PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Inter BEE 2013の歩き方]Fコース: 来るべきHigh Resolutionの世界-手に届く最新技術を-

News

[Inter BEE 2013の歩き方]Fコース: 来るべきHigh Resolutionの世界-手に届く最新技術を-

2013-11-05 掲載

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を知るコースとは?

今年の4月に米国で行われたNAB Showでも大きな注目となった「デジタルシネマ」。2013年はいよいよこのワークフローが実現的になります。ちょうど一年前のInterBEEでは、SONYがPMW-F55を発表し、CanonがEOS C500を発売。更にはBlackmagic Design社がBlackmagic Cinema Cameraを発売にこぎ着けるなど、デジタルシネマカメラの百花繚乱ともいえる一年であったでしょう。

今年はあらゆるメーカーが「胸を張って」発売したデジタルシネマカメラが数多くの現場で使われた年でもありました。デジタルシネマを特徴づけるキーワードはズバリ「4K」と「色編集」です。いよいよ撮影素材は4Kや4Kを超える解像度に突入し、LOGやRAWといった新しい収録方法による「色編集」を軸としたワークフローが求められるようになりました。如何に膨大なデータ量となるデジタルシネマの素材を効率的に編集するかが、正にこれからの課題になります。今年のInterBEEで、こういったポストプロダクションの機材やソフトウエアにも注目すると、次世代の作業環境が見えてくるのではないでしょうか。

1
レッドディジタルジャパン(ブース#8403)

itb2013_enatsu_RED.jpg
いよいよ実機の登場か?RED DRAGONに期待大
最初に訪れてほしいブースがレッドディジタルジャパンです。いよいよお目見えになるかと思います!世界初の6Kデジタルシネマカメラ「RED DRAGON」の登場に期待しましょう。事前の仕様によれば、6KセンサーでベースISO2000という、その名にふさわしいモンスターな一台。おそらくこれから多くのハリウッド映画やCMなどのハイエンドな現場で使用されることになるカメラです。REDの更なる注目は、電子NDフィルターを内蔵したグローバルシャッター機能をもつMotion Mountや、4KプレーヤーのREDRAY、更には6K編集にオプティマイズされた超高速カードのRED ROCKET-Xなど数多くの周辺機器が展示になるかと思います。
2
アドビ システムズ(ブース#8502)

itb2013_enatsu_adobe.jpg
今年のNABの様子。毎年充実したデモを一日何回も行うAdobe。今年はCCリリースで盛り上がる
今年6月リリースになったAdobe Creative CloudのCCシリーズ。サブスクリプション方式による「アプリ」仕様で全世界100万本の導入を超え、Adobeの勢いは増すばかりです。動画編集のハイエンドツールも今年の10月に大幅バージョンアップをしました。大注目は2つ。まずはSONYの4K60pまで対応する10bit4:2:2イントラフレーム圧縮のXAVCのエンコードが可能になります。これにより従来大きな問題であった中間コーデックが、XAVCの登場で解決されるでしょう。Win、Macに限らず4Kまで網羅するXAVCは救世主かもしれません。ProResに頼らざるを得なかった人には朗報です。そしてもう一つがSpeedGradeとPremiere Proが遂にネイティブでつながるようになりました。ハイエンド32bitFloatの色編集とMercury Playback Engineの組み合わせがカラーグレーディングの常識を変えることになるでしょう!ブースでのデモンストレーションにも注目です。
3
ジャパンマテリアル/Matrox(ブース#8404)

itb2013_enatsu_Matrox.jpg今年のNABで発表になったMojitoの4K60p再生に注目。ストリーミングソリューションも充実
そしてAdobeブースとREDブースのすぐそばにあるのがMatroxです。いままでコンバーターやキャプチャシステムなどを小規模で展開していたMatroxですが、今年は大きな製品をブースで見ることができるでしょう。それが4K60p再生を可能にするモニタリングカード、Mojito 4Kです。いよいよ4K60pの再生環境を編集モニタリングで実現できます。おそらくテレビ放送の4K規格は60pになるでしょう。2020年に決定した東京オリンピックを見据えて、4K放送に向けた技術がスタートします。MatroxはこのほかにもMonarch HDなどWEBストリーミングとレコーディングのソリューションを展開するので、このあたりもチェックしたいですね。
4
GoPro NIPPON(ブース#8511)

itb2013_enatsu_GoPro.jpg小型ヘリコプターとの相性も抜群のGoPro HERO3+が発売に。最新のGoProが初お目見え
InterBEEの約1か月前に発表になったGoPro HERO3+を手に取りましょう!!一時期ではGoPro4の発売などが噂になっておりましたが、今回、GoPro HERO3+ Black Editionのバージョンアップはセンサー感度の向上と、Wi-Fi機能の改善、そしてバッテリー寿命が延び、オーディオが改善されるなど、絶対に「購入」の一台になっております。期待されていた4K30pの収録はできませんが、何といっても2.7K30p、そしてフルHD60Pの威力は抜群です。そしておそらく今回はヘリコプターとの組み合わせによる撮影も見られるかもしれません。小型のためより安価なスタビライズ装置「ジンバル」が多く発売になり、夢のような映像をハイエンドクオリティで手にすることができるようになりました。是非、GoProの可能性を探りに行きましょう!
5
キヤノン/キヤノンマーケティングジャパン(ブース#8322)

itb2013_enatsu_Canon.jpg4Kソリューションも見どころ満載ですが、レンズにも注目したいCanon
CINEMA EOS SYSTEMで一気にデジタルシネマの世界へコマを進めたキヤノン。世界一のレンズとセンサー技術を持って、EOS C100、C300、そして4KのC500、1D Cのラインアップを昨年末に完成させました。今でもC300の人気は現場でも衰えず、更にはEFレンズという最強のレンズ群でその存在感はナンバーワンです。今回のブースでは「新機種」の発表までは至らないかもしれませんが、おそらく4Kというキーワードを軸に新しいコンセプトモデルなどのリリースがあるかもしれません。個人的には次々と発売になるEFシネマレンズや、4Kシアターのコンテンツなどに注目したいです。
6
ソニー/ソニービジネスソリューション(ブース#7106)

itb2013_enatsu_SONY.jpg今年はハイスピード撮影がメインか?F55の更なる加速が気になるところ
そしてそのままHALL7突き当りまですすめば、ソニーのブースがあります。今年のソニーのテーマは「ハイスピード」です。まずはPMW-F55のファームウエアが新しくなり、2K240fpsの記録がRAWで無制限に行えるようになりました。おそらく会場ではHigh Frame Rateのデモ映像がみられることでしょう。またF65RSも進化を続けており、2系統のSDI出力から異なるLUTを充てて出力可能に。NEX-FS700もS-Log2を搭載し、4Kレコーダーとの組み合わせで4K120fpsを約3秒少し撮影できるまでになりました。あわせてF55、F65RS、FS700などのRAW現像ソフトウエアであるRAW Viewerも進化。新しいREC.709へのユーザーLUTを搭載しており、ProResへのエンコード(Macのみ)などにも対応。S-Log2という最強のLogガンマを武器に、デジタルシネマのど真ん中を突き進みます。
7
ブラックマジックデザイン(ブース#7105)

itb2013_enatsu_BMD.jpg早く見たいBlackmagic Production Camera 4Kの映像。40万円の4Kカメラの実力は如何に
そして今回のInterBEEの最大の目玉が、ここブラックマジックデザインのブースで展示されます。それが「Blackmagic Production Camera 4K」です。今年のNABで発表になった40万円台で購入できる4Kのシネマカメラです。ここまでの展示会ではいわゆる未完成品のモックしか展示されていませんでしたが、おそらく今年のInterBEEでは実機とデモ映像が発表になるでしょう。正直このカメラは4Kデジタルシネマの常識を一気に覆す一台になると断言できます。なにせ、センサーはスーパー35mm、グローバルシャッター内蔵で、ダイナミクスレンジが12Stopというスペックです。すでに発売になっているBlackmagic Pocket Cinema Cameraもすごいですが、やはり4Kという見方では、このカメラへの期待は半端ないです!これこそ「買い」のカメラです。
8
クレッセント(ブース#8117)

itb2013_enatsu_CRECENT.jpg4K60pの入出力カードはこれ!今年のNABで発表されました
そして4K60pの入出力ボードとなるのがBluefish444、4K Epoch|SuperNovaです。このカードを2枚挿すことで、4K60pの入力・再生を行うことができます。今回はAdobe CCとの安定した4K60p再生を見ることができるでしょう。Matrox同様、いよいよ編集環境で安定した4Kのソリューションが現実に。またクレッセントブースではターンキー型のカラーコレクションツール、MISTも展示。4K Epoch|SuperNovaとの組み合わせでリアルタイムの色補正をデジタルシネマ素材に行うことができます。ACESにも対応し、ハイエンドな4Kカラーコレクションの新しい世界をのぞいてみましょう。
9
平和精機工業&ケンコープロフェッショナルイメージング(ブース#7202,6405)

itb2013_enatsu_Libec.jpgRS+は是非一度手に取って触って欲しい。その性能の高さはメイドインジャパンの誇り。Libec
4Kという言葉ではくくることができませんが、三脚やスライダー、クレーンといった特機ではこの2社は外せないでしょう。今やTeradek社まで買収したVitecグループの製品が三脚のメインストリームとなる中、メイドインジャパンの誇りで次世代の三脚を作り続ける会社こそが平和精機工業(Libec)。昨年のInterBEEで発表したRS+シリーズの人気は右上がりで、JIBの人気も世界的にかなり高いといえるでしょう。コストパフォーマンスも非常に高く、日本製のためサポート体制も万全というのが特徴です。そしてケンコープロフェッショナルイメージング(KPI)が販売するスライダー各種にも注目です。特にedelkroneの新しくなったスライダープラスなど、小型が進むデジタルシネマカメラにはうってつけの特機を見つけてみるのもいいかもですね。KPIはこのほかにもLED照明などに力を入れているため、見どころは満載!
※掲載しているブース写真は過去に開催されたイベントのものです。
Eコース [Inter BEE 2013の歩き方] Intro

[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-11-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2013の歩き方]Eコース: 音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

奥の深いオーディオの世界。手段や機材など多種多様だが、状況に応じた使い勝手の良さや信頼性など、それぞれの業務に特化した機材が必要になりプロオーディオが成立する。デジタル化が当たり前... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

地デジへの完全移行になったのはほんの1、2年前のことだが、既に家庭用の4Kテレビやカメラなどが発表&発売され、CESやNAB、IBCといった展示会でも話題は4K更には8Kになってし... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新時代の映像制作を考える-

昨年から設けたこのCコース/プロスーマ・ネクストソリューションは、従来の映像制作専業者ではなく、主業となる本業をPRするためのメディア制作、もしくは教育ツールなどの一つとして自社内... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者向け解説-

Bコースは、映像のことに詳しくない一般の人でもInterBEEを楽しめるというコース。InterBEEは映像業界人向けの展示会だが、一般の人でも4Kや8Kといった次世代放送を観たり... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Aコース: シネマ&ブロードキャスト2013 -新映像時代探訪-

Aコースは、InterBEEのメインストリームとなるブロードキャスト関連製品、およびデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。今年は9月に2020年の東京オリ... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

季節到来! 1年はあっという間にやってくる。気づけば、映像関係者には見逃せない「Inter BEE 2013」 (#interbee) 開催の季節である。今年は11月13日より3日... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [Inter BEE 2013の歩き方]Fコース: 来るべきHigh Resolutionの世界-手に届く最新技術を-