PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [TRUE 4K]Vol.05 キヤノン4Kディスプレイ開発チームに訊く

News

[TRUE 4K]Vol.05 キヤノン4Kディスプレイ開発チームに訊く

2014-03-27 掲載

4Kコンテンツの制作にあたり、撮影現場からポスト作業まであらゆる場面で叫ばれているのが、4Kディスプレイによるリアル4K視聴だ。今後4K制作を推し進めるにあたり、フォーカス問題も含めて、4K解像度での視認は重要不可欠な問題でもある。キヤノンは2012年の春、4KカメラのEOS C500を発表した際に、そのポテンシャルを現実化すべく、同社初の4Kディスプレイを技術展示として参考展示してきた。その後、しばらく具体的な製品発表はなかったが、昨年のInterBEE2013で、ついに業務用30型4Kディスプレイ「DP-V3010」を正式発表、2014年1月28日に正式発売となった。

TRUE4K_04_01.jpg 昨年のInterBEEで満を持して正式発表された業務用30型4Kディスプレイ「DP-V3010」

キヤノンとして新たに参入する映像制作用ディスプレイの市場で、その高い画像技術を推進し始めたことは注目で、まして4K時代の到来を告げているこの機に、4Kのディスプレイ製品を出して来た事には業界的にも多いに意義のある出来事だと言える。本製品開発に関わったスタッフに製品発表の沿革と開発エピソードなどを訊いた。

TRUE4K_04_Canon4KDis.jpg 写真左から、ディスプレイ事業推進プロジェクト 部長 小松秀之氏
ディスプレイ事業推進プロジェクト チーフ 和愼一氏
ディスプレイ事業推進プロジェクト 担当課長 秋元利之氏
ディスプレイ開発センター 主任研究員 余西理氏
――キヤノンとしては、初の映像制作用ディスプレイで、しかも4K解像度を持つ「DP-V3010」ですが、開発までの経緯についてお聞かせ下さい。

和氏:元々キヤノンとしてディスプレイ製品を作りたいという願望は長い期間持っていまして、実は4Kありきで開発を進めて来た訳でなく、最初の発表の機会がちょうどタイミングとして、「4Kディスプレイ」という製品になった、ということなのです。ディスプレイは映像・画像制作において重要な要素となる製品ですので、いずれは自社製品として世に出したいという気持ちはずっと変わっていませんでした。それがいまのディスプレイ開発にあたっての基礎となっています。その中でどういったディスプレイを作ろうか?という議論になったとき、すでに世の中にある優れたデバイスである液晶を選択し、その上で当社として特徴のあるディスプレイを作ろうという方向性になりました。

ちょうどそのころ社内ではEOS C500 / 4Kカメラの設計開発が進められていたため、「業務用ビデオカメラ」を使用する映像制作のプロが求める「最高画質の業務用ディスプレイ」という組み合わせを考えていこうということになり、これが具体的な製品化へのスタートとなったわけです。結果として、この製品の完成は、4Kというこれから拡大していくであろう市場に新規参入する機会と考えて、今回の発表になりました。

――「DP-V3010」の製品としての特徴は?

和氏:なるべくキヤノンの技術の特徴を出して行きたいという事で、16:10というアスペクト比を採用しています。これは、当社が開発するディスプレイ製品として、必ずしもシネマサイズにピッタリということではなくてもいいのでは?という点と、もう一つはキヤノンにはEOSという一眼レフカメラの歴史があり、4K以上の解像度は元々あって、しかもアスペクト比も限られているものではありません。やるからにはキヤノンの持っている入力装置(カメラやビデオ)のアウトプットとして、相応しいものを作りたい、それには必ずしも現行の映像アスペクト比(=16:9)に縛られたディスプレイでなくても良いのでは?という判断もあり、16:10の今回の製品が生まれました。

また、キヤノンの入力装置の最大の特徴はレンズです。この高性能レンズ群の特徴を最大限に引き出し、忠実に再現しなければならないというところを目標にこのディスプレイは開発されています。そのため、パネル本体が既存のものですと、どうしてもその再現力に欠けるため、設計部分ではカラーフィルターも含めてキヤノンとパネルメーカーとの共同設計により新規開発したものを採用しています。

またバックライトについても既存の製品ではなく、キヤノンが求めるレベルのポテンシャルを引き出すために独自設計を施しています。さらに画像処理のLSIについては、膨大なデータ処理を可能にするために独自に新規開発したLSIを採用しています。4Kのディスプレイということ以前に、現時点で最高性能のディスプレイをどうやったら作れるのか?というところをポイントに注力されて開発した製品なのです。

――ハリウッドの画づくりというのは参考にされたのでしょうか?

和氏:ハリウッドの意見としては、CINEMA EOS SYSTEMの営業部門が現地に拠点を持っているので、そこからのフィードバックを一部取り入れています。今回の製品は、放送用というよりもシネマ用ということでDCI規格にチューニングされていますので、4Kデジタルシネマを最高峰の画質と捉えて製品開発してきました。

TRUE4K_04_03.jpg 付属のディスプレイコントローラー
――コントローラーにASC CDLの切り替えスイッチがあるのは、これまでにないユニークな特徴だと思いますが、ユーザーの反応は?

余西氏:開発当初、ASC CDLの存在を認知していましたが、まだ開発の時点ではこれを付ける意味があるのかどうかの議論がありました。実際にユーザーの間でASC CDLが今後どれほど普及していくかは、我々にも予測できていなかったのですが、製品発表段階を迎えた昨年には、一般的に広まってきたこともあり、タイミングとしては付けておいて良かったと思っています。

小松氏:3年ほど前にハリウッドに行って映画関係者等へのヒアリング調査をさせて頂いたときに、ASC CDLへの対応などのご意見を頂き、こうしたニーズを取り込んでいこうということで搭載された機能です。昨年のInterBEEの際に海外メディアの方々にもこのディスプレイを見て頂き、ASC CDL機能の搭載に加えてコントローラー部分の操作性に対しても高い評価を頂きました。

――映画用に開発された製品ですが、放送用ディスプレイとは差別化されているのでしょうか?

和氏:この「DP-V3010」は、あくまで画像品質確認用の映像モニターとしての使用を想定し開発した製品です。今後のラインナップ展開を図る中でしっかりやって行こうと考えています。

秋元氏:現在、放送の業界では4Kになってフォーカスをどうやって合わせるのか?から始まり、映画業界のいわゆるポストプロダクション的な工程を入れなければならないという流れがあるようで、実際にASC CDLを使ってポスト作業を行ったという番組も実際出て来ているようです。本製品は映画業界をターゲットにして開発したディスプレイではありますが、テレビ業界の4K化が始まっている中で単に高解像度化するだけでなく映画的な画づくりが普及してきている流れにはフィットしたのかなと思っています。

――「16:10」という画角について

和氏:この部分は社内でもかなり議論して迷ったところです。2010年に一度試作した際には、16:8.4というサイズで試作モデルを作ってみたのですが、デジタル一眼のスチル画像の基本が3:2、コンパクトデジカメや従来のフィルムの画角が4:3など、様々なアスペクト比が存在している中で検討した結果、やはり16:10が最も使い易いだろうという結論に至りました。

ディスプレイの開発にあたってのアスペクト比の問題は非常に迷う要素だと思っています。社内でも開発の初期段階では多くの議論がありました。アプリケーションとして必要とされるアスペクト比はモノによって様々に存在するので、今回は汎用性も高くて使い勝手がよいということで、この16:10を採用するという結論に至ったのです。

TRUE4K_04_02.jpg

秋元氏:16:9または16:8.4の画を表示した際に、16:10を採用したことによる黒帯部分に、画に被らずにタイムコードや色調整のデータ等、様々な情報表示ができます。この点においては、様々なところでデモをしてみますと、多くの方からこれは便利!発想として面白い!というご意見を多く頂いています。今後もメタデータの表示可能な種類を拡げるなど、そこを上手く使っていくことでワークフローの改善に貢献出来るのではないかと考えています。

――高解像度の静止画を扱うという点で何か考えはありますか?

余西氏:Display Portのインターフェースを付けたり、Adobe RGBの色域にも対応しています。また、従来ポストプロダクションにおけるモニターキャリブレーションというと、ホワイトバランス調整程度までだったと思われますが、このモデルではもっと細かい設定も可能なPCレスキャリブレーション機能を搭載しています。映画制作などでCGや合成処理等が多用されている現在、高画質な静止画は必須と考えますので、細かい設定を必要とされる静止画ユーザーの方々にも利用価値の高い製品になっていると思います。

――今後のラインアップとして民生用や下位機種などの考えはありますか?

和氏:下位機種や民生機に近い安価なモデルの需要があることは良く理解していますが、現段階では、そういった製品を計画する予定はありません。高画質な映像が求められるハイエンドのユーザーの皆様が持つニーズにこたえるための製品開発を行っており、その考えに基づいたラインナップを揃えて行きたいと考えております。

Txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.04 [TRUE 4K] Vol.06

[ Category : ]
[ DATE : 2014-03-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[TRUE 4K]Vol.07 4Kのこれから

4Kは、現状の映像界において必然としてやって来る次世代プラットフォームだが、それは過去に2011年7月の地デジ化に向けて行われてきた、SDからHDへと進化した時のそれとは大きく異な... 続きを読む

[TRUE 4K]Vol.06 TRUE 4K座談会〜4Kその先に見えるもの〜

いよいよ実働期に突入した、4K制作。その仕様はまだ明快な回答がない中で、実際の実働状況はここ2年の間で明らかに変化してきている。今回の特集をまとめるにあたり、実際に4K撮影を行い、... 続きを読む

[TRUE 4K]Vol.04 ソニー 4KハンディカムFDR-AX100開発陣に訊く

ソニーが3月14日より発売を開始した4Kハンディカム“FDR-AX100”。これまで通りのハンディカムサイズでありながら、4K(UHDで30pに絞りこんだ仕様)領域が撮影可能な次代... 続きを読む

[TRUE 4K]Vol.03 コンスーマ&業務用ビデオにおける4K事情

4Kというと、これまではシネマのようにハイエンドの映像産業のモノというイメージが強かった。日本では今年から4K放送が始まるとはいえ、まだまだ4Kで収録するコンテンツは限られているし... 続きを読む

[TRUE 4K]Vol.02 「4Kの光と影」BEN MATSUNAGA氏インタビュー

日本よりもかなり昔から、ハリウッドではフィルムの時代より4K以上の大型映像制作が行われて来た。とはいえハリウッドでさえも、いまだに2Kでの作品仕上げがほとんどで、実際に4K以上の映... 続きを読む

[TRUE 4K]Vol.01 4Kカメラ / その沿革と現状

4Kカメラ〜その沿革と現状を見てみる 2003年のNABShowに出展されていたDALSA Origin4Kカメラ すでに業務用としてのカメラ、とりわけシネマカメラと呼ばれるカメ... 続きを読む

[TRUE 4K]Vol.00 本格化する4Kを再考する

走り始めた4Kの実情 映像業界全体としても4Kという目標値が定まってきた2014年。実際にInternational CESやこれから開催間近のNABshowなど相次ぐ機材展示会で... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [TRUE 4K]Vol.05 キヤノン4Kディスプレイ開発チームに訊く