PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [USTREAM最終案内]Vol.00 隆盛するUstreamの正体を探れ!

News

[USTREAM最終案内]Vol.00 隆盛するUstreamの正体を探れ!

2010-07-25 掲載

Ustream元年

今年はまさにUstream元年だ。さながらこの夏の猛暑の様な熱狂ぶりである。すでに関連書類は6冊を超え、Ustream上では日々ライブ中継が行われ、毎日ドラマが起きている事は言うまでもない。Ustreamは、誰でもが簡単に生中継できるサービスだ。あらかじめ用意された機材をセッティングして放送する時代から、気が向いたときに、自分のiPhoneやノートPCから気軽に生中継をスタートできる時代である。メディアが多様化すればするほどライブに関心が向くことを感じる2010年、このUstreamによる生中継は世界をどう変えていくだろう?

PRONEWSでは、2009年のInterBEEで「PRONEWS.tv Live」をUstream経由で配信したことは記憶に新しいはずだ。その後2010年1月のInternational CESでソニーが記者発表中継に活用したり、NABshow2010でも多くの企業がUstreamで生中継を独自に行っていた。またソフトバンクが決算IR説明会に利用した。それを皮切りに上場企業でもUstream採用が増えている。当然そこに映し出される映像は、やはり映像のプロが押さえたものが多い。しかし、企業側でも、従来の放送局向けの中継ソリューションほど機材コストをかけなくともUstreamが実現する事を知っている。そのため中継ソリューション分野でも同様に、「ローコストで高品質」はお題として掲げられる事が多い。今後は低価格のノンリニア編集ソフトウェアがプロ映像制作にも活用されたように、企業向け中継ソリューションがプロ市場でも受け入れられる可能性も出てくる事も時間の問題だろう。これからの映像クリエーターはこのUstreamの有効活用も考えていく必要があるだろう。それはもちろん実験の場であったり、発表の場であったり。そしてビジネスの場として。映像を生業としているなら、ストリームともにそこにお金のストリームがないと意味がない。

これはメディアの革命なのか?

Ustreamは、確かに映像メディアではあるが、似て非なるメディアである。それは、ソーシャルラインというTwitterとの連携だ。Ustreamは、Twitter連携により、ソーシャルラインが解放され、その場の空気感を視聴者が共有することを可能にした。しかしメディアの革命ははじまったばかりである。twitterを筆頭としたWeb上のリアルタイム革命の潮流の最先端に「Ustream」というサービスは属する。その特性をとらえておく必要がある。ライブでその状況をどう編集し、コミュニケーションをとるか?を考えることがこのメディアのポイントかもしれない。もちろんプロ映像業界においても静観してはいられない。そしそんな2010年現在、Ustreamの世界の可能性を実際に現場で活躍する人々から探ってみた。ラインナップは以下の通りだ。

  1. Ustreamerが語るUstreamのメディアの可能性とビジネス化とは?
  2. 映像人がネットライブ配信時代に対応する幾つかの方法
  3. 安定した配信に向け、ライブ機器を提案するローランドを訪ねて
  4. スイッチオンで中継開始するCEREVO CAM~ネットライブ配信時代に現れる新しい機材
  5. ネットライブ配信の要は、「音」、音にまつわるいくつかの法則
  6. USTREAM Asiaが著作権管理団体と包括契約、いよいよ本格始動

[ Category : ]
[ DATE : 2010-07-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[USTREAM最終案内+]Vol.03 USTでシネルックを実現する新しいライブメディアの楽しみ方

Ust光学部、発足!新しい表現を求めて! USTREAMで味わい深い映像をどうぞ!ただし音声はオフになっています 高画質で配信するのは、スペック競争でしかなくつまらな... 続きを読む

[USTREAM最終案内+]Vol.02 skmtsSocial Projectにみるライブメディアの新たなビジネスモデルとは?

坂本龍一ソウル公演におけるUSTREAM活用が、音楽ビジネス、そして映像コンテンツのあり方を変える!? 今年に入って、ソーシャルメディア"Facebook"の創設秘話を描いた映画『... 続きを読む

[USTREAM最終案内+]Vol.01 マスメディアを補完するライブジャーナリズム

様々な面で活躍するライブ配信の現在 連日テレビや新聞に踊る凄惨な状況。日々伝えられている東日本大震災の状況。3月11日を境に、何もかもが一変してしまった日本。被災地の方でなくともそ... 続きを読む

[USTREAM最終案内]Vol.06 USTREAM Asiaが著作権管理団体と包括契約、いよいよ本格始動

txt:秋山謙一(イメージアイ) ソフトバンクが、Ustream(米カリフォルニア州)に対し2,000万米ドルの出資を行ったと発表したのが2010年2月2日。3月28日にはソフトバ... 続きを読む

[USTREAM最終案内]Vol.05 ネットライブ配信の要は「音」、音にまつわるいくつかの法則

須藤 高宏(マイクロサウンド) 増えるUstream中継の中で... 通常音にまつわる仕事を筆者は、しているのだが、最近は、Ustream中継で音を多く担当する事が多くなってきた。... 続きを読む

[USTREAM最終案内]Vol.04 スイッチオンで中継開始するCEREVO CAM~ネットライブ配信時代に現れる新カメラ

秋山謙一(イメージアイ) USTREAMスタジオの開設で、日本でも本格的にUSTREAMが受け入れられてきている。iPhoneアプリケーションのUSTREAM Live Broad... 続きを読む

[USTREAM最終案内]Vol.03 安定した配信に向け、ライブ機器を提案するローランドを訪ねて

秋山 謙一(イメージアイ) WebカメラとPC/Macを用意してUSTREAM Broadcasterや無償配布のUSTREAM Producerを試してみると、Webツールなのに... 続きを読む

[USTREAM最終案内]Vol.02 映像人がネットライブ配信時代に対応する幾つかの方法

txt:岩沢卓(バッタネーション) Ustreamを中心に盛り上がりを見せてきたネットライブ配信。この記事を読んでいる方でも、ライブ中継の相談を受けることが多くなっているのでは無い... 続きを読む

[USTREAM最終案内]Vol.01Ustreamerが語るUstreamのメディアの可能性とビジネス化とは?

先日Ustreamに関する書籍を上梓し、数多くのUstreamで生中継を行うUstreamerの株式会社ヒマナイヌ川井拓也氏に話を聞いた。ヒマナイヌ社は、映像をベースにした会社であ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [USTREAM最終案内]Vol.00 隆盛するUstreamの正体を探れ!