS3D

ソニーはこれまで、4Kデジタルシネマプロジェクターと、RealDとの協業で3Dプロジェクションレンズユニットなど、映画市場における上映環境の充実を図ってきた。昨年末のInter B... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]04: 悩む前にやってみるS3Dストップモーション

「ステレオスコピック3D(S3D)活用事例取材の記事もいいけど、初めてS3Dをやってみようという人が実際にどんなことに直面するのか、とにかく何かを作ってみるという実験企画記事も欲し... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]03: フジテレビがアリス東京ドーム公演を3D放送

フジテレビNEXTが、アリスの東京ドーム公演をステレオスコピック3D(S3D)収録し、4月23日19時から「3D アリス~東京ドーム『明日への讃歌』」として3D放送した。この番組が... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]02: S3Dの基礎知識2~3Dリグの使い分け

ステレオスコピック3D(S3D)撮影をするためには、2台のカメラをセットする必要があるが、その方法や機材にはいくつかの種類がある。こうした撮影システムは、現場でどのように運用され、... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D]06: 東北新社グループ3社連携で3D映像制作を本格化