PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から

News

[CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から

2015-01-07 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

テレビが主役ではなくなった!?

ほんの何年か前までは、CESの話題の中心は常にテレビだった。HD化や日本や韓国のメーカーがWorld’s Largestを競い合っていた。その後は3D、スマートテレビ、そして4Kが注目されてきた。CESは家電ショーであるのだが、テレビがいつもその中心であった。ところが、数年前から徐々に変化が始まっていた。自動車メーカーが競いあうように出展をするようになり、スマートウォッチやセンサーデバイスが数多く見られるようになった。

CES2015_04_09892 フィットネスクラブのような展示

2015年、今年のCESの話題の中心は、自動車、デジタルヘルス、フィットネス、ホームセキュリティやアプライアンス、ロボティクス、3Dプリンターなどの出展が激増している。今回のレポートにも繰り返されているが、いわゆるIoT(Internet of Thing)と呼ばれる領域だ。スマートフォンやタブレットですら押され気味だ。これらIoT製品の多くは小さなガジェットで、センサーや通信モジュールの組み合わせで構成されるために、参入が比較的容易だ。そのためにスタートアップやベンチャー企業が数多くこの領域に集まっている。

CES2015_04_09895 ロボットもあちこちにたくさんいる

またこうしたIoT関連製品は、スマートフォンを母艦としており、スマホアプリで機能を実現させているものがほとんどである。これらはスマートフォンがかなり普及したことで、スマホアプリ開発さえできれば、製品やサービスとして機能する。ある種の分業が成立しているので、このことが更に呼び水となり、活況を呈していると思われる。だが正直に言えば、キラリと光るものはさほど多いとは言えない。

CES2015_04_09894 安眠のためのベッド。まるで家具屋のようだ

単純には比較できないが、こうしたIoT関連の出展企業は、感覚的には面積比で行くと会場の半分を超えていると言えるだろう。LVCCセントラルのサウスホールの半分くらいと、サンズの全部がIoT系で占められている感じである。ノースホールには自動車メーカーが電気自動車や自動運転技術を競い合っている。数年前まで非常に多かった、携帯電話ケースやケーブル類の展示があっという間に消え去り、そこがIoTに一変した感じだろうか。中華タブレットさえもかなり少ない。それくらいCESは変化しているのだ。

CES2015_04_09870 アウディの自動運転車

本当に主役じゃなくなったのか?

もちろん、だからと言って“テレビ業界が衰退した”ということでは全くない。しかしCESという家電ショーという場においては、テレビはかなり押され気味と言わざるをえない。

そうしたテレビの話題はというと、4Kについてはすでに落ち着いてしまった感が否めない。カーブド(湾曲)テレビは、韓国や中国メーカーは昨年に引き続いて非常に熱心だが、日本メーカーはそれには追従していない。8Kに関してはシャープやパナソニックなどが展示を行っているが、まだブレイクする気配はほとんど感じられない。ソニーは最薄部が4.9ミリの65インチ4Kテレビを展示した。圧倒的な薄さには驚くばかりであるが、新鮮味が感じられない。それはモノとしての素晴らしさに対して、サービスとしてのテレビが伴っていないからなのかもしれない。

CES2015_04_09819 ソニーの65インチ4Kは最薄部が4.9ミリしか無い。写真では伝わりにくいが、実機を見るとまさにベニア板のようである

技術的にはハイダイナミックレンジ、HDRについて言及をしたメーカーも多い。しかしPRONEWS読者はともかく、コンシューマーベース見ると、HDRはマーケティングキーワードとしてはわかりにくい。規格化がはじまっている欧米マーケットだが、日本国内では、HDRに関して何も決まらないまま、すでに4K放送が始まってしまった事情もある。

CES2015_04_09788 シャープのAndroidTV

今年のテレビ関連のトピックを上げるとすれば、使いやすいスマートテレビのためのOSに関してだろう。ソニーとシャープがAndroidTV、パナソニックがFirefox OS、LGがWebOS、そしてサムスンがTizenといったように、各社バラバラの対応となった。これら第二世代のスマートテレビについては、改めて別途レポートをしたい。


txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.02 [CES2015] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 SIGMA ここ数年の同社のスチルレンズ・ラインナップは目を見張るものがある。特に... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.01 九州放送機器展開催〜おもしろい情報と製品が出揃うエキサイティングな展示

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 モックや参考出品物が実機・β機種として展示されるQBEE 入り口のサインが看板からデジ... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

txt岡英史 構成:編集部 今年は暑いか?熱いか? 7月と言えば、この時期最後の放送機器展示会が九州放送機器展(以下:QBEE)である。毎年はるばるQBEEを訪ねるのは... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から