PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE 2014]Vol.04 まだまだあるぞ新製品。今使う最新製品たち

News

[QBEE 2014]Vol.04 まだまだあるぞ新製品。今使う最新製品たち

2014-07-07 掲載

txt:黒田伴比古 構成:編集部

ひきつづきお伝えしていく九州放送機器展。HD放送が始まっておよそ10年。放送局やプロダクションは設備更新の時期を迎えている。となると4Kがどうのというよりも、今使う製品が必要となってくる。今あるニーズを拾い上げる、新たな機能を追加する、さまざまな形で答えを出した製品が九州放送機器展にはあふれていた。

朋栄 | ファイルベースソリューションを担う新製品群

QBEE2014_02_FOR-A_0311b.jpg QBEE2014_02_FOR-A_0504b.jpg QBEE2014_04_FOR-A_0515b.jpg

放送局のファイルベースに向けた製品のほか、テロップシステム、スイッチャーなど放送にかかわる数多くの製品を展示した朋栄では、新製品のマルチチャネルビデオサーバMBP-500VSを核としたインジェスト、送出システムのほか、LTO-6に対応したアーカイブ向けLTOサーバLTS-60のほか、滑らかなフレームレート変換を実現するPremiere Pro対応のプラグインソフトウェアFRC Premiere Pro Export Plug-inやテロップシステムの紹介など幅広い展示が行われた。

QBEE2014_02_FOR-A_0498b.jpg

なかでも多チャンネルビデオサーバーMBP-500VSは4系統の入出力を装備したビデオサーバーで、たとえばインジェスト用に2入力、送出用に2出力のような構成で、インジェストしたファイルを編集した後編集済みのファイルを同製品に転送、送出ポートから送出するといったファイルベース化を一台で実現している。

QBEE2014_02_FOR-A_0513b.jpg QBEE2014_02_FOR-A_0512b.jpg QBEE2014_02_FOR-A_0510b.jpg

そのほか、フローベル社の高感度ハイビジョンカメラHBC-3600を展示。1ルクス程の暗闇で色情報を失うことなく撮影できるというデモンストレーションを実施。優れた高感度性能で、セキュリティ用途や報道用途などで提案していきたいとしている。

黒田’s eye | これは見逃せない!キラリと光る逸品たち

およそ3,500平方メートルの広さの福岡国際センター1階に100以上のブースが並ぶ九州放送機器展。その会場で筆者の目に留まった気になる製品・サービスたち。書き漏らすには惜しいので、ここにまとめて紹介させていただこう。

■リーダー電子
QBEE2014_04_Kuroda_0435b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0428b.jpg

リーダー電子のブースには、QuadSDI入力による4K対応のマルチ波形モニターLV5490が登場。本体の液晶パネルはフルHD、SDI出力から外部HDモニターに測定画面を出力することもできる。表示領域は従来製品の田の字配列だけでなく、USBマウスを接続して表示領域を変更することができる。

■IDX
QBEE2014_04_Kuroda_0412b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0418b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0419b.jpg

IDXブースでは、開発中の無線LAN映像伝送システムCW-F25を展示。外部アンテナをレシーバーに装着すると、見通し2km程度の伝送が可能。また、一方向の伝送だけでなく、リターン映像、インカム系統の送り返しもできる。年内の商品化を目指している。

■アストロデザイン
QBEE2014_04_Kuroda_0440b.jpg

アストロデザインブースで見かけたのは、放送局が大きな災害により放送局~送信所のSTL回線が途切れて停波することを防ぐための、バックアップシステムCX-5540だ。放送TS信号をIP伝送するための装置で、STL回線が断になった場合でもこの製品でIP伝送する設備を構築しておけば、バックアップ回線となりうるというものだ。また、平常時は逆伝送のバックアップ設備としても使用できるという。

■YAMAHA
QBEE2014_04_Kuroda_0489b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0477b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0475b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0486b.jpg

オーディオ系からは、YAMAHAブース。まもなくバージョンアップが予定されているSteinberg社のDAWアプリケーションNuendo 6.5が先行して登場。Nuendo 6.5ではラウドネス処理を効率よく行うため、ラウドネストラック上のトゥルーピーク部分を赤く表示できるようにし、直感的に修正すべき部分を見つけられるようにしたほか、プロジェクト出力時に指定したラウドネス値にノーマライズして出力する機能などが追加されている。

このほかにもアフレコを簡単に収録できるようにしたADRテイカー2.0や、トラックの表示 / 非表示が簡単に行える機能など多くの追加がされている。Nuendo 6.5の追加機能に対応する形で、YAMAHAのDAWインターフェースNUAGEシステムもバージョンアップされて展示されていた。

■ゼンハイザー
QBEE2014_04_Kuroda_0561b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0563b.jpg

ゼンハイザージャパンのブースには変わったサラウンド収録装置が国内初登場。収録するマイクロホンは同社のMKH 8000をベースにしたSPM 8000というマイクロホンをXY配置にしたもの。当然この状態での録音はXYのステレオ録音だが、このXYステレオを同社のEsferaサラウンドプロセッサーSBP 8000に入力させると、5.1chサラウンドとして出力できるという。音場設定などはPCから設定する。価格は80万円程で、手間をかけずにサラウンド収録を行いたい地方局やプロダクションに提案したいとしている。

QBEE2014_04_Kuroda_0569b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0565b.jpg

また、NEUMANNの新型コンデンサーマイクロホンTLM107は、PAD、ローカット、5つの指向性を持ったマイクロホンだが、LEDが点灯する十字のナビゲーションスイッチで切り替えるというこれまでにない操作性のマイクロホンになっている。

■ディストーム
QBEE2014_04_Kuroda_0348b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0344b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0345b.jpg

ディストームのブースにはNABで発表されたばかりのNewTek社製のインスタントリプレイ装置3Play 440が初登場。4ch入力2出力のリプレイ装置で、T字バーで再生スピードを調整できる。スポーツ競技中継のリプレイ装置の選択肢が広がる製品だ。ディストームといえば、同じくNewTek社のオールインワン映像制作ストリーミングシステムのTriCasterシリーズがおなじみだが、この商品と似て非なるシステムをジャパンマテリアルのブースで見つけた。

■ジャパンマテリアル
QBEE2014_04_Kuroda_0553b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0554b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0558b.jpg

オランダVidiGo社のVidiGo Liveは、タッチパネル液晶もしくは、操作パネルでビデオスイッチャー機能やオーディオミキサーを直感的に操作できるトータルスイッチャーだ。Adobe Flashグラフィックスを素材として使用できるほか、配信制作を得意とするTriCasterに対し、VidiGo Liveは放送に重きを置いたオールインワンスイッチングシステムだという。さらに各機能をコントロールするAPIが公開されているので、自動化アプリケーションなどの開発がユーザーでも可能だという。昨年のInterBEEから取り扱いを開始したそうで、九州には初お目見えだそうだ。

黒田的九州放送機器展2014総論

九州放送機器展を訪れる来場客は、放送・映像関係者や地場企業、学生などさまざまだ。2600名あまりの来場客の中にはご挨拶程度に主要なメーカーだけを見て帰ってしまう人も少なくない。だが、九州放送機器展は小さなブースがたくさんあることを思い出してほしい。実はそこにこそ役に立つ、ニーズにかなう製品があふれているということを筆者は来るたびに実感している。レポート冒頭、九州放送機器展はAfter NABの色合いが濃くなっていると筆者は論じた。確かに海外で行われるNABで華々しくリリースされた製品たちが国内にやってくる。それも国内では比較的早い段階でだ。そのため、そこにどうしても目が行きがちなのだが、ぜひ来年は小さなブースの奥に潜んだお宝を見つけてほしい。


Vol.03 [QBEE 2014] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-07-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

[CES2017]Vol.07 総括:クラウドの波に押し流されるコンシューマの世界

txt:小寺信良 構成:編集部 戦い終わって感じるCES2017 PRONEWS取材班として、筆者が毎年CESの取材に来ていたのは、プロの映像クリエイターにも役に立つ製... 続きを読む

[CES2017]Vol.06 スマートフォン活用で激変する取材スタイル

txt:小寺信良/編集部 構成:編集部 新しい取材スタイルを実践導入するのが恒例。さて2017では? 今年のCESでも取材として多くの写真を撮り、多くの動画を撮影したこ... 続きを読む

[CES2017]Vol.05 テレビが主役ではないCESにおける映像利用の新たなフィールド

txt:江口靖二 構成:編集部 メーカーが考える次の映像運用方法は? CESではすでにテレビ画面だけに閉じた時代ではなくなっているのは明らかで、スマートフォン連携ももち... 続きを読む

特集記事

After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。

トップ > 特集 > [QBEE 2014]Vol.04 まだまだあるぞ新製品。今使う最新製品たち