PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]Day03:アフォーダブルの先にあるものは?
Special

[InterBEE2011]Day03:アフォーダブルの先にあるものは?

2011-11-20 掲載

景気低迷が続く中、放送局は広告収入が減り、映画産業も3Dで巻き返しを図ったものの完全復活には至っていない。制作予算は削られてはいるものの、ネットを始めとしたメディアの多様化によりコンテンツは不足気味だ。昨日とは打って変わって雨模様になってしまった最終日18日はこうした現状を踏まえ、アフォーダブルな機材を中心にInterBEE会場で目についた製品をピックアップして締めくくりとしてみたいと思う。

一口にアフォーダブルといっても機材そのものの価格が安くなったということだけでなく、ワークフローの短縮や制作に関わるクルーの効率化など様々だ。撮影から編集、送出までデジタル化が進んだ現在、コンピュターやIT以上にその進歩は著しい。すでに、撮影のかなりの部分は小型ビデオカメラで行われるようになり、レンズ交換が可能なカメラもここ1,2年で各社から発売されている。デジタルシネマにも対応できるカメラもソニー、パナソニック、そして今年はキヤノンから発売になり、こうしたアフォーダブルな撮影にマッチした交換レンズとしてPLマウントのレンズも発表された。

編集システムもすでに個人で購入できる価格になり、オンライン編集のために時間貸しのポストプロダクションを利用することは特別なことになりつつある。ポストプロダクションの業務はMA以外に無くなる方向にあり、映像制作全般を扱うかMAに特化するかの選択を迫られている。編集とMAの距離は短くなりAvidなどは相互の連携を強めているし、グラスバレーのEDIUSなどもシステムの一端末的な扱いだ。そんな状況を踏まえ会場を見渡してみた。

アイコマース
day3DSC_6006 (144).jpg

170°の画角を撮影できる超小型ビデオカメラDRIFT HD。4万円前後の価格はGoPro HD同様トイカメラともいえる価格だが、今まで撮影出来なかったスポーツシーンや仕込みカメラとしては破格といえる。

ソニー
day3DSC_5917 (55).jpg

ソニー3DショルダーカムコーダーPMW-TD300。3D撮影はカメラやリグなどが必要だが、PMW-TD300は通常のショルダーカメラと同等の取り回しが可能。めんどうな輻輳角調節などもオートで撮影できる。200万円台後半の価格帯で発売されている。

day3DSC_5906 (44).jpg

ソニーPMW-F3用PLマウントレンズ。SCL-Z18×140が約100万円、SCL-P11×15が66万ほどで発売される

キヤノン
day3DSC_4930.jpg

キヤノンが参考出展したCINEMA EOS SYSTEM用EFマウントレンズ。焦点距離や明るさなども不明だが価格は既に発売を発表したレンズより低価格だという。PLマウントレンズは要望が多ければ発売を検討するそうである。

北海道日興通信
day3DSC_5835.jpg

北海道日興通信のバーチャルスタジオシステム。セットを組まなくてもCGでスタジを再現できるほか、ARを取り入れ手に持ったマーカーに別のオブジェクトを載せることができる。大掛かりなスタジオセットがなくてもスタジを撮影が可能だ。

day3DSC_6016 (154).jpg
Atomos
day3DSC_5753.jpg

Atomos Samuraiハイビジョンレコーダー。HD-SDI入力でApple ProResコーデックの収録が可能。価格は15万円ほど。

ブラックマジックデザイン
day3DSC_5006.JPG

2,5インチのHDまたはSSDパックに非圧縮HD収録ができるブラックマジックデザインのディスクレコーダーHyperDeck Studio。一般に非圧縮のレコーダーは高価だがHyperDeck Studioは10万円以下。コストパフォーマンスが高いのブラックマジックデザインの特徴とも言える。なお、11月16日のソフトウェアアップデートにより、非圧縮またはDNxHDフォーマットを選択できるようになった。

◀2日目 [InterBEE2011 デイリーレポート] 特集TOP▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業... 続きを読む

[InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

池上通信機は、Gateway to the FileBaseをテーマに16-bit 3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム HDK-97A/APやフルデジタルマルチパーパスHD... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。や... 続きを読む

[InterBEE2011]AJA VIDEO SYSTEMSブースレポート

アスクが国内代理店を行なっているAJA VIDEO SYSTEMSは、Ki Proや先般発表になったIo XTやアップ/ダウン/クロス・ミニコンバーターUDC、シネスタイルのカメラ... 続きを読む

[InterBEE2011]パナソニック株式会社ブースレポート

今年のパナソニックはLink together Link to the future ~Evolving AVC-World~をコンセプトにP2HD シリーズやAVCCAMシリーズ... 続きを読む

[InterBEE2011]Inter BEE 2011 ブースレポート

InterBEE2011に出展している各ブースの写真やレポートを掲載しております。 株式会社アイ・ディー・エクス 株式会社アスク アビッ... 続きを読む

[InterBEE2011]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

Vision blue メインの展示は、2Kg前後の小型軽量カメラ向けにヴィンテンが出したカメラサポートシステム「Vision blue」。ヴィンテンでは従来まで「Vinten ... 続きを読む

[InterBEE2011]株式会社計測技術研究所ブースレポート

UDR-N50 4K2K記録対応のコンテンツクリエーション向け非圧縮レコーダー「UDR-N50」がInter BEEで初公開されていた。同社のUDRシリーズと呼ばれる非圧縮レコー... 続きを読む

[InterBEE2011]ヤマハ株式会社ブースレポート

01V96i 注目の新製品はデジタルミキシングコンソール「01V96i」だ。大きく変わったところは、USBケーブル1本の接続でマルチトラックレコーディングに対応したことだ。従来モ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]Day03:アフォーダブルの先にあるものは?