PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から

News

[CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から

2015-01-07 掲載

CES2015_04_top
txt:江口靖二 構成:編集部

テレビが主役ではなくなった!?

ほんの何年か前までは、CESの話題の中心は常にテレビだった。HD化や日本や韓国のメーカーがWorld’s Largestを競い合っていた。その後は3D、スマートテレビ、そして4Kが注目されてきた。CESは家電ショーであるのだが、テレビがいつもその中心であった。ところが、数年前から徐々に変化が始まっていた。自動車メーカーが競いあうように出展をするようになり、スマートウォッチやセンサーデバイスが数多く見られるようになった。

CES2015_04_09892 フィットネスクラブのような展示

2015年、今年のCESの話題の中心は、自動車、デジタルヘルス、フィットネス、ホームセキュリティやアプライアンス、ロボティクス、3Dプリンターなどの出展が激増している。今回のレポートにも繰り返されているが、いわゆるIoT(Internet of Thing)と呼ばれる領域だ。スマートフォンやタブレットですら押され気味だ。これらIoT製品の多くは小さなガジェットで、センサーや通信モジュールの組み合わせで構成されるために、参入が比較的容易だ。そのためにスタートアップやベンチャー企業が数多くこの領域に集まっている。

CES2015_04_09895 ロボットもあちこちにたくさんいる

またこうしたIoT関連製品は、スマートフォンを母艦としており、スマホアプリで機能を実現させているものがほとんどである。これらはスマートフォンがかなり普及したことで、スマホアプリ開発さえできれば、製品やサービスとして機能する。ある種の分業が成立しているので、このことが更に呼び水となり、活況を呈していると思われる。だが正直に言えば、キラリと光るものはさほど多いとは言えない。

CES2015_04_09894 安眠のためのベッド。まるで家具屋のようだ

単純には比較できないが、こうしたIoT関連の出展企業は、感覚的には面積比で行くと会場の半分を超えていると言えるだろう。LVCCセントラルのサウスホールの半分くらいと、サンズの全部がIoT系で占められている感じである。ノースホールには自動車メーカーが電気自動車や自動運転技術を競い合っている。数年前まで非常に多かった、携帯電話ケースやケーブル類の展示があっという間に消え去り、そこがIoTに一変した感じだろうか。中華タブレットさえもかなり少ない。それくらいCESは変化しているのだ。

CES2015_04_09870 アウディの自動運転車

本当に主役じゃなくなったのか?

もちろん、だからと言って“テレビ業界が衰退した”ということでは全くない。しかしCESという家電ショーという場においては、テレビはかなり押され気味と言わざるをえない。

そうしたテレビの話題はというと、4Kについてはすでに落ち着いてしまった感が否めない。カーブド(湾曲)テレビは、韓国や中国メーカーは昨年に引き続いて非常に熱心だが、日本メーカーはそれには追従していない。8Kに関してはシャープやパナソニックなどが展示を行っているが、まだブレイクする気配はほとんど感じられない。ソニーは最薄部が4.9ミリの65インチ4Kテレビを展示した。圧倒的な薄さには驚くばかりであるが、新鮮味が感じられない。それはモノとしての素晴らしさに対して、サービスとしてのテレビが伴っていないからなのかもしれない。

CES2015_04_09819 ソニーの65インチ4Kは最薄部が4.9ミリしか無い。写真では伝わりにくいが、実機を見るとまさにベニア板のようである

技術的にはハイダイナミックレンジ、HDRについて言及をしたメーカーも多い。しかしPRONEWS読者はともかく、コンシューマーベース見ると、HDRはマーケティングキーワードとしてはわかりにくい。規格化がはじまっている欧米マーケットだが、日本国内では、HDRに関して何も決まらないまま、すでに4K放送が始まってしまった事情もある。

CES2015_04_09788 シャープのAndroidTV

今年のテレビ関連のトピックを上げるとすれば、使いやすいスマートテレビのためのOSに関してだろう。ソニーとシャープがAndroidTV、パナソニックがFirefox OS、LGがWebOS、そしてサムスンがTizenといったように、各社バラバラの対応となった。これら第二世代のスマートテレビについては、改めて別途レポートをしたい。


txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.02 [CES2015] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

photokina2016_top02

[Photokina2016]Vol.02 フォトキナ2016フォトダイジェスト

txt:石川幸宏 構成:編集部 ソニー ソニーからαシリーズのAマウント機種の新製品「α99 II」が登場。α99 IIは、79点の専用位相差AFセンサーと、3... 続きを読む

photokina2016_top01

[Photokina2016]Vol.01 デジタル中判カメラの台頭時代の幕開け?さらに盛り上がるネオアナログフォト人気!

txt:石川幸宏 構成:編集部 カメラ業界の動向が一望できる展示会 2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”が、今年... 続きを読む

ibc2016_top06

[IBC2016]Vol.06 IBC2016から見えた未来予想の景色

txt:石川幸宏 構成:編集部 コンテンツデータセンターとしての放送局再構築 今年のIBC2016における開催6日間(8日~13日)の登録来場者数合計は55,7... 続きを読む

ibc2016_top05

[IBC2016]Vol.05 トレンドウォッチ@IBC2016 Part04

txt:石川幸宏 構成:編集部 アドビ システムズ 今回のIBCでアドビ システムズ社は、Adobe Creative Cloud(CC)の次期バージョンアップ... 続きを読む

ibc2016_top04

[IBC2016]Vol.04 トレンドウォッチ@IBC2016 Part03

txt:石川幸宏 構成:編集部 ソニー IBCでは毎年、13ホールをほぼ全て使用して展示を行うソニーブース。この数年全ての展示会で「Beyond Definit... 続きを読む

ibc2016_top03

[IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02

txt:石川幸宏 構成:編集部 ライカ(CW Sonderoptic) ライカは、同社の名機Leica Mレンズにシネマ用のギアピッチの標準値である0.8M(モ... 続きを読む

ibc2016_top02_b

[IBC2016]Vol.02 トレンドウオッチ@IBC 2016 Part01

txt:石川幸宏 構成:編集部 ブラックマジックデザイン IBC2016では、歴史ある名門企業2社の買収を発表した。まずは同じオーストラリアのデジタルオーディオ... 続きを読む

IBC2016_Top00

[IBC2016]Vol.00 HDRが一気に活況、実用IP化への更なる進展へ

txt:石川幸宏 構成:編集部 進展するIP化への波と、ワークフロー・リノベーション 9月初旬としては例年になく日中汗ばむほど気温が高いオランダ・アムステルダム... 続きを読む

QBEE2016_top_02

[QBEE2016]Vol.02 九州放送機器展開催〜歩けば見つける注目の製品たち!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 キヤノン キヤノンブースはAfter NAB及び関西放送機器展とほぼ同... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から