PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.03 会場に見られる映像空間演出あれこれ

News

[CES2016]Vol.03 会場に見られる映像空間演出あれこれ

2016-01-10 掲載

CES2016_03_TOP
txt:江口靖二 構成:編集部

いかに目を引くか?会場の演出からCESを考える

CESの見どころの一つとして、各社がどういったブース演出を行うかというのも毎年楽しみである。今年目立ったものを幾つか紹介しよう。透明なディスプレイにはLCDとOLED、そして透明なスクリーンにプロジェクターで投影するなどの方法がある。CESでは今年もこうしたものを実際の展示演出に利用した、ユニークな事例をいくつも見ることができた。

■SAMSUNG | 透明OLED
CES2016_03_04897 かなり完成度の高いクオリティになってきた

まず一つ目はサムスンの透明OLEDである。数年前から技術展示を行っていたが、今回は実際の演出に利用していた。非常に発色がよく、また透明度もかなり高い。特長は片方向からだけしか映像を見ることができないということだ。例えばお店のショーウインドウに設置した場合だと、店外の人には情報が見えるが、店内の人からは透明で、外の景色だけが見える、といったことが可能になる。これが価格的にも実用レベルになると、主に商業施設での映像による空間演出が飛躍的に使いやすく、効果的になるだろう。住宅内部においても今までにはない使い方が生まれてくるのではないだろうか。

CES2016_03_04909近くに寄ってみるとこういう状態になっている
■SAMSUNG | タイルディスプレイの展示演出
サムスンのタイルディスプレイの展示演出

サムスンのディスプレイの動きと連動したコンテンツ演出。こうした物理的な動きと営巣の組み合わせは人目を惹きやすい。ただ映像関係者が期待するほどには、一般の人はその実現のための難易度がわからないので、「ほおお」と思って立ち止まってはくれないことも多いので要注意だ。

■Panasonic | Smart Show Window
samusun2 映像を表示した状態(左)と透明な状態(右)

同じような透明モノのもう一つは、パナソニックの「Smart Show Window」である。これはガラスとガラスの間に特殊なシートを挟み込んだもので、このシートに電圧をかけることで光を反射させて映像を表示させるものだ。これまでもこういったシートは存在していたが、透明度が低く、表示できる映像の不鮮明であったが、かなり改善されてきたといえよう。ただ前述の透明OLEDとの比較ではOLEDのほうが遥かにクリアで透明度も高い。

■Panasonic | 高速プロジェクションマッピング
パナソニック高速プロジェクションマッピング

パナソニックは高速プロジェクションマッピングをデモ。リアルタイムな動きに連動したプロジェクションである。

■LG | 縦型湾曲OLED
CES2016_03_02650かなり大型のS字に湾曲した映像演出

湾曲ディスプレイの進化版も登場した。LGブースにあった縦型湾曲OLEDである。写真のように縦長設置で、凹凸の両方を交互に組み合わせている。これの特長は裏表に異なるものを表示することが可能であること。間仕切りのような利用で、裏表の異なる情報を出すことができる。

■E-ink | 32インチで4面マルチ表示
CES2016_03_02603E-inkの32インチ電子ペーパーは4面マルチで別々の表示をしている所

最近話題から遠ざかりつつある電子ペーパーも健在だ。E-inkは32インチで4面マルチ表示のデモを行っていた。表現力ではディスプレイには到底及ばないが、低消費電力性や、電源が確保されなくなってもバッテリーで一定時間表示できるなどの特長を持っているので、緊急時の情報提供には有効になると思われる。実際に東京都港区では、緊急情報の表示のためのデジタルサイネージとして、電子ペーパーを採用している。

CES2016_03_026044面で1画面表示をしている状態
■Krush Technologies | Moveo
CES2016_03_02592天井全面にディスプレイ

圧倒的だったのはKrush Technologiesの「Moveo」である。これは大型のロボットアームにコクピットを取り付けた、360度全方位回転型のゲーム用筐体である。ヘッドマウントディスプレイ(Oculus VR)を装着して体験する。これ自体、今までとは全く未体験の感覚を得ることができるものだ。ブース演出として天井全面に設置されたLEDディスプレイによる空間演出はかなりインパクトがあった。ディスプレイの多様化によって壁面だけではなく、こうした天井面や床面などにこれからも映像が使われていくのだろう。よく考えれば古代の建築の時代より、壁面、床面、天井面はそれぞれ利用されてきたのだから、ディスプレイが同じように利用されるのは当然のことなのである。

上下左右に360度動くMoveoの動き
■Suitable Technologies | MEGABEAM
高さは5.5メートルでインパクトは相当ある

高さは5.5メートルでインパクトは相当ある

Suitable Technologiesの「MEGABEAM」はディスプレイを装着して自走するロボットだ。ディスプレイにカメラとマイクとスピーカーがセットされており、その場にいる人とネットワーク経由で会話しながら自走することが可能。小型のものはこれまでにもあったが、これは高さが5.6メートルあり、思わず笑ってしまいそうになるが、ここまで大型のものは初めてだろう。イベント会場等、使い方によってはインパクトがあるかもしれない。


txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.02 [CES2016] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2016_08_top

[CES2016]Vol.07 総括:CESで見えたもの、見えなかったもの

txt:小寺信良 構成:編集部 今年のCESは、どうだった? プロ業界でも、数年前からCESに対する関心が高まってきている。機材面でプロアマの境目がなくなってきたこと、... 続きを読む

CES2016_06_top

[CES2016]Vol.06 C Spaceの会場から見えてきた「テクノロジー」と「コンテンツ」の関係性

txt:山本 愛 構成:編集部 なぜ今、CESがアド&マーケティングに注目? 昨年、CESでは初の試みとして、Tech South 「C Space」という広告やマーケ... 続きを読む

CES2016_05_top

[CES2016]Vol.05 パーソナルライブストリーミングが話題になった放送系のセッション

txt:江口靖二 構成:編集部 パーソナルライブストリーミングがなぜ話題になるのか? CESでは会場での展示の他にも、膨大な数のセミナーが行われる。これらの中から、今年... 続きを読む

CES2016_04_top

[CES2016]Vol.04 小寺信良のドローンゾーンを訪ねて〜活況なUnmanned Systemsゾーンより

撮影 / txt:小寺信良 構成:編集部 会場でも見逃せないドローンの数々 CESの影の主役といえばドローンです!今年も昨年に比べて、ドローンの展示部分は増... 続きを読む

CES2016_02_00_top

[CES2016]Vol.02 テレビは主役どころか脇役ですらなくなったCES2016

txt:江口靖二 構成:編集部 かつての主役の行方は…? 少なくともこの10年くらいは、CESはテレビを中心に構成されていたと言って過言ではないだろう。基調講演にはソニー、... 続きを読む

CES2016_01_top

[CES2016]Vol.01 縮小するカムコーダー市場、ソニーの決断

txt:小寺信良 構成:編集部 プレスカンファレンスで冒頭挨拶する平井一夫CEO プロ映像業界とコンシューマーの線引きが曖昧になった2016 毎年1月に米国ラスベガス... 続きを読む

CES2016_00_top

[CES2016]Vol.00 International CES 2016開会直前〜もはや家電ショーではない展示会へ様変わり

開催直前のCES2016より 世界最大の国際家電見本市、2016 International CES(Consumer Electronics Show)が米国現... 続きを読む

特集記事

InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2015 Inter BEE 2015
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2015をレポート。
InterBEE2015の歩き方 InterBEE2015の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2015の歩き方」を紹介。
CEATEC2015 CEATEC2015
日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会 CEATEC JAPAN 2015をレポート。
IBC2015 IBC2015
オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催された、欧州最大の国際放送機器展 IBC2015をレポート。
SIGGRAPH2015 SIGGRAPH2015
世界最大のコンピューターグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会 SIGGRAPH2015をレポート。

トップ > 特集 > [CES2016]Vol.03 会場に見られる映像空間演出あれこれ