PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.02 今年のトレンドの一つの解答「VR」の意味とは?

News

[CES2017]Vol.02 今年のトレンドの一つの解答「VR」の意味とは?

2017-01-10 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

CES2017、テレビを巡る空気感とは?

まずは今年のCESにおけるテレビ周りの状況を紹介したい。CESはコンシューマーベースの展示会であるので、放送業界、放送機器メーカーの思惑よりも、よりコンシューマーに近い状況がとてもよくわかる。

02ces_sony

テレビそのものに関して言うと、ソニーがついに4K OLEDの市場投入機を展示。確かにその筐体のデザイン性も含めて完成度は高いが、それ以上ではない。映像品質だけで言えば、4K HDRプロセッサー「X1 Extreme」や、薄型バックライト技術「Slim Backlight Drive+」を搭載したLCD機の画質向上が目覚ましい。プレスカンファレンスで平井CEOは今年も「KANDO(感動)」というキーワードを何回か口にした。それに匹敵するような画質ではあるかもしれないが、テレビを取り巻く時代の空気は、CES全体を通して見るとそこではないような気がしてならない。

02ces_06538 02ces_01514

パナソニックの展示の主役はここ数年を継承してエアラインやモビリティ(クルマ)、リテールといった完全にB2Bである。テレビに関してはやはり4K OLEDを展示したが、よく探さないとどこにあるのか気が付かないような展示だ。あくまでも4Kブルーレイプレイヤーとコンテンツのデモ表示装置という位置づけでしかない。これは製品に自信がないという話ではまったくなく、テレビというハードウェアそのものは主役ではないという話である。

02ces_6679 LGのOLED

韓国勢はLGだけがOLED TVを全面に打ち出しているが、「そうですか」といった印象。サムスンは例のバッテリー問題を引きずっているのかわからないが、重たい雰囲気が隠せず、かつてのようなスマートTVを全面的にプロモートしていた頃とは隔世の感すら感じる。

中国勢のTCL、Hisense、Haier、Skyworthはどれも広大なスペースを構えてはいるが、新しい提案はなく、技術的にもまだまだ日韓メーカーには追いつけていない。

どのメーカーにも共通して言えるのは、スマートTVを主軸においている会社がひとつもないということ。これはスマートテレビ=NetflixとAmazonというのが結局の結論だからだ。さて、ではトレンドは何なのか。それはVRである。と言うとたぶん誤解をされると思うので続きを読んでいただきたい。

さらに今年のトレンドを紐解く

Insta360 PROという製品を例に説明しよう。これは360映像をカメラ6台で最大8K(7680×3840)30fpsでHDRとRAWで撮影できる。また4K解像度ではなんと100fpsを達成している。さらにハードウェアによるリアルタイムスティッチング(合成)が可能で、USB経由にSSDなどをつなげば録画ができる。スティッチングはズレや遅延を発生させないためにあらかじめセットされたテンプレートによる合成パラメータではなく、オプティカルフロー、(見た目優先ということ)で合成している。今年の4月に3000ドルで発売される。詳しいスペックはこちらを見ていただくとして、最低限プロユースにも耐えられるスペックであろう。

02ces_01523 6台のカメラが配置されたInsta360 PRO 02ces_01521 リアルタイム出力された映像

この製品は3,000ドルで8Kカメラの登場という点も驚きであるが、4K/30fpsでライブ配信が可能だ。他にも同社のInsta360 Nano、GIROPTIC社のGiroptic iO、リコーのTHETA SやRなど、続々と360のライブに対応できる製品が登場してきた。写真や録画された360映像では足りない、リアリティやリアルタイムがこうした製品で壁を乗り越えていくのではないか。

壁というのは、マウスをグリグリ動かしたり、スマホの向きを変えたり、HMDを装着するといったような面倒くささを克服する決め手は、「今」であることだ。今しかないから、今この瞬間だから、こうしたVRの「R」の部分を補足し、カバーする。これらはソーシャルメディアにポストされ、もちろん後から見てもいいのだが、今を共有できるところがポイントであると考える。

Netflixなどに代表されるような完パケモノのライブラリー映像は、好きなときに完成度の高い作品を見られるという点で、従来の放送にはできない部分を一定数カバーしている。しかしこうした完パケモノの嘘くささというのが時代の空気感だ。今年はLINEライブが縦動画に移行する。これは大きな意味を持つ。縦以外のポジションがあり得ないスマホでのライブストリーミングが徐々に主流になり、数年後にはこうした360リアルタイム映像に拡大していくのではないだろうか。だがこれが従来の放送局の、将来の仕事なのかどうかはまだよくわからないが。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.01 [CES2017] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

[CES2017]Vol.07 総括:クラウドの波に押し流されるコンシューマの世界

txt:小寺信良 構成:編集部 戦い終わって感じるCES2017 PRONEWS取材班として、筆者が毎年CESの取材に来ていたのは、プロの映像クリエイターにも役に立つ製... 続きを読む

[CES2017]Vol.06 スマートフォン活用で激変する取材スタイル

txt:小寺信良/編集部 構成:編集部 新しい取材スタイルを実践導入するのが恒例。さて2017では? 今年のCESでも取材として多くの写真を撮り、多くの動画を撮影したこ... 続きを読む

[CES2017]Vol.05 テレビが主役ではないCESにおける映像利用の新たなフィールド

txt:江口靖二 構成:編集部 メーカーが考える次の映像運用方法は? CESではすでにテレビ画面だけに閉じた時代ではなくなっているのは明らかで、スマートフォン連携ももち... 続きを読む

特集記事

NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.02 今年のトレンドの一つの解答「VR」の意味とは?