PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.02 テレビは主役どころか脇役ですらなくなったCES2016

News

[CES2016]Vol.02 テレビは主役どころか脇役ですらなくなったCES2016

2016-01-10 掲載

CES2016_02_00_top
txt:江口靖二 構成:編集部

かつての主役の行方は…?

少なくともこの10年くらいは、CESはテレビを中心に構成されていたと言って過言ではないだろう。基調講演にはソニー、パナソニック、サムスンなどが登壇し、デジタル、大画面、スマートテレビを競い合った。ところが数年前から状況に変化が見え始める。基調講演にはインテルやフォードなど、家電以外の企業が登壇するようになった。そして何度も繰り返しになるが、昨年11月にはCESの主催であるコンシューマー・エレクトロニクス協会(CEA)が、団体名を新しく「コンシューマー技術協会(CTA)」と改めた。エレクトロニクスだけではない、幅広いテクノロジーを扱うという趣旨である。

CES2016_02_004881パナソニックブースにはテレビは3台しか展示されず。65インチ4K OLED

こういった傾向が、今年は更に鮮明になった。テレビは少なくともCESの主役ではない。パナソニックブースには65インチ4K OLEDが3台置いてあるのみで、隣には4K BDプレイヤーが展示されているものの、スマートテレビについては一切触れていない。それ以外のパナソニックブースはリテール、自動車、エアラインといったB2B関連の展示が9割ほどで、あとはテクニクスのオーディオのみだ。パナソニックのこういった傾向も3年くらい前から見えていたことであるが、広いブースにテレビが3台にまで減少したのは今年が初めてだ。5年位前には100台以上あったのではないかと思うとその変化はすさまじい。

CES2016_02_02608ソニーブースは例年通りの構成だが…

ソニーはというと、B2B商材が多いとはいえない同社であるために、展示自体の構成はほぼ例年通りである。しかし残念なことに、プレスカンファレンスで語られた内容には何一つ目新しい話がなかった。平井CEOは自社のコンセプトとして今年も何度も「Kandou(感動)」や「WOW」を口にしたが、プレゼンテーションからも展示ブースからも、「感動」を感じ取ることが私にはできなかった。

CES2016_02_004734ソニーのプレスカンファレンスや展示には残念ながら「感動」はなかった

他のテレビ関連の日本メーカーでは、シャープ、東芝などメーカーがそもそもブース展示を行なわない状況である。サムスンやLGも、パナソニックほど極端ではないが、テレビよりもスマート家電にウエイトが置かれている。スマートフォンですらその扱いは減少傾向だ。

テレビ関連の話題としては、HDRがメインのなるのではと予想されたのだが、各社とも扱いは「地味」である。HDRは本当に素晴らしいのだが、従来方式と並べて比較しないとわかりにくい部分がある。

CES2016_02_002656サムスンの1000nit HDR

メーカー以外のテレビ周辺の映像コンテンツの状況はどうなっているのかと言うと、これも新しい変化はない。NetflixのCEOがKeynoteに登壇したが、ここで語られたことはこれまでのサクセスストーリーと、新作コンテンツの制作発表、そしてさらに130カ国に事業展開をするという話だけであって、新しい話ではない。

CES2016_02_004774 Keynoteに登壇するNetflixのCEOリード・ヘイスティングス氏

CES全体はどうなのだろうか?

CES2016_02_004952メルセデスのコンセプトカー

ではCES全体はどうなっているのか。それはひたすら多様化し、融合化している。領域を上げるのであれば、ヘルス&フィットネス、コネクテッド・カー、センサー、スマートホーム、3Dプリンティング、ドローン、ロボティクス、ハイレゾオーディオなどである。これらはすべて、いままでのパソコン、テレビ、ネットワークなどの技術の進化と融合の延長線上にある。例えばメルセデスの新しいコンセプトカーには、MacBook Proのなんと140台分のパワーを備えたNVIDIAの新しいGPUが搭載され、リアルタイムで画像分析や画像処理を行っているという。メルセデスとNVIDIAという組み合わせが、最先端のドライビングテクノロジーを提供している、というのは象徴的なことだろう。

CES2016_02_004977コンセプトカーに搭載されているNVIDIAのTegraチップ実装ボード

ではIoTがポイントかというとそうでもない。IoTという言葉自体は会場では全く見られないし、どうもモノに無理やり通信機能をつけたようなものが多く、あったとしても決してスマートでも便利でもない。デジタル技術とネットワーク技術の進化の中で、ここ数年は世界中で様々な試みが行われる。そしてそれが大企業から出るのか、スタートアップからなのかわからないが、あと数年後のCESでは劇的な変化の中身が見えてくるのだろう。


txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.01 [CES2016] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2016_08_top

[CES2016]Vol.07 総括:CESで見えたもの、見えなかったもの

txt:小寺信良 構成:編集部 今年のCESは、どうだった? プロ業界でも、数年前からCESに対する関心が高まってきている。機材面でプロアマの境目がなくなってきたこと、... 続きを読む

CES2016_06_top

[CES2016]Vol.06 C Spaceの会場から見えてきた「テクノロジー」と「コンテンツ」の関係性

txt:山本 愛 構成:編集部 なぜ今、CESがアド&マーケティングに注目? 昨年、CESでは初の試みとして、Tech South 「C Space」という広告やマーケ... 続きを読む

CES2016_05_top

[CES2016]Vol.05 パーソナルライブストリーミングが話題になった放送系のセッション

txt:江口靖二 構成:編集部 パーソナルライブストリーミングがなぜ話題になるのか? CESでは会場での展示の他にも、膨大な数のセミナーが行われる。これらの中から、今年... 続きを読む

CES2016_04_top

[CES2016]Vol.04 小寺信良のドローンゾーンを訪ねて〜活況なUnmanned Systemsゾーンより

撮影 / txt:小寺信良 構成:編集部 会場でも見逃せないドローンの数々 CESの影の主役といえばドローンです!今年も昨年に比べて、ドローンの展示部分は増... 続きを読む

CES2016_03_TOP

[CES2016]Vol.03 会場に見られる映像空間演出あれこれ

txt:江口靖二 構成:編集部 いかに目を引くか?会場の演出からCESを考える CESの見どころの一つとして、各社がどういったブース演出を行うかというのも毎年楽しみである。... 続きを読む

CES2016_01_top

[CES2016]Vol.01 縮小するカムコーダー市場、ソニーの決断

txt:小寺信良 構成:編集部 プレスカンファレンスで冒頭挨拶する平井一夫CEO プロ映像業界とコンシューマーの線引きが曖昧になった2016 毎年1月に米国ラスベガス... 続きを読む

CES2016_00_top

[CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり

開催直前のCES2016より 世界最大の国際家電見本市、2016 International CES(Consumer Electronics Show)が米国現... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2015 Inter BEE 2015
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2015をレポート。
InterBEE2015の歩き方 InterBEE2015の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2015の歩き方」を紹介。
CEATEC2015 CEATEC2015
日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会 CEATEC JAPAN 2015をレポート。

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.02 テレビは主役どころか脇役ですらなくなったCES2016