PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2011]Vol.02 ハリウッド勢とCM勢が活躍。Computer Animation Festival と SIGGRAPH Dailie…

News

[SIGGRAPH2011]Vol.02 ハリウッド勢とCM勢が活躍。Computer Animation Festival と SIGGRAPH Dailies!

2011-08-17 掲載

1 2
Txt:安藤幸央

注目のComputer Animation Festivalから

CG(コンピュータグラフィックス) とインタラクティブ技術の学会・展示会である SIGGRAPHでは、CGを駆使した映像作品を集めたCAF(Computer Animation Festival)が注目のイベントだ。そのCAFの中からよりすぐった短編映像作品を約2時間、Christie社製定番のシネマプロジェクタCP2230でシアター鑑賞するElectronic Theaterが毎晩開催される。昼頃の時間にも開催されるマチネーや、3D作品の上映もあった。

また世界の第一線で活躍するアーティストやプロダクションの製作事例が聞けるProduction Sessionsも、CAFのイベントの一つである。さらに一昨年から始まった、Real-Time Live!も開催された。これは制作済みの映像だけではなく、ゲームグラフィックスや、Webグラフィックスを取り上げるものだ。さらに今年からの試みとして、映像作品の作者がその映像のメイキングや勘所を約3分という短い時間で紹介するエキサイティングなイベントSIGGRAPH Dailies!が実施された。これは論文発表で好評を博している人気イベントPapers Fast Forwardの映像版と言えるものだ。

全体としては、予算の規模もあり、ハリウッド映画のCG/VFXを手がけるCGプロダクションが相変わらずの勢いを持つ。映画はトランスフォーマー3、Super8、Green Lanternなどから。その一方、少人数/小規模のアーティスト作品やテレビCMの特殊効果も健闘していた。またCMプロダクション、UK/NY/LAを中心として活躍するThe Millと、NYを拠点とするPsyopの躍進が目立った。

これらのCAF周辺から、いくつか印象的な映像を紹介しよう。

Black Beetle: Volkswagen Commercial

制作:The Mill

カブトムシに似ていて親しまれているフォルクスワーゲンの新型ビートルを、車ではなく、カブトムシそのものとして描いているCM映像。ビートルの小気味良さが伝わりつつも、車が一度も出てこない印象的なCMだ。スタジオの中に実際に森のセットを作ってCG合成したメイキング映像はこちら。

Chrysaora

chrysaora-screenshot.jpg

制作:Aleksandar Rodic(Savannah College of Art and Design)

Webブラウザ上で三次元グラフィックスを実現する技術WebGLを用いて制作されたくらげのシミュレーション映像。海底で光をうけてうごめくリアルなくらげの動きを表現している。インタラクティブ性のあるWeb映像作品。

http://chrysaora.com/

SandCanvas:New Possibilities in Sand Animation

アニメーション技法の一つに砂を使って描いたアニメーションがある。ガラス板の上に砂を薄く敷き、少しづつ絵を描きつつコマ録り撮影する。砂を使ったアニメーション風の映像が手軽にデジタルで制作できるのがこのSandCanvasツール。 SIGGRAPH Dailies!の中で紹介され拍手喝采を浴びていた。

http://sandcanvas.com/

quite & orange – cdak

コーダー:ized

デモシーンからの映像。デモシーンで活躍する米国のアーティスト集団によるもの。巨大な建造物を描いたかのような建築系の映像でありつつも、没入感が素晴らしい作品。Chaos Constructions 2010というデモイベントにて64k/4k compoという極小のプログラムサイズ部門で受賞している。その他、今年から新設されたDEMO部門では多数の良質映像が入賞している。

http://capped.tv/playeralt.php?vid=quite_orange-cdak|mq

AT&T Commercial – Whole New World

制作:Psyop

CMとは思えないほどの、一つのアニメーション作品として見ることのできるCM作品。今居る領域を飛び出して、新しい世界に!というテーマのCMは、ESPNの3D立体視によるサッカー報道のために作られた三次元立体視CM。立体視対応の映画館等でも上映されるそう。

1 2

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-08-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2011]Vol.05 各種セッションとBOF、ユーザー会、Job Fairなど盛りだくさん

Txt:安藤幸央 SIGGRAPHでは、数多くのセッションや展示が同時並行で開催され、例えばアート、ゲームなどと分野を絞ったとしても、なかなか一人では全ての情報を網羅することはでき... 続きを読む

[SIGGRAPH2011]Vol.04 盛り上がるExhibition。156社の展示ブースが出展

Txt:安藤幸央 Exhibition (展示会)は製品アピールと、リクルーティングの場 Pixarブースのリクルーティングコーナー。インターンを希望する学生などが押し寄せていた ... 続きを読む

[SIGGRAPH2011]Vol.03 未来を先取りする論文発表

Txt:安藤幸央 映像技術進化の要。SIGGRAPH論文発表トピックス CGとインタラクティブ技術の学会/展示会であるSIGGRAPH、その本流となるのはやはり学会らしく論文発表で... 続きを読む

[SIGGRAPH2011]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2011開催!

Txt:安藤幸央 気鋭のCG映像が勢揃い Computer Animation Festival (SIGGRAPH2011) 夏といえば、SIGGRAPHの季節だ。SIGGRAP... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2011]Vol.02 ハリウッド勢とCM勢が活躍。Computer Animation Festival と SIGGRAPH Dailies!