PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり

News

[CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり

2016-01-06 掲載

CES2016_00_top

開催直前のCES2016より

世界最大の国際家電見本市、2016 International CES(Consumer Electronics Show)が米国現地時間1月6日から9日の4日間、米国ラスベガスで開催される。1月4日(米国現地時間)より展示会前のプレス向けカンファレンスや招待制イベントが2日に渡り行われている。

会場は大幅に増床され、Tech EastとTech West、そしてTech Southと3つのエリアから構成される。そしてプレス日は、Mandalay Bayコンベンションセンターがフル稼働する。20万人近くが訪問するCESでは期間中に全ての物を見る事は物理的に不可能だ。「何を見るよりも、何を見ないか?」と決めて自分の関心のある部分にフォーカスし、欲張らない事がCESを乗り切る秘訣だという。

  • Tech East:LVCC(ラスベガスコンベンションセンター)周辺
  • Tech West:Sands Expo、Venetian、Wynn、Encore周辺
  • Tech South:C Space at ARIA、Cosmopolitan、Vdara
  • Unveiled/Press day:Mandalayコンベンションセンター

CES主催であるコンシューマー・エレクトロニクス協会(CEA)は昨年、新しく「コンシューマー技術協会(CTA)」と名称を変更した。それに伴いCESのロゴや会場の構成が再編成された。これまでの家電ショーではカバーできなくなってきたCESに主催者側が柔軟に動いたカタチだ。もはや消費者のハイテク産業全範囲を意味しない“エレクトロニクス”という用語を“テクノロジー”へ置き換えることで新しい時代の方向性が見えてくる。

過去にも1924年にラジオ工業会として設立され後幾度と名称が変更され、今回の改名になった。実際に会員であるフォード、BMWといった車産業、Google、Netflixや20世紀Foxといった家電メーカーではない企業が牽引している事も事実である。CTA会長兼最高経営責任者のゲーリー・シャピロ氏は、以下のように述べている。

協会の名前は進化し続けながらも、消費者向け技術産業を成長させる使命は引き継がれている。

一足先に開催されるUnveiledは、今年のトレンドが分かるプレス向けイベント。しかし今年のテーマは多岐に渡りすぎつかみ所が無い!
今年は、セキュリティーが非常に厳しい。持ち込みバックには中が見える透明かメッシュの物が推奨されている。会期を前にセキュリティーの強化のアナウンスが再三されていた。そんな見地から、プレスに配布されるバックも丈夫なディバッグタイプの物からからメッシュバックへと変更された

今年は、セキュリティーが非常に厳しく、持ち込み荷物は中が見えるメッシュの物が推奨されている。会期を前にセキュリティーの強化アナウンスが再三され、毎年プレスに配布されるバックも丈夫なディバッグタイプの物からからメッシュバックへと変更

開催日を前に各社多くのプレスカンファレンスが行われる。CESでは、デジタル家電やオーディオ機器だけではなく、自動車分野、ヘルスケアに加え、今や世の中の生活を支えるインフラとなったインターネットやスマートフォンに関連する様々なソリューションが複合した世界最大の展示会へと様変わりしている。ここ10年CESに参加しているが、今年が一番面白いのかもしれない。そして事前に毎年テーマがおぼろげながら浮かび上がるのだが、今年ほどテーマが広すぎて、これ!と言う物が浮かび上がらないのが現状だ。IoTが全てのカテゴリー飲み込んで様々なビジネスが産まれている現状がそこにはある。まさにカオスである事は言うまでもない。それがチャンスでもあり面白さとなっているのだろう。その中でもキーワードはいくつも見えている。

時代を牽引するCES〜キーワードで見るトレンド

玉石混合の会場から見えてくるキーワードなんだろうか?「IoT」「スマートフォン」「3Dプリンター」「ウェアラブル」「ドローン」「ラップトップ」「VR」などいくつかのキーワードが上げられる。会場ではこれまでの主役であったTVから自動車に関する展示も多くなっている。名も無きメーカーが、家電領域に参戦し、市場を塗り替えて行くその勢いは、IoTによってさらに加速されている。その例が、自動車でのスタートアップであるFaraday Futureだ。彼らは、電気自動車のコンセプト・カーをデビューするようだ。

本当に会場に足を踏み入れるまで何があるかは分からない。清濁合わせ飲む部分もあり、それが非常にダイナミックで面白いと言う事だ。展示会の始まる6日から現場で見られる面白い物を逐次取り上げていきたいと思う。今年は、少し変わった領域もとらえるように視野に入れている。いよいよ明日から展示会が始まる。CES 2016からニュースを随時お届けする。

■特集:CES2016 Index

恒例となった“プレスカンファレンス”ライブ配信

今年も1月5日午前10時(日本時間では1月6日午前3時)のPanasonicを皮切りに、各社が会場からプレスカンファレンスをライブ配信する。アーカイブされるので見返しすことも可能だ。

Sony CES Press Conference 2016
Panasonic Live @ CES
Panasonic Live @ CES
[CES2016] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-01-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2016_08_top

[CES2016]Vol.07 総括:CESで見えたもの、見えなかったもの

txt:小寺信良 構成:編集部 今年のCESは、どうだった? プロ業界でも、数年前からCESに対する関心が高まってきている。機材面でプロアマの境目がなくなってきたこと、... 続きを読む

CES2016_06_top

[CES2016]Vol.06 C Spaceの会場から見えてきた「テクノロジー」と「コンテンツ」の関係性

txt:山本 愛 構成:編集部 なぜ今、CESがアド&マーケティングに注目? 昨年、CESでは初の試みとして、Tech South 「C Space」という広告やマーケ... 続きを読む

CES2016_05_top

[CES2016]Vol.05 パーソナルライブストリーミングが話題になった放送系のセッション

txt:江口靖二 構成:編集部 パーソナルライブストリーミングがなぜ話題になるのか? CESでは会場での展示の他にも、膨大な数のセミナーが行われる。これらの中から、今年... 続きを読む

CES2016_04_top

[CES2016]Vol.04 小寺信良のドローンゾーンを訪ねて〜活況なUnmanned Systemsゾーンより

撮影 / txt:小寺信良 構成:編集部 会場でも見逃せないドローンの数々 CESの影の主役といえばドローンです!今年も昨年に比べて、ドローンの展示部分は増... 続きを読む

CES2016_03_TOP

[CES2016]Vol.03 会場に見られる映像空間演出あれこれ

txt:江口靖二 構成:編集部 いかに目を引くか?会場の演出からCESを考える CESの見どころの一つとして、各社がどういったブース演出を行うかというのも毎年楽しみである。... 続きを読む

CES2016_02_00_top

[CES2016]Vol.02 テレビは主役どころか脇役ですらなくなったCES2016

txt:江口靖二 構成:編集部 かつての主役の行方は…? 少なくともこの10年くらいは、CESはテレビを中心に構成されていたと言って過言ではないだろう。基調講演にはソニー、... 続きを読む

CES2016_01_top

[CES2016]Vol.01 縮小するカムコーダー市場、ソニーの決断

txt:小寺信良 構成:編集部 プレスカンファレンスで冒頭挨拶する平井一夫CEO プロ映像業界とコンシューマーの線引きが曖昧になった2016 毎年1月に米国ラスベガス... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり