PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [DSMC・DSLR 2010]Vol.01 DSMC/DSLRが変えたもの

News

[DSMC・DSLR 2010]Vol.01 DSMC/DSLRが変えたもの

2010-03-19 掲載

今から3年以上前、RED Digital Cinema 社がRED ONEカメラの市場投入とともにそのカメラコンセプトとして掲げた、1台のカメラで静止画も動画も撮影できることを意味するDSMC(Digital Still Motion Camera)。

そして2008年末、キヤノンが発表したデジタル一眼レフカメラEOS 5D Mark IIの登場によってその文字が映像市場でも台頭してきたDSLR(Digital Single Lens Reflex=デジタル一眼カメラ)。

この2つのキーワード『DSMC/DSLR』に含まれる概念、そしてそのコンセプトは、ここ1、2年、日本の映像制作市場にも大きな影響をもたらしている。これらに該当するカメラが有する、大きな撮像素子により得られるその画像は、これまでのビデオカメラの画像とは大きく異なり、レンズの魅力を最大限に引き出した美しいルックが多くの映像制作者やクリエーター達を魅了した。

また最新のファイルベース・ワークフローがもたらした利便性と効率性は広く制作現場のディレクションなどにも影響を与え、幅広い意味でデジタル映像制作の世界を刺激し続けている。さらに2008年秋に起こったリーマンショック以降の経済不況の波は、広く放送/映像の制作業界においても、制作費の大幅削減=制作規模縮小、人員と機材の圧縮というカタチで大きく影響を及ぼしてきた。

しかしその中で特にEOS 5D Mark IIの登場は、その30万円前後という筐体自体の低価格もあり、従来の業務用ビデオカメラと比べても大幅なコスト削減に一役を担っているようだ。上質なルック、効率的なワークフロー、そして時代にフィットした低価格という3大要素が、いまの日本の映像制作市場でDSMC/DSLRを大きく後押ししている。

DSMC/DSLRがもたらした様々な市場変革

こうした制作市場における一連のDSMC/DSLR登用の流れは、今年になってもその余波を益々拡大させている。特に制作系の現場においては、使用するカメラ機材の2極化の影響は大きいようだ。

CM業界ではこのところの制作費の大幅減少に伴い、例えば某制作会社では制作現場においてフィルムカメラの使用を限定した。これはフィルムの後処理ワークフローに多大な費用がかかることから、よほど潤沢な予算が無い限り、フィルムカメラの使用には稟議が必要だという。さらにデジタルワークフローの浸透に伴い、現在のCMやMVなどの制作現場では、予算が潤沢なケースでは、従来通りの35mmフィルムカメラか、デジタルシネマカメラ(ソニーF35/F23やパナソニックP2 VARICAM(AJ-HPX3700G)、ARRI D-21など)が使用されている。

しかし、それ以下のほとんどの多くである予算が少ない現場では、EOS 5D Mark IIや7Dが当たり前、という上下2極化が進んでいるという。

結果として残念ながらテープベースのHDカメラは、こうした現場から少しずつ陰を薄めてきつつある状況のようだ。元々の機材価格差からDSMC/DSLRの機材に比べて、機材レンタル費の差は明らかだからだ。

また映画制作の現場においても4K画像の魅力からRED ONEはもとより、被写界深度の浅い映像狙いのポイント的な効果演出として、EOS 5D Mark IIや7D、またその他のDSLRカメラの動画機能が用いられる場合も数多くなっている。Web動画の世界ではかなりのパーセンテージでDSLRやそれ以外のスチルカメラでの動画撮影が行われているのも事実だ。

また静止画と動画の同時撮影が可能という点では、スチルカメラマンや写真スタジオ(ラボ)などの動画制作市場への参入や、広告制作会社などの動画同時制作など、DSMC/DSLRの登場によって制作フロー自体の大きな変動が各所で起きている。

この特集では、こうした現状を踏まえてDSMC/DSLRと現場の最先端で向き合っている方々への取材と、3月11日〜14日に開催されたカメラと写真映像の情報発信イベント『CP+(シーピープラス/CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)』のレポートを中心に、この2010年のDSMC/DSLRの動向について考察してみたい。

  1. DSMC/DSLRが変えたもの
  2. CM/MV業界を震撼させたDSMC/DSLRの登場
  3. ポストプロダクションの意識改革
  4. 世界的スタイルチェンジ/NEW ENGの世界
  5. 制作ジャンルを超える新たなる挑戦
  6. CP+にみる 最新DSLRムービー情報(1)
  7. CP+にみる 最新DSLRムービー情報(2)
  8. エピローグ:DSMCが生み出すニュークリエイティブスタイル


取材・記事 石川幸宏(DVJ BUZZ TV) 構成:編集部

[ Category : ]
[ DATE : 2010-03-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[DSMC・DSLR 2010]Vol.08 DSMCが生み出すニュークリエイティブスタイル

ニュークリエイティブスタイルが生まれる場所で DSMC/DSLRの台頭は、映像制作市場に様々な変化をもたらしそうだ。機材の面から見てみると、前ページのCP+の兆候からみても、スチル... 続きを読む

[DSMC・DSLR 2010]Vol.07 CP+にみる 最新DSLRムービー情報(2)

今年のCP+では、DSLR機材以外にも動画撮影関係の展示も各社非常に多かったのが特徴だ。メーカー各社の方向性として、すでに静止画撮影と動画撮影の垣根は無く、スチル&ムービーというコ... 続きを読む

[DSMC・DSLR 2010]Vol.06 CP+にみる 最新DSLRムービー情報(1)

3月11日から4日間、パシフィコ横浜(横浜・みなとみらい)で開催されたスチルカメラ系の総合イベント『CP+(シーピープラス)』。昨年までPIE(Photo Imaging Expo... 続きを読む

[DSMC・DSLR 2010]Vol.05 制作ジャンルを超えての新たなる挑戦 こびとのくつ株式会社

広告業界における画像処理の世界でも、DSMC/DSLRの登場によってこれまでと違った潮流が起こりつつある。 フォトレタッチの世界では、多くのメジャーな広告を手がけ、この業界でもトッ... 続きを読む

[DSMC・DSLR 2010]Vol.04 スタイルチェンジ/NEW ENGの世界 助田徹臣

DSLRの登場はジャーナリズムの画作りを変える DSLRの登場は、ENGの世界にも少しずつ変化を起こしはじめている。実はこの現象は世界中で起きてきており、日本でもそうした潮流に刺... 続きを読む

[DSMC・DSLR 2010]Vol.03 ポストプロダクションの意識改革:サウンド・シティ

DSMC/DSLRの素材持ち込みが増えたことで、ポストプロダクションの世界でも変化が起こっている。カラーグレーディング/カラーコレクションという分野が、より判りやすく身近になって... 続きを読む

[DSMC・DSLR 2010]Vol.02 CM/MV制作を震撼させたDSMC/DSLRの登場

撮影現場にも劇的な変化が見られるDSMCやDSLRの存在 DSMCやDSLR機の特徴は、なんと言ってもそのルックの良さに加えて、フィルムライクな撮影方法がこれまでと違和感なく現場に... 続きを読む

特集記事

NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2015 Inter BEE 2015
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2015をレポート。
InterBEE2015の歩き方 InterBEE2015の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2015の歩き方」を紹介。
CEATEC2015 CEATEC2015
日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会 CEATEC JAPAN 2015をレポート。
IBC2015 IBC2015
オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催された、欧州最大の国際放送機器展 IBC2015をレポート。
SIGGRAPH2015 SIGGRAPH2015
世界最大のコンピューターグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会 SIGGRAPH2015をレポート。
QBEE2015 QBEE2015
福岡国際センターにて開催される、九州最大のプロフェッショナル向け業務用・放送機器展 九州放送機器展(QBEE)をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bulow III
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2015」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2015 After Beat NAB SHOW 2015
NABで見えてくる4Kの方向について、デジタルシネマや放送、IP対応といった切り口で各メーカーの新製品を中心に見ていく。

トップ > 特集 > [DSMC・DSLR 2010]Vol.01 DSMC/DSLRが変えたもの