PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ  >  オタク社長の世界映像紀行 の一覧

オタク社長の世界映像紀行 の一覧

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.49 スチルと動画の未来をCP+で見る

txt:手塚一佳 構成:編集部 例年に無い熱気の会場 CP+2016は今回は複数会場をまたいで行われた。移動も大変だが、充実感がある CP+は言わずと知れたスチル...続きを読む

[ DATE : 2016-03-01 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.48 PHOTONEXT 2015に見る、動画とスチルの一体化

今年も、6/2~6/3にかけて有明、東京ビッグサイトにおいてフォトグラファーズ&フォトビジネスフェアPHOTONEXT 2015が開催された。今回は、その会場から映像に関わる話をピ...続きを読む

[ DATE : 2015-06-26 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和

CP+2015開催。「谷間の年」に何が起こるのか? CP+は、年に1度パシフィコ横浜で開催される写真の祭典だ。昨年の開催は大雪で開催が中断されるという非常事態に陥ったが、今年は無...続きを読む

[ DATE : 2015-02-17 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.46 CineGear EXPOは映画の作り手の楽園!

CineGear EXPO 2014(6/5~8ハリウッドで開催)は、その名の通り映画の機材に関するイベントだ。映画のイベントと言えばどうしても映画祭のような作品を鑑賞する観客側主...続きを読む

[ DATE : 2014-06-20 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.45 KOBA SHOW 2014オタク的視点レポート

KOBA 2014(Korea International Broadcasting, Audio & Lighting Equipment Show 2014)は、2014年5/...続きを読む

[ DATE : 2014-05-30 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.44 NABアウトロ:カメラデザインや設計思想に現れるお国柄を垣間見た!

華々しく2014 NAB Showの大型製品記事が誌面を飾っているが、筆者はそんな中、あちらこちらとNAB会場をうろつき回っていた。派手では無いところをうろついているからこそ見えて...続きを読む

[ DATE : 2014-04-25 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.43 アウトドアと映像世界

筆者は英軍系のRYA(英国王立ヨット協会)の資格を持っていることもあり、また、ナイフや包丁などの刃物を作っている事もあり、なにかとアウトドア関連との接点が多い。なぜPRONEWSで...続きを読む

[ DATE : 2014-03-18 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.42 CP+に見る4Kの今日

大雪に見舞われた今年のCP+2014 CP+2014は、パシフィコ横浜で行われた。まさかこの後あんな大雪になろうとは 2014年2月13日から16日まで、パシフィコ横浜において、...続きを読む

[ DATE : 2014-02-18 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.41 今後の映像世界と、人事の難しさ

2014年初回は、今年の映像世界、特に筆者の深く関わる、アニメと映画、特に特撮(SFX)ジャンルの一年を予想し、そこから話を広げて行きたい。 国内回帰が進む外注体制と、海外進出のリ...続きを読む

[ DATE : 2014-01-28 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.40 イベントシーズンに見る、高精細度映像の広がり

いよいよ年末年始。この原稿を書いているのも年の瀬である。年末年始といえば、映像業界的にはイベントシーズンまっただ中。11月のInterBEEから始まり、4月の米国NABまではさまざ...続きを読む

[ DATE : 2013-12-27 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.39 ヨーロッパ映像文化紀行

空前絶後の大不況に襲われている欧州だが、それでも、EUという共同体を維持しつつ、映像文化を 守り続けている。過去の歴史を乗り越えて作り上げたEUの結束は固く、諸外国の心配を余所に、...続きを読む

[ DATE : 2013-11-13 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.38 アムステルダムの文化と映像

筆者がIBC2013に参加したことは先般レポートした通りだ。IBCの舞台となるのは、オランダ、アムステルダム。この地には特有の文化が有り、それは映像と密接に結びついている。今回は、...続きを読む

[ DATE : 2013-10-22 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.37 短編・ショートフィルムの時代

最近、短編映画がにわかに熱い。引退宣言で世間を騒がせている宮崎駿監督も、宣言内容をよくよく読むと、 宮崎氏:"風立ちぬ"は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か...それ...続きを読む

[ DATE : 2013-09-10 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.36 ネット配信映像の昨日と明日

映像世界で近年飛躍した花形の一つが、ネット配信映像だ。PRONEWSでもネット配信を活かした番組を時折配信しているのは周知の通りだろう。イベントともなれば各社共にネット配信生放送を...続きを読む

[ DATE : 2013-08-13 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.35 一般化する高画質と、急速に陳腐化する業務機

映像の世界では、言うまでも無く急速に高画質化が進んでいる。総務省官僚の主導で、ここ数年のわずかな間にHD、フルHD、S3Dと大規模に機材投資してきたのに、さらに4Kそして間を置かず...続きを読む

[ DATE : 2013-07-09 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.34 KOBAから見る韓国の映像世界2013

我が国ニッポンのお隣の国、韓国。歴史的に、また地政学的にも長い繋がりのある国だけあって、日本の映像を語る上でも韓国の動向を知ることは大切だ。そのため、このコーナーでも繰り返し定期的...続きを読む

[ DATE : 2013-06-11 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.33 海外へ日本ブランドを売り込む方法とは?

クールジャパンなど、最近日本の映像コンテンツ製品を海外に売り込もうという動きが盛んだ。しかし、その実情はお寒いものだ。しかし、日本は様々な製品で海外売り込みに成功してきた実績がある...続きを読む

[ DATE : 2013-05-10 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.32 海外初心者向け、海外展示会攻略法

グローバル化シームレス化という言葉が陳腐に聞こえるくらい、世界は狭くなった。日本で映像屋をやって行くにしても、海外発の情報は欠かせない。何しろ、日本メーカーが海外で発表をしたり、海...続きを読む

[ DATE : 2013-04-05 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.31 淘汰されるVFX企業

先月はまじめな話題となってしまったので、今度こそハッピーな海外情報でも、と思っていたら、またしてもとんでもないニュースが飛び込んできた。それは、リズム&ヒューズの倒産。しかもそれに...続きを読む

[ DATE : 2013-03-08 ]

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.30 曖昧になるプロとアマの境目

完全に私事だが、自分の率いるクリエイター集団、有限会社アイラ・ラボラトリという会社の設立から、この2月初旬で14年が過ぎた。学生時代のアルバイト感覚から転じて始まった会社設立前の数...続きを読む

[ DATE : 2013-02-15 ]

トップ >  オタク社長の世界映像紀行 の一覧