txt:稲田出 構成:編集部

前回に続いて会場の各社ブースを紹介して行こう。

日本デジタル・プロセシング・システムズ

AFTB2016_04_5190114

日本デジタル・プロセシング・システムズは、エンコーダーやアセットマネジメント、IP伝送ソリューションなど様々な海外製品を扱っているが、After NAB ShowではWowza Media Systemsのストリーミング配信サーバーを採用したバーチャルリアリティシステムや、追っかけ編集に対応したMetus Technologyのインジェストソリューションを中心に出展した。

AFTB2016_04_P5190115

Streaming EngineおよびWowza Streaming Cloudを採用したシステムは、360°ストリーミングビデオやVRに対応しており、4K対応クオリティでの配信が可能。WebブラウザーベースのGUIで設定が可能で、PCやタブレット、スマホなど様々なプラットホームに最適な配信をサポートしている。Metus INGESTは、Premiere Pro CC や EDIUSと連携した追っかけ編集機能を備えたインジェストソリューションで、Apple ProRes 4444やDNxHR、XAVCコーデックなど対応に対応可能。

テクノハウス

AFTB2016_04_P5190117

テクノハウスはカラーグレーディングとフィニッシングシステムFilmLightの新製品FilmLight FLIPやConvergent DesignのレコーダーODYSSEY7Q+などを出展した。FilmLightはカラーグレーディングとフィニッシングシステムとして、オンセットでの撮影時に、ルックアップテーブルやグレード情報、フィルター効果をカメラのライブ出力に適用するFLIP、ルックを作り上げ、セットやロケーションで撮影したものをビジュアル化する手助けをするグレーディングツールDaylight、ポストプロダクションサーバーFLUX Storeと管理ツールFLUX Manageで構成されたFLUX、Northlightフィルムスキャナーなどがあるが、HDRのグレーディング機能をさらに強化したVer5.0およびPrelightが4月のNABで発表されており、今回はこうした新しいバージョンが披露された。

AFTB2016_04_P5190118

FilmLight PrelightはルックやLUTのためのカラーコレクションとカラーマネージメント機能を搭載したMac OS Xアプリケーションで計測機器技術研究所が扱っているコントロールサーフェースTangent Waveとともにデモしていた。

ConvergentDesignはモニター一体型のレコーダーとして幾つかのラインナップがあるが、今回はHDから4K信号まで記録することができるフィールドレコーディングモニターOdyssey7Q+および4chのHD-SDI信号同時収録を可能にしたapolloが出展された。

AFTB2016_04_P5190120

ConvergentDesignのOdyssey7Q+。ファームウェアがV2016.01にアップデートされ、Odyssey7Q/7Q+、apolloともに3G-SDI×4本クアッドリンク接続による4K60p入力が可能になった。これにより、ソニーF55、パナソニックVARICAM 35の出力をProRes(HQ、422、LT)で収録可能となった。また、6G-SDIの入力により、Blackmagic Design URSA、URSA MiniやMicro Studio Camera 4Kなどのカメラがサポートされている。

エーディテクノ

AFTB2016_04_P5190121

エーディテクノは各種HDMIディストリビューターやHDMIエクステンダー、LCDフィールドモニターなどのほか、NAB2016で発表されたDIGITAL FORECAST社の新製品DIGITAL FORECAST X_TSなどを出展していた。

AFTB2016_04_P5190122

DIGITAL FORECAST X_TS。7型のLCDタッチパネルモニターを搭載したアップ/ダウン/クロス対応マルチコンバーター。

AFTB2016_04_P5190129

エーディテクノHDMI8分配HUS-0108。4K UHD 60p(YUV 4:2:2 8bit)HDMI2.0/HDCP2.2対応業務用薄型HDMI8分配器で、HUS-0108専用1UラックマウントHUS-0108Rによりラックマウント可能。

IDX

AFTB2016_04_P5190171

IDXは新VマウントバッテリーDUO-Cシリーズ2モデルのほか、2ch同時充電器VL-2000S、D-TapアドバンスもしくはX-Tapコネクターから充電できるポケッタブル充電器D-TAPやX-TAP、TVLogic社の小型モニターLVM-075AおよびLVM-070C、Wi-Fi伝送システムユニットCW-F25などを出展した。NABではソニーのNP-Fタイプバッテリーを使用するカメラやライトなどのアクセサリーで使用できるSL-F70やSL-F50も出展されていたが、国内での発売はしばらく時間がかかるということであった。

AFTB2016_04_P5190166

7.2V47WhリチウムイオンバッテリーIDX SL-VBD64。パナソニックのビデオカメラに対応したバッテリーで、USB給電のほかX-Tapを装備しており、カメラ以外のアクセサリーに電源供給が可能。対応カメラはパナソニックのAJ-PX270/285/298、HC-X1000、AG-DVX200など。

AFTB2016_04_P5190170

IDX SL-VBD96は70Whタイプで、その他の機能などはSL-VBD64と同様。

AFTB2016_04_IMG_2994

VマウントタイプバッテリーDUO-C190。ライトなどに電源供給できるD-Tapが2基装備されているほか、USB給電用の端子も装備されている。

エヌ・イー・ピー

AFTB2016_04_P5190174

エヌ・イー・ピーはLEDライトや各種バッテリー、バッグなど様々な製品を出展した。今回新製品として出展されたのは、VマウントリチウムイオンバッテリーBL-BPNEシリーズのBL-BP95NE-S。現行商品のBL-BP130NE-SやBL-BP160NE-S、BL-BP190NE-S、BL-BP230NE-S、BL-BP95NE-Sのラインナップに新たに加わった。

AFTB2016_04_P5190175

VマウントバッテリーBL-BPHEシリーズはBL-BP95NE-Sのラインナップに新たに加わったことで、5種類となった。写真の右下は運搬に便利なように2つに分離できるBL-V-BP198。

AFTB2016_04_P5190179

BL-BP95NE-Sには、USB給電コネクターが装備されており、USBコネクターにより充電または給電ができる様々なアクセサリーを同時に使用可能だ。防塵のためのシャッターが組み込まれている。

AFTB2016_04_P5190180

BL-BP95NE-SにはDタップコネクターも装備されており、ライトなどに電源供給できるほか、充電も可能となっている。

ジャパンマテリアル

AFTB2016_04_P5190186

ジャパンマテリアルは韓国VRi社のマルチフォーマットディスクレコーダーVRi D-Streamやリアルタイム3DキャラクタージェネレーターVRi KarismaCG、リアルタイム2DキャラクタージェネレーターVRi SmartCGのほか、先のNABで発表された新製品としてカナダMatrox社のH.264エンコーダーMatrox Monarch LCSなどを出展した。

AFTB2016_04_P5190187

Matrox Monarch LCSエンコーダーは高解像度HDライブ映像とPCのプレゼンテーション画面を同時に取り込み、PinPやサイドバイサイドなどに対応しており、H.264で配信・録画が可能。

P5190190

Matrox Monarch LCSはWebブラウザーで設定を行うことが可能。

AFTB2016_04_P5190195

マルチフォーマットディスクレコーダーVRi D-Stream。RS-422での9ピンコントロールが可能となっており、既存VTR用の編集コントローラーなどを使用でき、XDCAMやProresをはじめ様々なファイルコーデックに対応しているので、VTRからファイルベースへの切替えを簡単に実行できる。