PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02

News

[IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02

2016-09-20 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

ライカ(CW Sonderoptic)

ibc2016_leica_01

ライカは、同社の名機Leica Mレンズにシネマ用のギアピッチの標準値である0.8M(モジュール)ギアを配し、実際にギアを装着したムービー撮影向けのレンズM 0.8 LENSESを5本発表した。ライカMマウントのスチル用レンズにシネマカメラ標準の0.8Mギアを装着したもの。さらにマウントアダプターでライカSL(Lマウント)や、ソニーのEマウント、FZマウントへの変換も可能。今回発表したレンズと販売予定価格は以下の通り。

  • Leica M 0.8 Summilux 21mm f/1.4(€7,500:約87万円)
  • Leica M 0.8 Summilux 24mm f/1.4(€7,400:約85万円)
  • Leica M 0.8 Summilux 28mm f/1.4(€5,900:約68万円)
  • Leica M 0.8 Summilux 35mm f/1.4(€5,300:約61万円)
  • Leica M 0.8 Noctilux 50mm f/0.95(€12,000:約138万円)
ibc2016_leica_02

CW Sonderopticはライカグループのシネマレンズ専門部隊。NABでもCW Sonderopticの本社もライカの本社があるWetzlar(ヴィッラー)市内のLeitz-Park(ライツパーク)内にある。日本国内ではSummilux-Cシリーズと同じく三友が販売。

アンジェニュー EZシリーズ

ibc2016_ange_ez-01

アンジェニューからは、マウント側の後玉レンズを交換することで、スーパー35mmとフルフレーム/ビスタビジョンのどちらのフォーマットにも対応可能な新システムを搭載した、ズームレンズシリーズ「Angenieux Type EZシリーズ」2本が発表された。

ibc2016_ange_ez_02

ユニークなのは、後玉レンズ交換方式の技術(Interchangeable Rear Optics IRO technology)を採用したことで、スーパー35mmのイメージサークル(最大30mm)とフルフレーム/ビスタビジョンフォーマット(最大46mm)に1本のレンズで自在に変更できることだ。簡単な道具のみでユーザー自身が10分ほどで交換が可能だという。

ibc2016_ange_ez_03

Type EZ-1は、ズーム比3倍の標準ズームレンズ。スーパー35mmフォーマットのカメラと組み合わせた際、焦点距離は30-90mm、開放値F1.9/T2。後玉群を交換することでレンズは対角46mmのイメージサークルをカバーし、45-135mm/T3となる(45-135mm F2.8/T3)。Type EZ-2は、ズーム比2.7倍の広角ズームレンズでスーパー35mmでは、焦点距離15-40mm、開放値F1.9/T2。後玉交換でフルフレームの場合、22-60mm、F2.8/T3。

マウント部もPL、EF、Eマウントに対応、発売時期はEZ-1が2017年の2~3月、EZ-2が6~7月頃を予定しており、レンタル製品というよりも個人にも所有して欲しいレンズというメーカー思惑から、EZ-1が$10,500(予定価格)、EZ-2が$13,500(予定価格)とかなり手頃な値段を想定している。

また特長として、あらゆるシネマカメラや一眼カメラと連携を取れるように、このレンズには全く電子的な部分が存在せず、ガラスと金属の塊という製品なのだ。カメラが変わってもレンズは長年使えるというユーザーメリットまでも考えた、完全な光学レンズであることも最近のシネマレンズとは全く違うこだわりを感じる。

ibc2016_ange_mikami 三上泰彦氏

実はEZシリーズは、日本のアンジェニュー代表/タレスジャパン株式会社 VP CINEMA/TV BISINESS DEVELOPMENT & ASIAN OPERATION 三上泰彦氏の発案とプロデュースによるもの。同氏は元ソニーでシネマカメラ設計等に関わっていた人物でもあり、アンジェニュー社に移ってすぐ、スーパー35mmセンサーのカメラが次々と出てくる中で全てイメージサークルが異なり、さらにカメラのリプレースやトレンドの変化も激しく、スピードブースターなどの製品が出てきたことなどから、EZシリーズの仕組みを発案したという。また同レンズの設計自体は完全にフランス本社で行われたが、レンズの製造は日本国内で行われるという。

現在では、レンズ設計に関するソフトウェアも非常に良く出来ているため、基本となる数値さえ入れてしまえば何百というパターンの設計も簡単に出来てしまうが、最終的にそこからどういう結果がベストかを選び出すには、やはり人間の判断が必要となる。その何百という光学設計パターンの中からこれという逸品を選び出すセンスにおいて、やはりアンジェニュー社がこれまで培ってきた歴史ならではのセンスは抜群で、逆に日本は決まった設計を緻密かつ正確に作り上げる技術を持つ。その2つが合わさった、まさに日仏混血の秀逸なシネマレンズが誕生したようだ。

富士フイルム

ibc2016_fujix-t2_01

同社初となる、本格4Kムービーが撮影可能なXシリーズの最高峰カメラ「X-T2」に、4K対応のFUJINON XK6×20 20-120mm/T3.5を装着。モニターレコーダーにはATOMOS NINJA FLAMEを装備した、まさに4Kムービー撮影スタイルのX-T2が、動画系の展示会に初お目見えした。

ibc2016_fuji_x-t2-02

X-T2では誰もが気になっている、過去の富士フイルムの名フィルムルックを再現する“フィルムシュミレーション機能”について、やはり海外の多くのカメラファンからも注目されており、ブースも1台のみの地味な展示だったにも関わらず、見入る客が絶えなかったようだ。

ibc2016_fuji_x-t2-03

ソニー

ibc2016_sony18-110

ソニーからも、α7SやFS7、FS5のユーザー向けに新たに18-110mm F4のズームレンズが出展された。FS7発表時に同時発表された28-135mmレンズとほぼ同形、同デザインで、フライ・バイ・ワイヤ方式のフォーカスシステムを採用しマニュアルフォーカスにも対応している。また、ズームリングの回転方向も、下部のスイッチにより簡単に逆回転に変更も可能。IBC2016では今年12月の発売予定と発表しているが、日本における製品内容、発売時期についての詳細は未確定。

txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.02 [IBC 2016] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-09-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

[CES2017]Vol.07 総括:クラウドの波に押し流されるコンシューマの世界

txt:小寺信良 構成:編集部 戦い終わって感じるCES2017 PRONEWS取材班として、筆者が毎年CESの取材に来ていたのは、プロの映像クリエイターにも役に立つ製... 続きを読む

[CES2017]Vol.06 スマートフォン活用で激変する取材スタイル

txt:小寺信良/編集部 構成:編集部 新しい取材スタイルを実践導入するのが恒例。さて2017では? 今年のCESでも取材として多くの写真を撮り、多くの動画を撮影したこ... 続きを読む

[CES2017]Vol.05 テレビが主役ではないCESにおける映像利用の新たなフィールド

txt:江口靖二 構成:編集部 メーカーが考える次の映像運用方法は? CESではすでにテレビ画面だけに閉じた時代ではなくなっているのは明らかで、スマートフォン連携ももち... 続きを読む

[CES2017]Vol.04 CESで見つけた興味深い映像に関する技術

txt:小寺信良 構成:編集部 会場に散らばる映像ビジネスの興味深い技術 1月3日からスタートしたInternational CES 2017も、プレスカンファレンス2... 続きを読む

特集記事

SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.03 トレンドウォッチ@IBC2016 Part02