PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]Day02:映像業界のリーディングカンパニーの将来はいかに?

News

[InterBEE2016]Day02:映像業界のリーディングカンパニーの将来はいかに?

2016-11-18 掲載

[InterBEE 2016]会場出口インタビュー

快晴に恵まれた2日目は、昨日と違ってビデオ業界のリーディングカンパニーのいくつかを回って近い将来の放送業界を俯瞰してみようと思う。すでに4K/8Kの試験放送も開始され、実際の運用に伴い必要となる機材を各メーカーが出展している。

そこには、昨年あたりまでに見られた流行に遅れまいと先走った感はなく、一見すると同じように見えても地に足のついた製品が多いことに気づく。それはSMPTEやARIBといった、放送業界の規格を決めている機関でインターフェースやフォーマットなどの機器を開発するうえで必要な規格が、おおむね決定したのが理由といえるだろう。

例えば、初期の4KではDVI×4やHD-SDI×4といった半ば力業だったものが、最近では12G-SDIやIPがトレンドとなっている。やはり、放送業界では1つの映像信号を伝達するのに複数のケーブルが必要になるのは許せないことのようだ。過去、アナログの時代でもコンポーネント信号が放送業界に広く普及しなかったし、コンポーネントデジタルもシリアル伝送になって普及が進んだという過去がある。そうした業界の事情を考慮すると12G-SDIが有力候補に思えるが、同軸ケーブルでは伝送距離が極端に短くなるので、光ケーブルを使うことになるだろう。

IPは、ご存知の通りInternet Protocolの略である。もともと映像伝送を念頭にしたものではいので、これを利用しようとするといろいろと不都合が生じてくる。そこで、新たな枠組みを設けて映像伝送に適したものにしようとした動きがある。ソニーが中心に推進しているのがIP Live Production Systemで、グラスバレーなどが推進しているが、AIMSで今のところこの2つが有力候補となっている。NABではこの2つの陣営がより多くのメーカーを取り込もうとしているかのように見えた。HDでNTSCとPALという2つの放送方式の呪縛からある程度逃れたかに見えたが、また2つに分かれてしまうのだろうか。どちらかがどちらかを駆逐するのではなくお互い歩み寄ることで、1つになることを願いたいものである。

ネットワーク関係の業界では、機器間の接続性を担保するために力のあるメーカーが自社の製品をそろえた検証施設を開発メーカーに開放したり、ネットワーク関係のイベントでは、各メーカーが協力してイベント会場内のネットワークを構築して接続互換性の担保に努めている。今回ソニーのブースでは、同社が提唱しているIP Live Production Systemに賛同しているメーカー間のブースを結び、メーカー間を超えた接続互換性の実証を始めた。本格始動に向けた第一歩といえるのかもしれない。

interbee2016_day02_9000 朋栄、日本電気、東芝、インターネットイニシアティブ、シスコシステムズ、リーダー電子と共同で、各社ブースに展示した対応機器をIPネットワークで接続し、4K映像ライブ配信のデモンストレーションを行った interbee2016_day02_8445 朋栄ブースのキャラクタージェネレータ・RCGコーナー。ソニーブースとはNMIで接続、ソニーブースのIP Live Production Systemで同社のシステムを利用可能 interbee2016_day02_8735 朋栄のシステムをソニーブースのIP Live Production Systemで利用 interbee2016_day02_8989 東芝ブースの4K/8K送出設備。IP LiveゲートウェイでNMI-3G-SDIへ変換、送出系に送られる interbee2016_day02_8964 IP Live Production Systemで結ばれたリーダー電子のLV5490。NMI対応オプションを搭載することで実現 interbee2016_day02_8737 音声システムからの音声信号をNMIに重畳したり、NMIから音声システムへ渡す音声信号を抜き出すなど、NMIに対応したAVマルチプレクサ/デマルチプレクサボードNXLK-IP45Fによりタムラ製作デジタルミキサーNT110をネットワークに接続
Day01 [Inter BEE 2016デイリーレポート] Day03

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-11-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

[InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2016の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2016に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2016]Avidブース:AdobeユーザーがAvidの制作環境へアクセス可能なシステムや、4K/HDR対応ソリューションを展示。ユーザーによるデモや講演も開催

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2016]コペックジャパンブース:スペイン生まれのモバイルリグShoulderpod初参戦

InterBEEは、国内最大の放送機器展ではあるが、時代の変化に即した様々な新規企業の出展も見受けられる。中でもiPhoneカメラの進化は凄まじく、iPhoneで映像制作を行うユー... 続きを読む

[InterBEE2016]NIXUSブース(動画)

InterBEE2016のNIXUS(北海道日興通信)ブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2016]SIGMAブース(動画)

InterBEE2016のSIGMAブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]Day02:映像業界のリーディングカンパニーの将来はいかに?