PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS課題図書]Vol.01 今こそ動画活用のススメ

News

[PRONEWS課題図書]Vol.01 今こそ動画活用のススメ

2011-08-30 掲載

Txt:ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケと申します。ビデオブロガーとして活動しております。もしユーチューブなどで「ジャジャン!」のかけ声とともにプロダクトを紹介するオッサンがいたら、それはかなりの確率で私かもしれません。

ジェットカットという独自スタイルの編集(所謂ジャンプカットの多用)を駆使したビデオブログ

日本における動画活用の盲点

お仕事でもIT業界に腰かけながら動画にまつわることをやってきました。近年ですと某ECサイトや某テレビ番組などなどにまつわる動画投稿サービスの立ち上げ・運営なども。またそういった経験を踏まえて、インターネットでの動画活用についてコンサルやコーディネートもしております。さてそんな私のもとにやって来る相談のなかで、とても気になっていることがあります。それは…日本人はなぜ顔出ししないのか?

顔出しといっても妙な意味ではありませんよ。自分自身の顔を出してビデオを撮るという習慣はないのか?なぜそういったスタイルが定着しないのか?という疑問です。私自身のビデオブログはほとんどが顔出しですから、それは考えてもみませんでした。言われてみれば確かにそんな気が。「日本人はなぜ?」ということからもお解りの通り、海外の方は対照的に顔出しで意見を述べるのが一般的だと思われています。一口に海外といってもユーチューブなどはほぼ欧米のユーザが大半でしょうけども、確かにその界隈の動画を観てみれば、顔出しで話している人々のなんと多いことか。

実名主義にみる個人露出の問題

思えばフェースブックの実名主義についても、日本では定着しないのではないかと議論されたほど、日本の方々はウェブ上で自分のことを晒すのに抵抗があるようですね。グーグルマップで家の表札が写っているということすら問題視されるお国柄です。ましてや「出る杭は打たれる」ことを半ばあたりまえにとらえている社会ですし「個」を出していくというのはそもそもの文化的背景からして難があります。これでは顔出しなど言語道断といった雰囲気すらなきにしもあらず。

その証拠に、私の動画を視聴した方から「なんで顔出してるの?」といったコメントが届いたこともあります。顔出しという行為が不思議にすら思える…それが日本の動画事情なのかもしれません。ちなみに私がなぜ顔出しするかといえば、そこにオリジナリティが芽生えるから。いや極論を言ってしまえば、そこにだけオリジナリティが存在するのです。

インターネットというのはある意味シンクロニシティを可視化するメディアと言えます。昨日は奥秩父でキャンプしたとか、今日はスパゲティ茹でながらビール飲んでるとか、明日は誰某のコンサートに行く予定だとか。そんな他愛もないことを発信し続けることによって、案外同じことをしていたり、似たようなことを思っている人々に巡り会うこと多々です。

顔出しとは、オリジナリティーということ

そんな時代のライフログはどうあるべきかを考えた結果、私の場合は顔出しではないかと考えるに至りました。どうせ誰かと同じことをやって同じことを思っているなら、自分自身であることを簡単に表明できるのは顔出し以外ないという結論です。私はやることも発想も人並みで月並みだから、他人様とちがうオリジナリティがあるのは顔くらいのもの。せっかく日々がんばってログを残すんだから、自分の痕跡をあとで探しやすい方がいいじゃない?

ところで面白いデータがあります。顔出し動画を公開し続けるなかで判明したことですが、動画のサムネイル画像に顔が出ているものとそうでないものとでは、再生回数に二倍以上の開きが出ることが多いのです。先々月開催されたユーチューブ・パートナーフォーラム2011の壇上でその点について言及したところ、グーグルの担当者の方も確かにそういった統計があると仰っておりました。自分では顔出ししない文化であっても、顔を出してる他人については関心が高いと言えますね。

顔出ししなかった動画事例。冒頭に掲載した動画とくらべて再生回数が1/4程度しかありません。自分では気に入ってる動画だけにショック…

他にも個人的に色んな統計をとってますが、諸事情により詳細は書きません。少しご紹介しますと、最も顕著なのはCTR(クリック・スルー・レイト)とか決定率とかの類いに著しい向上が見られるということ。おそらくは顔出しによる信頼度の向上がおもな理由かと考えられます。選挙となればどの候補者も「顔」写真のポスターを掲示するのはご存知の通り。顔を出さずに選挙戦を勝ち抜ける人はまずいないでしょう。反対に顔を出さない候補者がいれば、不信感にすらつながりますよね。アニメやドラマに登場する悪役や黒幕では、はっきり顔を表に現さないという演出が多くみられます。

企業活用するなら…?

広報さんが顔出しで自社について語る事例

近年ではニコニコ生放送やユーストリームにて、若い世代を中心に顔出しする日本人も増えています。動画共有サービスではいまいち定着しにくい顔出しですが、ライブストリーミング動画においては、よりコミュニケーション色が強いためではないかと考えています。顔を隠す人と進んでコミュニケーションとりたいという気持ちにはなりませんからね。

現在、企業やブランドによるソーシャルメディア活用が流行してますけども、担当の皆さんが痛切に感じてらっしゃる通り、ただ単に「始めました」ではお話になりません。

  1. 第一に関心を持ってもらうこと
  2. 信頼を得ること
  3. そのうえでコミュニケーションを楽しむ

というのが定石かと思います。もし動画も含めての施策であれば、上記3点を兼ね備えた「顔出し」動画をぜひご検討ください。社長が、広報が、マーケターが、開発者が、自ら語る動画をユーザは待ってますよ(多分)。

内覧会にて、営業さんへの顔出し取材事例

余談ですが、ジェット☆ダイスケのフォロワーを標榜する小中学生が、私と同じようなスタイルで顔出し動画を公開するという事例もいくつかご報告いただいております。ありがとうございます。そうでなくとも子供たちによる顔出し動画率は、大人のそれ以上に見受けられます。物心ついたときからソーシャルメディアなどで馴したデジタルネイティブ世代は、旧世代の意識とはまったく違っているということでしょうね。

ジェット☆ダイスケ

主にデジモノ紹介ビデオブロガーとして活動、ネットでの動画活用によるマーケティングが専門。アルファブロガーアワード2009受賞。ビデオアート系の映像作家として受賞歴・海外上映なども有。
http://gajetdaisuke.com/


Vol.00 [PRONEWS課題図書] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-08-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS課題図書]Vol.07 ライブ配信新時代〜ポートレートストリームはモナリザの夢を見るか?

Txt:川井拓也(ヒマナイヌ) 2011夏、ライブ配信の新しいカタチはじまる 映像は絵画からはじまり、写真へ、そして映画、テレビと進化してきました。絵画の時代はキャンバスの大きさや... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.06 新しい映像の世界「インタラクティブ」を押さえるべし!

Txt:野澤智 テレビや携帯、はたまたウェブなど日々様々な場所で私たちがふれる「映像」。従来からそれは存在していたけれど、最近特に顕著な変化が見て取れるようになってきている。その変... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.05 『色』について考える。〜カラーコレクション再考

Txt:石川幸宏 「色」の事、気にしている? 自然の風景も街の装飾も人々の服装も、海外に比べて目に入ってくる景色のコントラストが低い日本では、これまで映像の色に関する意識が低かった... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.04 映像とARについて考える夏2011

Txt:川田十夢(AR三兄弟) 映像とAR。その未来を考える PRONEWSをご覧のみなさま、はじめまして。公私ともに長男、川田十夢です。僕のことをご存知ない方は、まずこの冒頭の自... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.03 iPhoneで震撼した新しい番組制作の世界

Txt:小池明彦 歴史は繰り返す この夏の暑さで仕事がはかどらず環境を変えてみようと入ったとある喫茶店。店内を見回すと多くの人が携帯電話を操作している事に改めて驚きます。携帯電話が... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.02 いまイケてる世界のコマーシャル ~Cannes Lions 2011の向こうに

Txt:河尻亨一 Script 2.0とでも言えばいいのだろうか カンヌクリエイティブ祭に行ってきました(もう2ヶ月前ですが)。カンヌ取材には2007年から参加してますが、今年はフ... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.00 「映像について考える夏2011」

Txt:猪蔵(PRONEWS) 映像に関する幾つかの疑問...。 ふと日常に目をやると映像がいくつもの場所に点在する。311以降明るい話を聞かず、停滞感は否めない。しかしながら映像... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [PRONEWS課題図書]Vol.01 今こそ動画活用のススメ