PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.04 トレンドウォッチ@IBC2016 Part03

News

[IBC2016]Vol.04 トレンドウォッチ@IBC2016 Part03

2016-09-23 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

ソニー

ibc2016_sony-01

IBCでは毎年、13ホールをほぼ全て使用して展示を行うソニーブース。この数年全ての展示会で「Beyond Definition」をメインテーマに掲げ、Image、IP、ワークフローという内容をサブテーマに4K、HDRに対応する新製品や新技術、最新ソリューションが展開されていた。

今年のブースデザインは、ブース正面に6月のinfocommで製品発表されたLED最新技術を搭載した高輝度なパネル“CLEDIS”で4Kサイズ(infocommの8Kの半分のサイズ)の画面が作られ、NABで発表された4Kライブカメラシステム「HDC-4800」「HDC-4300」などで撮影されたビーチバレーなどの最新映像が常時上映されていた。

ibc2016_sony-04 ibc2016_sony-02

その裏にIPのデータセンターを模したデータ部が設置され、ブース全体をIPで繋ぎ、リモートプロダクション、リモートシェアリングといったIPを中心に各ソリューションが繋がっているという構成・配置になっていた。

ibc2016_sony-05

IBC2016では、メーカー各社とも4Kのスポーツライブ中継などに力をいれていたが、ソニーではそれを全面的に展開。さらに放送やインターネット配信でのライブHDR中継を実現するHDRコンバーターユニット「HDRC-4000」を発表。HDR変換以外にも既存のHDコンテンツやS-Log3以外の信号を、ソニー推奨の4K-HDR S-Log3/BT.2020フォーマットに統一処理して、用途に応じた変換処理で入力から配信までを効率化できる。

ibc2016_sony-06

4月のNABで発表されたXDCAMの2/3インチセンサー搭載の最新機種「PXW-Z450」が装いも新たに展示。NAB時には収録と同時の4K/60p出力ができなかったが、後部出力端子部の改造により出力が可能となった。国内発売価格は350万円で、今年12月の出荷を予定している。

ibc2016_sony-03

最近、マルチコントロールによるカメラ演出が、放送局やネット配信局でも需要が高まっている中、マルチパーパスカメラの新機種「BRC-X1000」は1.0型Exmor R CMOSセンサー搭載の旋回型カメラが登場。4K対応かつ1.0型大判センサー搭載ということで、これまでにない演出も可能だ。同型でHD撮影のみの「BRC-H800」もある。

ibc2016_sony-07

さらに、重量400gと小型で35mmフルサイズ4K対応のウルトラモバイルカメラ「UMC-S3C」も展示されていた。また、HD対応でフリッカーフリー機能やITU-R BT.2020に対応の、6Uのラックマウントに装着可能で中継車用途にも便利な業務用有機ELモニター「BVM-E251」「BVM-E171」も発表した。これらはともに来年1月の発売予定。

ibc2016_sony-09

今年8月後半に北京で開催された「BIRTV」で、1/3型センサー搭載のNXCAMカムコーダー「HXR-NX5R」2台と、コンパクトライブスイッチャー「MCX-500」との組み合わせによる、ライブ収録デモも行われており、コンパクトなライブシステムにも多くの来場者が興味を寄せていた。

ibc2016_sony-08

パナソニック

ibc2016_pana-01 ibc2016_pana-02

NABですでに発表された、ハンドヘルドカムコーダーの新製品で業界最広角レンズの24mm光学20倍レンズを配した4K60pが収録可能な「AG-UX180」、広角24.5mm15倍レンズ・4K30pの「AG-UX90」のそれぞれ実機、そしてさらに小型のハンドヘルドカメラの新製品「AG-AC30」など、小型カメラの新製品を中心に実機展示を展開。

ibc2016_pana-03

やはりIP化の波が激しい欧州向けの展示ということで、「ライブスタジオソリューション」「放送システム」「プロダクション4K制作」「ニュースワークフロー」「リモートカメラシステム」「新アプリケーション」をテーマに、4K(UHD)/HD/SDの同時出力が可能な、B4マウントレンズ対応の4Kスタジオハンディカメラ「AK-UC3000」と、1080pで4倍速撮影が可能なハイスピードカメラ「AK-HC5000」のシステムラインナップなどを展示。

同社でもマルチパーパスカメラの需要は大きく、今年11月に発売予定の新製品「AK-UB3000」を発表。その他、HDR技術やスポーツやライブイベントに向けた360°全方位カメラ、新時代のロボティックソリューションも展開。

ibc2016_pana-06

参考展示として、次世代高速インターフェイスThunderbolt 3を採用したexpress P2ドライブ「AU-XPD3」をモックアップ展示。これは通信速度40Gbpsの次世代高速インターフェイスThunderbolt 3の採用で、4K/HFR(ハイフレームレート)映像記録用「expressP2カード・Bシリーズ」の持つ高速データ転送性能を引き出し、実効データ読み出し速度は最大10Gbpsの高速ワークフローを提供し、最大6台までのデイジーチェーンでの同時アクセスで、より高速なシステムの構築が可能になるという。これらは2017年度春の商品化を予定している。

ibc2016_pana-05

シネマカメラのVARICAMシリーズでは、VARICAM 35の前方のカメラモジュール部分に直接V-RAW2.0で4K120pの非圧縮RAW収録が可能な、CODEX社製の専用レコーダーを装着した「VARICAM PURE」を発表。

ibc2016_pana-07codex

ちなみにこのCODEX社のレコーダーユニットは、同時期に発表されたキヤノンのEOS C700用RAWレコーダー、以前からのARRIのARRI RAWレコーダーとも、収録用のSSDは同形のものを使用できる汎用的な仕様に設計されている。

池上通信機

ibc2016_ikegami-01

創業70周年を迎える池上通信機。IBC2016では、2/3型4K CMOS 3板式システムカメラの「UHK-430」、31型の4K UHD LCDモニター「HQLM-3120W」などの新製品を発表した。UHK-430は4K高精細と3板式による高品質な色再現を実現した4K/HDマルチフォーマットシステムカメラ。汎用的な2/3型センサーとB4レンズマウントを採用し、既存のHDレンズが使用可能で、使い慣れたHDカメラと同様の運用性で4K映像制作を実現。新たに光学分離型構造を採用し、センサーユニット部分の延長や、運用に応じてオプションセンサーユニットへの交換が可能だ。

ibc2016_ikegami-02

新開発のカメラコントロールユニット「CCU-430」とカメラの間の伝送路は40Gbpsの超広帯域を確保し、2/3型4K CMOSセンサ3板式のカメラとしては世界初のR:G:B 4:4:4の4K非圧縮信号伝送を実現。高精細で遅延のない伝送が可能だとしている。VFは用途に合わせて選択可能な3機種を新たにラインアップし、高倍率大型レンズが取付け可能なシステムエクスパンダ「SE-U430」も開発しており、スポーツ中継を始めスタジオ番組制作にも有用だ。

ibc2016_ikegami-03

またNABにも出品していた8Kスーパーハイビジョンカメラ「SHK-810」、スーパー35mmフォーマットHDTVカメラシステム「HDK-97ARRI」、3G対応16bitフルデジタルカメラシステム「HDK-97A」などが展示されていた。

txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.03 [IBC 2016] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-09-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

[CES2017]Vol.07 総括:クラウドの波に押し流されるコンシューマの世界

txt:小寺信良 構成:編集部 戦い終わって感じるCES2017 PRONEWS取材班として、筆者が毎年CESの取材に来ていたのは、プロの映像クリエイターにも役に立つ製... 続きを読む

[CES2017]Vol.06 スマートフォン活用で激変する取材スタイル

txt:小寺信良/編集部 構成:編集部 新しい取材スタイルを実践導入するのが恒例。さて2017では? 今年のCESでも取材として多くの写真を撮り、多くの動画を撮影したこ... 続きを読む

[CES2017]Vol.05 テレビが主役ではないCESにおける映像利用の新たなフィールド

txt:江口靖二 構成:編集部 メーカーが考える次の映像運用方法は? CESではすでにテレビ画面だけに閉じた時代ではなくなっているのは明らかで、スマートフォン連携ももち... 続きを読む

特集記事

NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.04 トレンドウォッチ@IBC2016 Part03