PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2013]GoPro NIPPONブース:「GoPro HERO3+」国内販売も始まる!

News

[InterBEE2013]GoPro NIPPONブース:「GoPro HERO3+」国内販売も始まる!

2013-11-16 掲載

会場内も席巻!GoProの人気は続く


intarbee2013_gopro-04.jpg 新モデルのGoPro HERO3+。ボディだけのサイズはGoPro HERO3と変わらない

昨年は「タジマモーターコーポレーション」という名称で初出展だったが、今年は「GoPro NIPPON」という名称で出展している。メインの展示は今年9月に発表されたアクションスポーツカメラ「GoPro HERO3+」だ。特徴は、GoPro HERO3のハウジングが20パーセント小さくなったことだ。今までのGoPro HERO3と比べて本体サイズ自体は変わらないが、ハウジングを付けた際の総重量は軽くなっている。

intarbee2013_gopro-05.jpg 左がGoPro HERO3の専用ハウジング。右がGoPro HERO3+の専用ハウジング。実際に両方持ってみると、GoPro HERO3+の専用ハウジングのほうが明らかに軽い

たとえばヘルメットにつけるような使い方をする場合は、1グラムでも軽いほうがいい。また、レーシングカーや自転車などにつけて走る場合は、わずかでも軽いほうがいい。GoPro HERO3+は、そういう多くのユーザーたちの要望に応えたとのことだ。

intarbee2013_gopro-06.jpg 帽子のつばさにGoPro HERO3+を設置した例。非常に軽いからこそできるGoProならではの使い方だ

広角風に撮れる新機能を搭載した「HERO3+ Black Edition」

新機種3機種の中で一番人気が高いのはBlack Editionだ。Black Editionは、今までのHERO3 Black Editionと同じように最大4Kの15fps、1080p60fps、720p120fps記録が行なえる。それに加えて今まで以上に、レンズ、センサー、プロセッサの機能がアップしている。それらの省電力性能もアップしたことによって、今までよりも30パーセントバッテリーライフが長くなった。さらに、Black Editionだけに搭載される新機能として、ワイドアングル風で撮れる「SuperView」という新機能が特徴だ。

intarbee2013_gopro-07.jpg SuperViewの仕組み。4:3で撮った映像の端を伸ばしている

レンズを交換するわけでもないのに、広角風の撮影ができるという不思議な機能だ。GoProのもともとのセンサーは4:3で、これを16:9のフルHDで撮る場合は上と下をカットしていた。SuperViewは、4:3で撮って周辺部分を左右を中心を広げるという機能だ。従来のアングルと比較してより広い空と地面を見ることができるよう感じで、サイクリング、スキー、オートバイなど、カメラを頭や胸に取り付けて撮影する場合にさらに面白い映像が撮れるようになるモードとのことだ。このほかにも、フレームレートをカメラが自動調整し、明るさと画質を両立する新技術「オートローライト」を装備している。

一方、Silver Editionは、1080pで従来は30fpsまでだったものが60fps、720pでは従来60fpsまでだったものが120fpsまで対応するようになった。今まで「Protune」と呼ばれるMP4で記録する際の圧縮率を下げて後でパラメータの調整がいろいろできるという撮影モードを搭載していたが、廃止となった。従来のSilver Editionというとプロ向けのモデルだったが、HERO3+ではコンシューマ向けのハイスペックモデルに変更された感じだ。ブースのスタッフによると、「今ではプロフェッショナルな方は、Black EditionやSilver Editionを選ばれる方がいましたが、今後はInter BEEに来られるような映像業界の方であればBlack Editionを選ぶようになるでしょう」と補足していた。

もう1つのWhite Editionは、「+」にはならないで「HERO3」のままだがマイナーチェンジは行われる。ハウジングがHERO3+と同じ小型軽量のものになり、Wi-FiチップがHERO3+と同じものに変更されて高速化される。それ以外の仕様は今までと同じとのことだ。

GoProの素材の編集方法

intarbee2013_gopro-08.jpg GoProのコンテンツの編集できる「GoPro Studio」。無料で入手が可能

GoProの素材を放送などに使う際のワークフローも聞いてみた。GoProの素材は基本はMP4で、GoPro専用のフリーの「GoPro Studio」というソフトでMOVなどに変換できる。GoPro Studioで変換することによって汎用の編集ソフトなどに対応しやすくなるのではないかとのことだ。

intarbee2013_gopro-02.jpg タジマモーターコーポレーションで設計、開発、製作もすべて行っている完全なオリジナルのマシン「モンスタースーパー86」がブース中央に展示されていた。2013年JAF全日本ダートトライアル選手権 第2戦「RASCAL SPRINGF TRIAL IN KYUSYU」で実際に優勝した車だという。11月23日にお台場で行われる「お台場モーターフェス in MEGAWEB」でもデモランするとのことだ

[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

ITB2015_GPR_TOP

[InterBEE2015]GoProブース:HERO4 Sessionや360°VRデモを実施

GoProブースでは、この夏に発表した新モデル「GoPro HERO4 Session」を中心に展示。毎年元気なGoProだが、今年はおとなしい展示だった。やはり新しい製品の発表が... 続きを読む

InterBEE2014_GoPro_top

[InterBEE2014]GoProブース:HERO4ブラックエディションやHERO4シルバーエディション、HEROの3機種登場

4K30pに対応したHERO4ブラックエディションや液晶モニタを搭載したHERO4シルバーエディションに注目 注目の新製品は、HERO4ブラックエディションとHERO4シルバ... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.08 GoPro,Blackmagic Production Camera 4Kなど、注目のカメラを紹介!―江夏由洋

Go Proの魅力にフォーカス! 江夏的気になるブースから… ■GoPro 2013年、全世界でビデオカメラ販売台数がSONYに次いで第2位となったのがGoProだ。今回、その... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.07 これからは4K放送に行く? Blackmagic Designに期待―小寺信良

今回のBlackmagic Design(以下BMD)ブースツアー、お楽しみ頂けただろうか。“サムライなのにあんまり切ってない”と不満の声もあると聞いているが、製品のできと価格を... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.06 “4K営業開始!”ところでどこで放送するの?そりゃ地上波でしょ―江口靖二

明らかに4Kはリアリティだ! 今年のInterBEEをひと言で言えば、「4K営業開始!」だったと思う。これまでの4Kの紹介とか、ここまでできますとか、課題はこうですとかいったフェ... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.05 4K放送の未来とは?―小寺信良

InterBEE2013最終日の11月15日は、次世代放送推進フォーラム(NEXTV-F)事務局の元橋氏圭哉さんをゲストにお迎えして、”4K放送が始まるとどういう未来になるのか”... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.04 4Kで撮影・編集。4Kのワークフローを紹介―江夏由洋

始まった4K。撮影、編集、記録、プレイアウトと課題は山積み! 今回のInterBEEの大きなキーワードは「4K」である。実際に4Kという言葉は昨年も大きく取り上げられていたのだが... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.03 日本初公開!6Kセンサー搭載EPIC DRAGON登場!―石川幸宏

いよいよ4Kの夜明けが来たが… 開発当初から4K制作を睨んで開発を進めて来たRED DIGITAL CINEMA。ついに実装された、6K DRAGONセンサー搭載の『EPIC D... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.02 4Kの登場、OVER HD時代の幕開け―石川幸宏

会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013 各社が提案する業務用4Kモニター各種 会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013。2020年東京... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [InterBEE2013]GoPro NIPPONブース:「GoPro HERO3+」国内販売も始まる!