PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Transcode]02: アクトビラへの対応でRhozetトランスコーダを活用

News

[Transcode]02: アクトビラへの対応でRhozetトランスコーダを活用

2010-03-24 掲載

1 2

前回はトランスコーダ製品のなかからRhozetトランスコーダの機能について紹介した。今回は、実際にトランスコーダ製品を利用している現場として、デジコン株式会社(東京都台東区)の取り組みを取材してみた。

DigiCon_Yamamoto.JPG
デジコン 山本善宣ディレクター

デジコンは、動画配信、メディアエンコード、Webサイト構築の3つのサービスを核に、ライブストリーミング/オンデマンド配信を利用したコンテンツの企画から撮影、配信までをワンストップで行う制作会社だ。デジコンでエンコード/トランスコードを担当しているのがデジタルメディア事業部だ。デジタルメディア事業部は、各コンテンツ事業者の持つ映像素材をエンコード/トランスコードする専門部署だ。同事業部の山本善宣ディレクターは、これまでのエンコード事業に次のように話した。

「当社は、ブロードバンド・インターネットが普及する以前の1995年から事業に取り組んできました。最初はストリーミング中継を中心に行っていましたが、2000年以降、VOD(ビデオ・オンデマンド)配信も手掛けるようになりました。2003年頃からはSTB(セットトップボックス)向けのエンコード作業をするようになっていきました。東京放送ホールディングス、フジ・メディア・ホールディングス、テレビ朝日の3社がテレビ番組のインターネット配信事業をするために共同出資して設立したトレソーラ(2009年10月に会社清算)でテレビ朝日の番組のエンコードを担当したり、最近ではブロードバンド回線を使用してデジタルハイビジョンテレビにコンテンツ配信を行うアクトビラのエンコード指定業者としても認可を受けています」

DigiCon_Rhozet.JPG
デジコンではRhozetトランスコード技術を用いたNTTアドバンステクノロジ製のトランスコーダを使用している。Rhozetトランスコーダに、NTT研究所製ARIB対応H.264エンコードエンジンがデフォルトで追加されている。

デジコンでは、コンテンツ事業者の要望に応じて各種ファイルへのトランスコードを行っているが、現在はアクトビラ向け、Web配信用成人向けコンテンツ、インターネットカラオケ、デジタルサイネージ向けなどが多いという。事業者によっては、指定エンコーダがあったり、エンコードパラメータが指定されたりすることもあるため、デジコンでは、Harmonic製DiviComエンコーダ、Optibase製MovieMakerエンコーダ、朋栄IBE製HVP-100トランスコーダなど、各種エンコーダ/トランスコーダ製品を揃え使い分けており、最近Rhozetのトランスコーダ技術を導入した。

「今回は、RhozetトランスコーダにNTT研究所が開発したARIB対応H.264エンコードエンジンを組み合わせたパッケージとして、アクトビラ向けのトランスコードと動画検証を行うために導入しました。各種コーデックに幅広く対応でき、出力品質も高く、安定動作するトランスコーダであることが決め手となりました。RhozetトランスコーダでアップルのQuickTime ProResコーデックやトムソン・カノープスのCanopus HQコーデックを読み込んで、NTT研究所のH.264エンコードエンジンを利用できますから、汎用性が高いですね」

特に最近急激に増えてきた映像素材は、ProResやCanopus HQといった制作用コーデックのものだという。Windowsベースのトランスコード製品ではQuickTimeに対応した製品が少ないということもあって、Rhozetトランスコーダの幅広い対応コーデックは重宝しているようだ。

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2010-03-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Transcode]03: HP Z800によるRhozetトランスコーダ導入検証レポート

VTRによるリニア編集からノンリニア編集になり、1インチやD2、スイッチャー、DVE、編集機、ミキサー、テロップなど、高価な上に大きく重たい機材から開放された。こうした機材は、スペ... 続きを読む

[Transcode]01: ワークフローの作業効率を改善する「トランスコーダ」

トランスコードは、ファイルベース・ワークフローに欠かせない作業であり、作業を効率化する鍵を握るのがトランスコーダの役割であることを、『00: ファイルベースで重要性を増す「トランス... 続きを読む

[Transcode]00: ファイルベースで重要性を増す「トランスコード」

ファイルベース・ワークフローが一般化してきた。Inter BEE特集や実際の会場を見渡しても、その関心の高まりは顕著だ。ファイルベース・ワークフローが普及するようになってきてから、... 続きを読む

特集記事

After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2015 Inter BEE 2015
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2015をレポート。
InterBEE2015の歩き方 InterBEE2015の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2015の歩き方」を紹介。
CEATEC2015 CEATEC2015
日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会 CEATEC JAPAN 2015をレポート。
IBC2015 IBC2015
オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催された、欧州最大の国際放送機器展 IBC2015をレポート。
SIGGRAPH2015 SIGGRAPH2015
世界最大のコンピューターグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会 SIGGRAPH2015をレポート。
QBEE2015 QBEE2015
福岡国際センターにて開催される、九州最大のプロフェッショナル向け業務用・放送機器展 九州放送機器展(QBEE)をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bulow III
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2015」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。

トップ > 特集 > [Transcode]02: アクトビラへの対応でRhozetトランスコーダを活用