PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2015]Vol.05 8KだからこそHDR、そして放送以外のビジネスの可能性

News

[IBC2015]Vol.05 8KだからこそHDR、そして放送以外のビジネスの可能性

2015-10-01 掲載

IBC2015_Top05_2
txt:江口靖二 構成:編集部

8K HDRが登場!

HDR(High Dynamic Range)は1月のCESでも注目された映像技術だ。CESではソニー、パナソニック、LGなどが4K解像度でのHDRを展示したが、IBCではNHKとシャープが共同で、8K HDRを世界で初めて展示した。

HDRは言うまでもなく、写真の世界ではすでにポピュラーだ。写真の場合は異なる露出で撮影したものを複数枚合成処理しているが、動画の場合は露出の異なるものを同時に撮影することが困難なために、最初からダイナミックレンジの高い信号(RAW)を撮影し、ガンマカーブかポスプロでのグレーディングで調整を行う。

今回の8K HDRは、NHKとBBCが共同提案している「Hybrid Log Gamma」という方式を用いている。これはLog曲線のような特殊なガンマカーブを用いることで、ポスプロ処理を伴わないライブ放送においても、リニアに画像を表示させることができるという、いわば放送向けのHDR方式だ。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/09/IBC2015_01_02967B.jpg 今回の8K HDRのスペック
※画像をクリックすると拡大します

デモにおける撮影素材は、ソニーのF65を利用しているとのこと。F65は有効画素数が約1900万画素の8K CMOSセンサーを搭載しているので、RAWデータなら8Kの信号を取り出せる。2014年のNHK技研公開で登場したベースバンドプロセッサーユニット「BPU-4000」に8K RAWデータを伝送し、リアルタイムに処理をかけることで、8Kを得る事ができるという。特殊なカメラではなく、すでに市販されているカメラで8K HDRを実現させている点にも注目が集まっていた。

ディスプレイはシャープの85インチLCDで、8K 60Hzでリフレッシュレートは120Hz。輝度は1000カンデラで、コントラスト比は10万:1以上。BT.2020の色域包含率は77%となっている。このディスプレイはIBCの2週間ほど前に渋谷のNHKに搬入され、詳細調整の上でIBCに持ち込まれた、まさに世界に1台の存在とのこと。

スペックはこれくらいにして、なんといってもその映像のリアリティーには圧倒された。4K以上、8Kクラスの解像度になると、80インチを超えるような大型画面サイズで見て、空気感や奥行き感を感じられるようになるのだが、今回HDRが加わるとそれが更に明確に感じられるようになる。IBC会場内では、CESと同様に、ソニー、LGなどが4K HDRを盛んにアピールしていたが、4KにおけるLDR(Low Dynamic Renge)とHDRの差以上に、8KではLDRとHDRの差が顕著に感じられる。例えれば、HDRによってリアル差が5割増しになっているとしても、解像度と画面サイズが大きい8Kの方がより臨場感が増すのである。

IBC2015_01_02963 このカットはカメラがドリーインしているが、明らかに手前の机が手前にあるように見える IBC2015_01_02965 ガラスの質感が本物以上だ

このくらいのリアリティレベルに達してくると、カメラワークとレンズ選びが非常に重要になってくることも予感させるデモ映像であった。被写界深度で意図的に背景をぼかすということの是非が議論になってくるかもしれない。

また「狙ったわけではない」とのことだが、ブースでは同じパネルを搭載したシャープの85インチLCDが2台並んで配置されており、左にLDR、右にHDRとなっていた。写真はHDRに合わせて露出を絞っているので、現場での実際の見え方とは異なるものの、これは明らかにHDRの圧勝で、いままで十分凄いと感じていたLDRが暗く見えてしまう。

IBC2015_01_2980 写真左がLDR、写真右がHDR。どちらもパネルは同じシャープ製85インチLCD

今後は更に大画面や、HDRに対応したプロジェクターの登場に期待がかかる。筆者は8Kマーケットは放送以上にパブリックビューイングがメインになってくると見ている。オリンピックを契機として、国も8Kパブリックビューイングを推進していく方針であることは、こちらの「2020年に向けた社会全体のICT化アクションプラン」の17、18ページにも明示されているところだ。特に音楽やスポーツのリアルタイムの遠隔興業のマーケットはかなり伸びるに違いない。「8Kテレビは家に入らない」と高を括っていると、絶好のビジネスチャンスを失うことになるだろう。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.04 IBC 2015] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-10-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

photokina2016_top02

[Photokina2016]Vol.02 フォトキナ2016フォトダイジェスト

txt:石川幸宏 構成:編集部 ソニー ソニーからαシリーズのAマウント機種の新製品「α99 II」が登場。α99 IIは、79点の専用位相差AFセンサーと、3... 続きを読む

photokina2016_top01

[Photokina2016]Vol.01 デジタル中判カメラの台頭時代の幕開け?さらに盛り上がるネオアナログフォト人気!

txt:石川幸宏 構成:編集部 カメラ業界の動向が一望できる展示会 2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”が、今年... 続きを読む

ibc2016_top06

[IBC2016]Vol.06 IBC2016から見えた未来予想の景色

txt:石川幸宏 構成:編集部 コンテンツデータセンターとしての放送局再構築 今年のIBC2016における開催6日間(8日~13日)の登録来場者数合計は55,7... 続きを読む

ibc2016_top05

[IBC2016]Vol.05 トレンドウォッチ@IBC2016 Part04

txt:石川幸宏 構成:編集部 アドビ システムズ 今回のIBCでアドビ システムズ社は、Adobe Creative Cloud(CC)の次期バージョンアップ... 続きを読む

ibc2016_top04

[IBC2016]Vol.04 トレンドウォッチ@IBC2016 Part03

txt:石川幸宏 構成:編集部 ソニー IBCでは毎年、13ホールをほぼ全て使用して展示を行うソニーブース。この数年全ての展示会で「Beyond Definit... 続きを読む

ibc2016_top03

[IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02

txt:石川幸宏 構成:編集部 ライカ(CW Sonderoptic) ライカは、同社の名機Leica Mレンズにシネマ用のギアピッチの標準値である0.8M(モ... 続きを読む

ibc2016_top02_b

[IBC2016]Vol.02 トレンドウオッチ@IBC 2016 Part01

txt:石川幸宏 構成:編集部 ブラックマジックデザイン IBC2016では、歴史ある名門企業2社の買収を発表した。まずは同じオーストラリアのデジタルオーディオ... 続きを読む

IBC2016_Top00

[IBC2016]Vol.00 HDRが一気に活況、実用IP化への更なる進展へ

txt:石川幸宏 構成:編集部 進展するIP化への波と、ワークフロー・リノベーション 9月初旬としては例年になく日中汗ばむほど気温が高いオランダ・アムステルダム... 続きを読む

QBEE2016_top_02

[QBEE2016]Vol.02 九州放送機器展開催〜歩けば見つける注目の製品たち!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 キヤノン キヤノンブースはAfter NAB及び関西放送機器展とほぼ同... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [IBC2015]Vol.05 8KだからこそHDR、そして放送以外のビジネスの可能性