PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2010]Vol.05 Exhibition展示会場を覗いてみれば...

News

[SIGGRAPH2010]Vol.05 Exhibition展示会場を覗いてみれば…

2010-07-30 掲載

Txt:安藤幸央

SIGGRAPH 展示会編

SIGGRAPH は学会でありながらも、機器展示 (Exhibition) も併設されている。リーマンショック以降、ブースの規模や数は減ったものの、内容は充実しているのだ。Exhibition ではカタログでしか見られなかった製品に触って体験したり、実際の開発者に会って話せるのは、重要な体験であり、この場限りだ。SIGGRAPH展示会の出展者の最近の傾向としては、CGプロダクションの求人ブースが多い。さらに、CGや映像制作、アニメーション制作などの学科を持つ大学などの教育機関の出展が数多く見受けられた。展示会の中から、いくつか興味深い製品をピックアップして紹介しよう。

GCS3 (Gamecaster社) : CG専用カメラ

sigDSC07002.JPG

ハリウッド映画製作の現場では、実写映像と、CG映像とを合成した映像の場合、その場で合成して映像を確かめることが多くなってきている。グリーンスクリーンの張り巡らされたスタジオの実写の撮影現場で、テスト用の比較的荒いCG映像 (プレビズ映像)を、その場で合成し、出来を確かめるのだ。その際、無くてはならないのは、実写映像のカメラワークをデジタルデータとして取得できるCG用のバーチャルカメラ装置である。各社からリリースされている中でも GCS3 は古株である。

http://www.gamecaster.com/news/GCS3-Revolutionary-Virtual-Camera-Control-

Tandent Vison Science :影の除去

sigDSC06501.JPG
左の顔が入力素材、右の顔が影を取り去った出力画像

Tandent 社の展示は、画像の「影」を消すことのできる技術展示。 Tandent 社は、コンピュータビジョン専門の会社であり、展示されたテクノロジーは 今すぐ買って使えるという感じではなく、SDKを提供するので、ツール等に組み込んで欲しいというデモ展示。ただ、その完成度は高く、すぐにでも使いたい人も多いのではないかと思える充実した機能が見受けられた。

DSC06532.JPG DSC06533.JPG
右の画像が、入力素材。3人の影が写りこんでいる。 右の画像が、影を除去した後の出力画像。影が消えている。
http://www.tandentvision.com/site/

mocha (Imagineer Systems 社):モーショントラッキング

sigDSC06630.JPG
ぶれの大きい動画素材から、手の部分をトラッキングしている様子

mocha は 1,095ドルと比較的安価に利用できるモーショントラッキングツール。特殊なマーカー無しで、動画像内に写っている、特定の形状を設定するだけで、手持ちカメラのぶれを除去したり、画面に新しい物体を加えたりすることができます。比較的トラッキングの困難な素材や、トラッキング用のオブジェクトが見切れているような時でもうまく使えるそうだ。

http://www.imagineersystems.com/products/mocha/

hdrv (SPHERON-VR 社) ハイダイナミックレンジ映像用カメラ

DSC07041.JPG
hdrv の筐体

通常のカメラであれば、画面の中に明るい部分があると、そこに絞りや色味を合わせてしまい、画面の中の暗いところは良く映らない状況に困る。HDR (High Dynamic Range) 撮影すると、明るいところも、暗いところもはっきりくっきりと映し出せる。hdrv は、full HD 解像度で、HDR撮影できるビデオカメラとして登場した。

DSC07046.JPG
明るいところも白トビせず、暗い部分もはっきりと撮影されている様子
http://www.spheron.com/


[ Category : , ]
[ DATE : 2010-07-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2016]Vol.05 多種多様に広がるCGの世界

セッション会場に展示された、映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で使われた実物大スーツ txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2016を振り返る... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.04 最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

展示会会場の隅に鎮座する「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン txt:安藤幸央 構成:編集部 展示会場 展示会場入ってすぐ。にぎわうNVIDIAのブース... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.03 VR三昧。体験型VRで会場はまるでテーマパークに

txt:安藤幸央 構成:編集部 体験しないとわからないVR展示の数々 昨年以上にVR系の展示に力が入っていた今年のSIGGRAPH。広大な会場内のあるフロアは薄暗い照明... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.02 多分野への応用が深まるSIGGRAPH2016の論文発表

txt:安藤幸央 構成:編集部 宇宙開発とCG映像との深い関係 毎年、示唆に富んだ基調講演が用意されているSIGGRAPH。今年の基調講演は、米国の宇宙開発を率いるNA... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2016開催!

会場となったアナハイムコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 VR映像が大流行り。SIGGRAPHはより多角的な展開へ。まずはCAFの紹介 SIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2015]Vol.05 多岐に渡るCG/VFX業界の今年の傾向と総括

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2015を振り返る 日々進化を遂げるCG/VFXの世界の情報が集まるSIGGRAPH、今年は下記のような傾向であった。... 続きを読む

[SIGGRAPH2015]Vol.04 CAF広告映像部門で見つけた受賞作品以外の良作品

txt:安藤幸央 構成:編集部 会場の度肝を抜いたプロジェクションマッピング BARTKRESA designのチームがライブVJのように映像を送出している様子... 続きを読む

[SIGGRAPH2015]Vol.03 SIGGRAPH展示会場よりみえてくるCG業界の流行とは

txt:安藤幸央 構成:編集部 ユーザー会の場としても盛り上がる展示会場 展示会場入り口。朝早くから閉館時間の夕方まで多くの人でにぎわった SIGGRAPHで... 続きを読む

[SIGGRAPH2015]Vol.02 新しい技術の応用が広まる!SIGGRAPH 2015の論文発表

txt:安藤幸央 構成:編集部 デジタル技術、ソフトとハードの次は、バイオ? 毎年、示唆に富んだ基調講演が用意されているSIGGRAPH。今年は、マサチューセッツ工科大... 続きを読む

特集記事

QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2010]Vol.05 Exhibition展示会場を覗いてみれば…