PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

News

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

2017-03-22 掲載

txt:西村真里子 構成:編集部

インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは?

Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを埋め込み普通の衣服を“コネクテッド”なプロダクトに変えるものだ

「イノベーション」について語られることが多いSXSW。今年のSXSWインタラクティブでもっとも注目されたBREAKOUT TRENDは「ディープ・マシーン・ラーニング」だ。人工知能について関心が高まるなか、機械学習を扱うセッションが多かったことが理解できるトレンドだ。人工知能、センサー、VR/ARが最近のテクノロジートレンドだが、SXSWにはそのトレンドの最新が詰まっている。そしてSXSWの特長は、最新テクノロジーを活用したコンテンツやユーザーシナリオが提示されていることである。

Googleがリーバイスと組んだ「スマートジーンズ」を体験

かわいらしいアメリカの一軒家。この家の中に最新のGoogleジャガードプロジェクトが紹介されていた

SXSWのメイン会場近くに、こじんまりとした家があった。その可愛らしい家の中に最新のテクノロジーが紹介されていた。Googleがリーバイスと取り組んでいたスマート繊維の展示「Googleジャガードプロジェクト」のプロダクトが紹介されていた。ファッション×テクノロジーの最先端を行くものとして注目されていたジャガードプロジェクトは、通常の紐と見た目まったく変わらないものの中にセンサーを仕込み、縫い込んだ衣服などをデジタルデバイスと変化させるものだ。

Googleジャガードプロジェクトのスマート繊維が縫い込まれたリーバイスジーンズジャケット。袖口をタップしたりスワイプしてスマホをコントロール可能

今回筆者は、リーバイスジーンズのジャケットに仕込まれたものを実際に試着させてもらったのだが、通常のジーンズとまったく遜色がないそのジャケットの左袖口に繊維が縫い込まれており、タップをしたり撫でることによりスマホから音楽が流れたり、時間を教えてくれたり…つまりスマホのコントロールが、ジャケットの袖口を撫でたりタップしたりするだけで可能になるのだ。シナリオとしては、バイクに乗っているライダーがスマホを操作するときなど、両手が塞がっている際に気軽にコントロールできそうだ。

コントローラーとしてのボタンを外せばそのまま洗濯することもできる繊維なので、利用範囲は広がって行く。筆者が考えたシナリオは、スマート繊維を枕に縫い付ければ眠くなったときに電気を消しに立たなくても、枕を撫でるだけで電気が消せるという、眠い時の課題を解決させてくれる利用方法だ。洗濯できる、どこにでも縫い付けられる、ということで一人ひとりの生活にあわせて便利な使い方ができそうである。

買い物が楽になるスマートカートも登場

Starship Technologiesのスマートカートは、家とスーパーマーケットの道を覚えて自動的に買い物をしてくれる

SXSWの面白いところは、会場の外でも最新テクノロジーに触れることができる点だ。オースティンの街中で私が出会ったスマートカート「Starship technologies」のプロダクトは、ここ数年IoTプロダクトとしてとても注目されているものだが、実際に走っているところを目にすることが出来た。

5km圏内の買い物をこなせるこのカートは道を覚え、移動の軌跡をスマホでトラッキングできるので盗難の危険も無いという。将来はこのようなスマートカート専用レーンなども出来て、買い物を、そして昨今Amazonなど宅配物の増加で悩んでいる配達業者を楽にしてくれるのではないか?と考える。

本を読むより、ニュースを見るより「VR」が良い理由

今年は、VRシアターというストーリーがあるVRコンテンツを専門にあつめたブースが新設されていた

昨年以上にVR/ARコンテンツが増えた今年は、数だけではなく質も向上しておりVRの世界がいよいよ到来したことを感じられた。シルク・ドゥ・ソレイユのVRコンテンツはまるでラスベガスのホテルの会場で見ているかのような、否、それ以上に演者の顔がよく見えて臨場感高いステージをVRの中で楽しめた。

また、Facebook Oculusは世界が抱える課題、飢餓や教育、環境破壊について問題提起する5分~10分程のコンテンツを紹介していたのだが、いずれのコンテンツも本やweb記事、テレビのニュースで見るよりも短時間で課題把握がすっとできた。それは没入感がある世界観のお陰であたかも自分が当事者のように感じながら世界の課題について考える機会が、視覚と聴覚を奪われながら提供されるからだろう。

少し前までヘッドマウントディスプレイをつける生活は遠いと思っていたが、短時間で世界の課題が把握できるのであれば効率も良いし理解も早いので、ヘッドマウントディスプレイを装着したVRコンテンツ経由でニュースを見るのもいいのではないか?と思いはじめた自分自身の変化が面白いSXSW2017であった。

txt:西村真里子 構成:編集部
Vol.01 [SXSW2017] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-03-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.03 しのぎを削るビデオオンデマンド業界で、進化するNetflix

txt:久喜里美(Gengo) 構成:編集部 SXSWで揃い踏みした、ビデオオンデマンドの雄たち 今回のSXSWでは、ビデオオンデマンドサービス(以下:ODTV)の各社... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

[CES2017]Vol.07 総括:クラウドの波に押し流されるコンシューマの世界

txt:小寺信良 構成:編集部 戦い終わって感じるCES2017 PRONEWS取材班として、筆者が毎年CESの取材に来ていたのは、プロの映像クリエイターにも役に立つ製... 続きを読む

[CES2017]Vol.06 スマートフォン活用で激変する取材スタイル

txt:小寺信良/編集部 構成:編集部 新しい取材スタイルを実践導入するのが恒例。さて2017では? 今年のCESでも取材として多くの写真を撮り、多くの動画を撮影したこ... 続きを読む

[CES2017]Vol.05 テレビが主役ではないCESにおける映像利用の新たなフィールド

txt:江口靖二 構成:編集部 メーカーが考える次の映像運用方法は? CESではすでにテレビ画面だけに閉じた時代ではなくなっているのは明らかで、スマートフォン連携ももち... 続きを読む

特集記事

After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。

トップ > 特集 > [SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する