今回の特集は、前半戦として、ファイルベース収録カメラの基礎をお伝えしてきたが、これから4回にわたって、実際にカメラを取り上げながら、ファイルベース収録について考えてみたい(稲田 出)。

池上通信機テープレスカメラHDS-V10

DSCN5956.jpg 

機能・特徴

同社はビデオカメラの老舗メーカーとして、箱型のスタジオカメラを始めとして局用のビデオカメラを数多く手がけており、業界では定評のあるメーカーである。GFCAM HDS-V10はこうした同社のカメラ技術と東芝のNAND型フラッシュメモリー技術のコラボレーションによるMXFに対応したファイルベース収録可能なビデオカメラだ。

記録フォーマットは、MPEG-2 422@HLで、1920×1080iに対応している。なお、オプションで1280×720pにも対応可能だが、1080iと720pでは異なるCCDを搭載するようになっており、工場出荷時指定である。記録媒体はGFシリーズ専用のフラッシュメモリーパックで16GB、32GB、64GBの3種類が用意されており、MPEG-2 422@HL/I frame only 100Mbpsで最大120分の記録が可能となっている(64GBパック使用時)。また、オプションのコンパクトフラッシュアダプターGFPAK CF ADAPTORにより、一般に普及しているCFメモリーカードを使用することができる。ただし、転送レートの問題もありこの場合の記録フォーマットはMPEG-2 HD LONG GOP 50Mbpsとなり、MPEG-2 422@HL/I frame only 100Mbpsでの記録はできない。

2006年に発売されたEditcam HD(HDN-X10)は、Avid DNxHDの8bit・145Mbitをサポートしているほか、1080i/59.94だけでなく1080i/50、1080/24p、720/60p、720/50pなど全てのHDフォーマットに対応している。このあたりがGFCAMとEditcamのすみわけとなりそうだ。

DSCN5913.jpg DSCN5910.jpg

記録媒体はGFシリーズ専用のフラッシュメモリーパックを採用

コンパクトフラッシュアダプターGFPAK CF ADAPTORにより、CFメモリーカードを使用す可能

   

外観・操作性

外観デザインはEditcam HDを踏襲しており、入出力や操作スイッチなどは機能的な違いから異なる部分はあるがほぼ同様なデザインだ。ホワイト/ブラックバランスやゲインアップ、カラーバー/カメラ、色温度のプリセット、電源といったよく使う基本的なスイッチ類はこのクラスのENGカメラでは標準的な配置で、他のカメラからこのカメラに乗り換えても操作に戸惑うことはないだろう。  

DSCN5898.jpg DSCN5885.jpg

ホワイト/ブラックバランスやゲインアップ、カラーバー/カメラ、色温度のプリセット、電源といったよく使う基本的なスイッチ類はこのクラスのENGカメラでは標準的な配置だ

また、後部には3.5型のLCDモニターが装備されており、記録モードやメモリーの残量、電源、音声レベル、タイムコード情報などが表示され、これを見れば一目でカメラの設定状態が把握できるようになっている。この表示部は記録されたクリップの再生画像確認やサムネイル表示などが行えるので、収録クリップの簡単な整理にも使えるようになっている。

DSCN5877.jpg   LCDモニターが装備されており、これを見れば一目でカメラの設定状態が把握できる    
DSCN5934.jpg DSCN5937.jpg
メニューの階層は深くないので、楽に設定が行えるほか、設定項目もわかりやすい

このあたりの作り込みは、テープベースのカメラからファイルベースのカメラへの移行がスムーズに行える配慮であろうか。テープベースのカメラと簡易再生プレーヤーが一体となったイメージで、メニューも含めテープベースでの運用になれたカメラマンでも違和感なく操作できるようになっている。

GFCAMは主に報道としての用途として設計されているようで、電源を入れてから3秒以内に収録することができるクイックレコーディング機能やRECボタンを押した時点からさかのぼって最大25秒前の映像を記録することができるレトロループレコーディング機能などを備えており、撮り逃しがなく確実な撮影が行えるようになっている。

また、カメラの各種セッティングのメモリーや頻繁に使用するスイッチ機能をカメラ側面のP.FUNCスイッチに割り当てることが可能など、迅速なセッティングや誤操作を防ぐ機能も備えている。 オプションのコンパクトフラッシュアダプターGFPAK CF ADAPTORなども、取材先での記録メディアの確保を考慮してのことであろう。

カメラ内部にキャッシュメモリーをもっており、25秒以内であればメモリーパックを交換しても連続した記録ができるパックレスレコーディング機能をもっているので、テープチェンジのタイミングなどを見計らう必要はなく長時間の撮影が可能だ。また、パックも使いきってから交換できるので、利用効率は高い。

GFCAMは単にテープベースのカメラをファイルベースのカメラに置き換えただけでなく、ファイル記録の利便性を機能追加したようなイメージだ。記録媒体であるGFPAKのサイズも昨今の小型ビデオカメラが採用しているような切手サイズのメモリーではなく、そこそこの大きさをもっており、コートのポケットなどに無造作に突っ込んでも後で探しまわるようなことのない程よいサイズだ。GFPAKにはテープのようにある程度書き込みができるスペースがあり、メモリーの使用量も液晶のバーグラフで常時表示されるようになっており、汎用のメモリーでは絶対に真似のできない専用パックならではの利便性で好感がもてる部分だ。  

DSCN5891.jpg DSCN5947.jpg

カメラ後部のコネクター部分にはビデオ、オーディオなどほとんどのコネクターが集中配置されている

ハンドル下にはメモリーパックのエジェクトボタンやテープデッキを思わせるトランスポート系のスイッチが並んでいる

DSCN5931.jpg DSCN5914.jpg

メモリーパックはテープと同様な感覚でカメラに装填する

メモリーの使用量も液晶のバーグラフで常時表示される