PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.01 縮小するカムコーダー市場、ソニーの決断

News

[CES2016]Vol.01 縮小するカムコーダー市場、ソニーの決断

2016-01-06 掲載

CES2016_01_top
txt:小寺信良 構成:編集部
プレスカンファレンスで冒頭挨拶する平井一夫CEO

プロ映像業界とコンシューマーの線引きが曖昧になった2016

毎年1月に米国ラスベガスにて行われるCES。本来はコンシューマーのショーであるが、プロ映像業界においても機材の線引きが曖昧になってきていることもあり、PRONEWS的にも見逃せないイベントの一つとなっている。

現地時間1月5日の本日は、明日からのコンベンション開催を前にメーカー各社がプレスカンファレンスを行っている。多くはプレゼンテーションのみだが、ソニーは毎年実際の展示ブース内でカンファレンスを行うため、プレス関係者には一般来場者よりも1日早く、実機を触ることができる。

これまでCESの主催団体はCEA(Consumer Electronics Association)であったが、この度CTA(Consumer Technology Association)に改名することになった。ソニーのカンファレンスでも具体的な新製品を訴求せず、テクノロジーとそれによって開かれるビジョンを紹介する格好となった。

プロユーザーに関係するところと言えばカムコーダーだが、新製品は2モデル。4Kカムコーダーの「FDR-AX53」と、HDモデルの「HDR-CX675」だ。日本での注目度からすれば、空間光学手振れ補正と搭載したAX53が気になるところである。

CES2016_01_01 機能一新の4Kカムコーダー、FDR-AX53

これまでソニーの4Kハンディカムは、最高峰として2年前に発売されたAX100があり、続いて昨年発売されたAXP35/AX30があった。今回のAX53は、このゾーンの後継機となる。日本ではプロジェクター付きがAXP、プロジェクターなしがAXと2モデルあるが、米国向けにはあまりニーズがないのか、プロジェクターなしモデルのみ展示された。

前モデルと比較すると、レンズと光学センサーが新設計となっている。レンズは光学26.8mmスタートの光学20倍ズーム、センサーは動画用に新開発した1/2.5型16:9 Exmor R CMOSセンサーだ。特に動画用として新たに16:9のセンサーを起こすあたり、さすが他社にも供給するセンサーメーカーとしての面目躍如であろう。

手振れ補正も空間光学ユニットと電子手振れ補正を組み合わせた「インテリジェントアクティブモード」を搭載、走りながら撮影してもほとんどブレを感じさせないほどの強力は補正力を誇る。

地味な点だが嬉しいところとして、従来XAVC Sフォーマット記録ではSDXCカードしか使えなかったが、今回からはSDHCのカードも使えるようになった。もちろん速度的にはClass10/UHS Speed Class 3である必要はあるが、廉価なSDHCが使えるのはメリットが大きい。

ただし日本だけでなく米国においても次第にカムコーダーの需要は減少しており、多くのユーザーの注目はα7シリーズやRXシリーズといったデジカメ系に集まっている。もちろん、今すぐニーズがゼロになることはありえないが、このままニッチ市場となってしまうのか、製品ラインアップの薄さが気になるところである。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.00 [CES2016] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-01-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2016_08_top

[CES2016]Vol.07 総括:CESで見えたもの、見えなかったもの

txt:小寺信良 構成:編集部 今年のCESは、どうだった? プロ業界でも、数年前からCESに対する関心が高まってきている。機材面でプロアマの境目がなくなってきたこと、... 続きを読む

CES2016_06_top

[CES2016]Vol.06 C Spaceの会場から見えてきた「テクノロジー」と「コンテンツ」の関係性

txt:山本 愛 構成:編集部 なぜ今、CESがアド&マーケティングに注目? 昨年、CESでは初の試みとして、Tech South 「C Space」という広告やマーケ... 続きを読む

CES2016_05_top

[CES2016]Vol.05 パーソナルライブストリーミングが話題になった放送系のセッション

txt:江口靖二 構成:編集部 パーソナルライブストリーミングがなぜ話題になるのか? CESでは会場での展示の他にも、膨大な数のセミナーが行われる。これらの中から、今年... 続きを読む

CES2016_04_top

[CES2016]Vol.04 小寺信良のドローンゾーンを訪ねて〜活況なUnmanned Systemsゾーンより

撮影 / txt:小寺信良 構成:編集部 会場でも見逃せないドローンの数々 CESの影の主役といえばドローンです!今年も昨年に比べて、ドローンの展示部分は増... 続きを読む

CES2016_03_TOP

[CES2016]Vol.03 会場に見られる映像空間演出あれこれ

txt:江口靖二 構成:編集部 いかに目を引くか?会場の演出からCESを考える CESの見どころの一つとして、各社がどういったブース演出を行うかというのも毎年楽しみである。... 続きを読む

CES2016_02_00_top

[CES2016]Vol.02 テレビは主役どころか脇役ですらなくなったCES2016

txt:江口靖二 構成:編集部 かつての主役の行方は…? 少なくともこの10年くらいは、CESはテレビを中心に構成されていたと言って過言ではないだろう。基調講演にはソニー、... 続きを読む

CES2016_00_top

[CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり

開催直前のCES2016より 世界最大の国際家電見本市、2016 International CES(Consumer Electronics Show)が米国現... 続きを読む

特集記事

InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2015 Inter BEE 2015
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2015をレポート。
InterBEE2015の歩き方 InterBEE2015の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2015の歩き方」を紹介。
CEATEC2015 CEATEC2015
日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会 CEATEC JAPAN 2015をレポート。
IBC2015 IBC2015
オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催された、欧州最大の国際放送機器展 IBC2015をレポート。
SIGGRAPH2015 SIGGRAPH2015
世界最大のコンピューターグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会 SIGGRAPH2015をレポート。

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.01 縮小するカムコーダー市場、ソニーの決断