PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの

News

[CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの

2017-01-10 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

LUMIX GH5実機がいよいよ登場

今年も米国ラスベガスにて、CES2017が開幕した。コンシューマ向けのショーではあるが、プロ映像業界ではもはやコンシューマ機の動向も見逃せないものとなっている。そのため毎年取材に来ているわけだが、今回はプロ機と言っても過言ではないカメラが発表された。パナソニックGH5がそれである。元々GHシリーズは、Gシリーズの上位モデルとしてスタートしたが、GH3以降は動画機能を強化し、プロからも注目されるシリーズとなった。

今回のGH5のポイントは、なんと言っても4K/60P記録だろう。ご存じのように4K放送では60Pが基準となっているわけだが、プロ用カムコーダを除けば、多くのDSLRはまだ4K/30P止まりである。唯一キヤノンのEOS-1D X Mark IIがMotionJPEGによる60P記録を可能にしているが、ミラーレスではGH5が初めての対応となる。

gh5_6625

また4K/30P撮影でも、4:2:2/10bitでの撮影が可能だ。さらに今年夏のファームアップでは、400Mbpsにものぼるビットレートで、All-Intraによる撮影も可能になるという。GH5は今年3月頃の発売で、米国での価格は約2000ドル(ボディのみ)。まさにプロ待望のDSLRだと言えそうだ。ここではプロユーザーが気になるであろうポイントに絞って、報告しよう。

LUMIX GH5期待のスペックは?

2014年に発売されたGH4は、早いタイミングで4K撮影を可能にしたモデルだ。拡張ユニット「AG-YAGHG」を使えばHD-SDI×4で4K出力が可能だったが、GH5ではAG-YAGHGはサポートしない。その代わり本体のHDMI出力から4:2:2/10bit出力が可能なので、外部レコーダやモニターにはそれで出力する。現時点ではATOMOSのSHOGUN INFERNOが対応できるほぼ唯一の外部レコーダとなるだろう。なお4K/60P撮影では、Rec中は4:2:2/8bit出力になってしまうが、Recしなければ4:2:2/10bitの出力が可能だ。

gh5_01030 ATOMOSのSHOGUN INFERNOと組み合わせたGH5

AG-YAGHGではXLRの音声入力にも対応したが、GH5の場合は別途XLRマイクロフォンアダプタ「DMW-XLR1」が発売される。ホットシューに取り付けるアダプタで、カメラから電源を取るため、別途電源は不要だ。

gh5_01022 XLRアダプタのDMW-XLR1 gh5_01020 ホットシューから電源を取って動作する

これに入力された音声は、DMW-XLR1内部でAD変換され、96kHz/24bitのハイレゾデータで本体のSDカードにMOVフォーマットとして映像とともに記録される。元々フラッシュを使うための高電圧ラインの中を、ノイズレスで音声データを通すのに苦労したという。なおDMW-XLR1はGH5専用というわけではなく、今後発売される同社製カメラでも使用できるようになる見込みだ。

AC駆動については、別途ACアダプタとDCカプラーが必要になる点は、GH4と変わっていない。ただ拡張バッテリーとして、バッテリーグリップ「DMW-BGGH5」も発売される。DMW-BGGH5を使えば、内蔵バッテリーのみに比べるてほぼ2倍の動作時間を確保できる。

Wi-FiとBluetoothも新しくなった。Wi-Fiは新たに5GHzに対応し、IEEE802.11acまでサポートする。Wi-Fiは遠隔からのライブビューに有効だが、展示会などでは2.4GHz帯では混雑していて繋がらないことも多い。5GHz帯へ逃げるのは必然である。

Bluetoothは新たに4.2に対応し、スマートフォンのコントロールアプリとは常時接続が標準となる。スマホで受信したGPSデータをカメラに取り込んだり、リモート撮影もいちいち再接続する必要がない。またリモート優先に設定しておけば、カメラ側の電源スイッチがOFFの状態でもカメラを起動して撮影できる。USBも新たにUSB-Cタイプのコネクタを採用し、3.1対応となった。USB 3.1は、2015年と2016年発売のMacBookでUSB3.1 Gen1、2016年末に発売されたMacBook ProでGen 2が採用されている。転送レートはUSB 3.1 Gen 1で5Gbps、USB 3.1 Gen 2で10Gbpsとなる。

そのほかフォト向けの機能ではあるが、6K/30Pの撮影も可能だ。6Kで撮影しておき、4Kに切り出しといった使い方も模索してみると面白いかもしれない。ただし6KはコーデックがHEVCなので、いったん編集向けコーデックに変換する必要がある。まだ現時点ではスペックが明らかになったに過ぎないが、実機でどれぐらいの画質なのか、プロカメラマンの評価を待ちたい。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.02 [CES2016] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 SIGMA ここ数年の同社のスチルレンズ・ラインナップは目を見張るものがある。特に... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.01 九州放送機器展開催〜おもしろい情報と製品が出揃うエキサイティングな展示

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 モックや参考出品物が実機・β機種として展示されるQBEE 入り口のサインが看板からデジ... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

txt岡英史 構成:編集部 今年は暑いか?熱いか? 7月と言えば、この時期最後の放送機器展示会が九州放送機器展(以下:QBEE)である。毎年はるばるQBEEを訪ねるのは... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

特集記事

QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。

トップ > 特集 > [CES2017]Vol.03 LUMIX GH5は避けて通れない存在〜プロフェッショナルとコンシューマの間にあるもの