PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 萩原正喜
  6.  > 
  7. [コロラド紀行]Vol.32 2008年 デンバー空港の乗客数が新記録
Column

Vol.32 2008年 デンバー空港の乗客数が新記録

2009-02-19 掲載

2月16日(月)はPresidents’Dayでアメリカでは国民の祝日となっています。 また、初代大統領のジョージ・ワシントンの誕生日が2月22日(土)で第16代大統領のアブラハム・リンカーンの誕生日が2月12日(木)となっていますが、暫く以前よりこの2つの祝日が繋がっているので休日が2月に多すぎると言う事からこの2つの祝日を一つにまとめてプレジデントデイとして国民の祝日としました。

ところで、2月17日(火)には、第44代のBarack Obama新大統領がその専用機Air Force Oneで私の住んでいるAuroraの町外れにある在るBuckley Air Force 基地へ午前11時30分に到着して、そのままデンバーの町中に在るCity Parkの中にあるデンバー博物館(Denver Museum of Nature & Science)へ直行しました。

Auroraの町外れに在るBuckley空軍基地の遠景
私の住んでいるAurora市の東外れに在るBuckley空軍基地をその西側から眺めた様子です。 目立つのはレーダーの回転アンテナを納めた白い球形ドームが数多く設置されている様子で、基地の各建物やF-15戦闘機や大型ジェット輸送機などが離発着出来る滑走路は外からは見えませんが、コロラドの空域の監視と防護の任務を負っています。

今回のオバマ新大統領とバイデン副大統領のデンバー訪問の目的は総額7870億ドルというビッグ予算を伴ういわゆるStimulus(景気刺激)法案が最近連邦議会を通過したのを受けてデンバー博物館で署名を行ってこの法案を成立させ景気好転への実行に移す事にしています。この法案は新オバマ政権としては最初の強力な政策法案であり、これによって現在の経済不況を一掃しようと言う事になっています。

何でコロラドなのか? どうしてデンバーへ来て署名するのか? 何でデンバー博物館なのか? といった疑問が有り、いろいろと新聞やTVのニュースで推測がなされていますが、基本的には昨年8月にデンバーで行われた民主党全国大会で大統領候補に指名されて、その大会の大成功がオバマ新大統領の実現につながった、と言う事でそのお礼をすると言う意味が深いのではないか、と思われています。

また、現在コロラドではBill Ritter知事のリーダーシップでRenewable Energyの強力推進を計っている所ですが、その研究開発面ではデンバーの西のGoldenの町に在るNational Renewable Energy Laboratories(国立無公害エネルギー研究所)を始めColorado School of Mine大学やコロラド州立大学、コロラド大学などでの事業化に向けての太陽光発電や風力発電などの活発な研究活動とともに、昨年にはデンマークの風力発電装置の主力企業Vestas社が大型風車の羽を製造する工場をデンバーから北のWindsorの町へ設けてその製造が既に始まっていることや、同じVestas社がコロラドの南のPuebuloの町へ風力発電の発電機を含むタワーの製造工場を建設する予定となっています。また、ドイツのシーメンス社がその風力発電の羽の設計効率を測定するラボをゴールデンに設けると発表しています。

また、コロラドの各都市へ電力とガスを供給しているXcel Energy社では早くからコロラドでの風力発電の拡大に力を入れて来ましたが、最近では太陽光発電にも力を入れ始めており、まだ同社の全供給電力量からすると僅かですが、今後積極拡大策を推進するとしています。

そして、デンバーとボールダーの中間のLouisvilleに在るStorageTek社の跡地を石油メジャーの一社ConocoPhilips社がその所有者であるSun Microsystems社から買い取って、各種Renewable Energyの研究開発拠点とする事になっているなど、 現在の所コロラドが無公害エネルギーの開発事業化面では全米でもトップを走っている状況となっています。

そんな中に有って、今回デンバー博物館がObama新大統領の法案署名の会場となったのは、この博物館ではその屋根の部分を全面的に利用してソーラーパネルが沢山設置されていて太陽光発電による電力で賄っているからとされています。

この発電設備の設置はコロラドのベンチャー企業であるNamaste Solar社によって行われたものですが、今回のデンバー博物館に集まった地元の名士達へのStimulus法案がこうした太陽光発電事業に如何に重要か、と言う事を述べる演説を同社のCEOであるBlake Jonesさんが行った後オバマ大統領の紹介役を果たしています。 また、この署名式に先立ってこのBlake Jonesさんの案内でObama大統領とBiden副大統領を博物館の屋上へ案内してソーラーパネルの設置状況を見てもらって現況の解説を二人に行っています。

従来から大統領が各地へ出かける時は副大統領はホワイトハウスで待機しているという習慣となっていますが、今回、Biden副大統領は午前11時25分に政府専用機のボーイング757型機でBuckley空軍基地へ到着し、Obama大統領がその5分後に大統領専用機で到着する、といった事で2人揃った所で別途輸送機で運ばれて来たGMのキャデラックを原型とした新型リムジーン車2台にそれぞれ別々に乗ってデンバー博物館へ向かう、といった処置をとっています。

GMのこの自動車はVIP用として特別設計された車両で特に防弾機能が備えられていて、テロ攻撃などに備えている特別車ですが、ワシントンからはるばるこの行事の為にデンバーへ運ばれて来たとは驚きです。

ところで、オバマ新大統領は今回の大統領選挙のキャンペーン期間から今回迄合計で10回コロラドを訪れておりその内訳は;

 
オバマ新大統領が訪れたコロラドの都市とその回数
Denver 3回
Pueblo 2回
Ft.Collins 1回
Golden 1回
Grand Junction 1回
Thornton 1回
Westminster 1回

となっていて、これほど頻繁に大統領候補がコロラドを訪れるのはいまだかつてない事となっています。

コロラドでは今回の新大統領の訪問で大騒ぎで、地元の各TV局では中継でBuckley基地への到着からデンバー博物館への移動の様子や博物館での署名式の様子、そしてオバマ大統領及びバイデン副大統領のそれぞれ挨拶と演説の模様、更には博物館から再びBuckley基地へ戻る様子、そして次の訪問地アリゾナ州のPhoenixへ向けて飛行機が飛び立つ迄と実況中継で放送しました。

今回の景気浮揚策のこのStimulus法が効果を発揮して改善に向かう事を誰もが期待していますが、今後この7870億ドルという膨大な予算の執行がどのように行われるか注目です。

バレンタインズデイの様子様々

2月14日(土)はValentine’s Dayです。 日本でもかなりポピュラーな日となっていますが、日本のチョコレート製造メーカーの策略が功を奏したのか、女性から男性へチョコレートを贈る日といった感覚でこの日が過ごされている方が多いのではないかと思います。

コロラドのこの日の地元新聞では、「Boston’s Pizza」ピザ店ではピザをハート形に造ってお客にオファーしている事が大きな写真とともに掲載されています。 同店では既に15年ほど以前よりバレンタインズデーの特別メニューとして毎年このハート形のピザを販売していますが、特に若いカップルのお客には大人気で同店のビッグヒットとなっているとしています。

ここのところ経済低迷が続いているアメリカですが、小売業団体のNational Retail Foundation の調査によるとバレンタインズデーの贈り物にアメリカ人が使う金額は一人当たり平均額でここのところ毎年金額を伸ばして来ていましたが、 今年は不景気を反映してか昨年が122.98ドルの記録に対して、今年は102.50ドルと大きく下回っているとしています。

贈り物の品目別では;

1位 カード 56%の人がカードにメッセージを記入して贈る。
2位 一緒に外出して夕食を食べる。 43%
3位 キャンデイ/チョコレート 42%
4位 花束 33%
5位 宝飾品 14%
6位 衣料品 8%
7位 商品券 8%
8位 その他 7%

等と言った内容になっているとしています。

また、贈り物をあげる対象者としては;

1位 恋人や奥さん
2位 奥さん以外の家族
3位 友達
4位 子供のクラスメートや先生
5位 職場の同僚
6位 飼っている犬や猫

等と言った順番となっているとしています。

昨年のクリスマス商戦では全般的に売り上げの不調であったのに対して、バレンタインズデーで景気の不調の影響で消費者の使う金額が下がるのはやむを得ませんが、調査結果では特に全般的に下がってはいるものの「外で食事を一緒に摂る」といった人々の比率は昨年に比べて大きく伸びているとしています。

コロラドのワイン用葡萄が好収穫

アメリカのワインと言うとサンフランシスコの北に位置するNapa ValleyやSonoma といった地域の名前がすぐに出て来るように、そのワイン造りに適したブドウの収穫により高品質のワインの産出で古くより知られていますが、最近ではこれらの地域での大水害や不順な天候等の影響の他に、地球の温暖化の影響でブドウを栽培する地域が徐々に北へ移動して行く様になっているとされています。

一方、標高の高いコロラドでも以前よりワイン用のブドウの栽培が州を東西に横切っている国道70号線沿いのロッキー山脈の西山麓の町Glenwood Springsや Grand Junctionの周辺、そしてデンバーより北西のロッキー山脈の東山麓の町Boulder周辺などで盛んに行われています。

今迄、ワインの品評会などではカリフォルニアワインに今一歩及ばないという状態が続いていましたが、ブドウ栽培農家やワイン醸造業者の長年の努力の積み重ねで年々ワインの品質が向上して来ています。

その他にワイン用のブドウの品質を決める要素としてブドウの収穫期迄の天候が大きく作用するとされており、コロラドでは昨年の秋のその温暖な気候が続いたことから、ブドウの熟成に時間がかかったので、その収穫が今迄に無く良質な収穫となっており、それを使用した今年のワインの高い品質の物が醸造出来るとしています。

ブドウ栽培農家の研究努力の積み上げもありますが、進行している地球温暖化の影響がコロラドの環境にワイン用ブドウ栽培に良い方向に向かっているとされています。 コロラドと言えばCoorsやBudweiserでお馴染みのビールの生産量ではアメリカでトップの州ですが、高品質なワインも醸造される様になって来ていますので、今度皆さんがコロラドへ来られたらワインも是非試してみて下さい。

2008年のデンバー空港の乗客数が新記録

昨年1月より過去最高記録の扱い乗客数を毎月更新して来たデンバー国際空港ですが、2月16日(水)に2008年の通算記録がデンバー空港当局より発表されて、その数総数で5120万人となり、1995年2月に開港して以来過去最高の乗客数を扱ったとしています。

月別に見てみますと以前最高であった2007年に比べて11月だけがその月別記録を僅か下回ったものの各月毎に記録を更新し、特に12月では4,073,246人と大幅に記録を破って年間通算で2007年より2.8%の上昇で新記録を示しています。

  • ジェット燃料の高騰
  • 経済不況の進行
  • 利用客数の低迷

と言った悪環境の中にあって健闘していると言えます。

全米の商用空港の中では第5位の記録ですが、この記録は3年前よりデンバーをハブ空港として進出している格安航空運賃で競争しているSouthwest航空の寄与が大きく、昨年は同航空会社では60便の新フライトの増加を行っています。

デンバー空港をハブ空港として活動している航空会社としては、United航空、Frontier航空、そしてSouthwest航空の3社ですが、現在会社更生法(Chapter 11)の適用下で業績改善に努めているFrontier航空の不振を新規のSouthwest航空がカバ−した形となっています。

この年間5000万人という当初計画された乗客数を越す規模となって来た事は現有の空港設備では一杯の所迄来ており、次のフェイズの設備増強計画を強いられる事となり特に;

  • 滑走路の新設 (現在6本の滑走路を使用している。)
  • 25カ所のゲートの新設
  • 自動車の駐車場の拡張
  • セキュリテイチェックポイントの拡張充実
  • 乗客手荷物の搬送設備の増強
  • 空港内各コンコースのレストランやお土産店などの拡張
  • デンバーのダウンタウンと空港ビルの間を結ぶ高速鉄道の建設
  • 空港ビルに隣接の大型ホテルの建設
  • などといった課題が残されています。

    一方、現在進行している経済不況の影響により今年6月では前年に比べて7.5%の乗客数の減少が予想されており、これは年間で200万人の低下となります。また、2010年には更に200万人の減少が生ずると予測されていて、2008年のレベルに回復するには2014年迄かかるとされています。

    この様な環境下での新規設備強化投資は其の投下金額も莫大となる事から、その投資タイミングやリスクの読みが非常に重要となり今後の空港当局、そしてデンバー市当局の腕の見せ所となると言えます。

    自転車でロッキー山脈を縦走

    毎年恒例となったコロラドの自転車ファンには大変人気のある。1週間かけて険しいロッキー山中のコースを走破する自転車ツアー「Ride the Rockies」の参加者の募集がその主催スポンサーの1社のDenver Post新聞社の2月1日(日)の紙面に早くも載りました。

    このツアーは運営者側で毎年異なるコースを設定して,1週間かけてテントで夜を過ごしながら自転車で走破するもので、競争ではありませんが、なにせ標高の高い箇所を走る事になりますので耐久力を非常に必要とする事で知られています。毎年その参加人員を2000名に制限して行われ、2月20日に参加者の募集締め切って抽選により2000名が選出されます。

    今年はコロラド州を東から西へロッキー山脈を越えて横切っている国道70号線の途中の町Glenwood Springsの町を起点として再び同町へ戻って来る周回コースが設定され、毎年6月の第3日曜日の父の日にスタートとなっていますが、今年は6月21日の日曜日が父の日となっており、例年より1週間早い6月14日(日)から19日(金)の6日間で延長380マイル(611km)の距離を走破する計画となっています。

    1日目 Glenwood Springs => Hotchkiss
    2日目 Hotchkiss => Gunnison
    3日目 Gunnison => Salida
    4日目 Salida => Leadville
    5日目 Leadville => Glenwood Springs

    というルートとなっています。

    特に

    • 1日目のコースにはMcClure峠(標高8755フィート/2669m)
    • 3日目のコースにはMonarch峠(標高11312フィート/3448m)
    • 5日目のコースにはIndependent峠(標高12095フィート/3687m)

    といった峠越えがあって最終日のインデペンデント峠は富士山の9合目くらいの標高となる事から空気が薄く各メンバーは事前のトレーニングを充分行う事が重要となっています。

    参加費用は335ドルですが、主催者側では、参加者の荷物の運搬、各種の輸送方法、医療体制、自転車の修理対応、落伍者の保護、そして参加者にはジャージーの支給、水ボトルの供給、コースの地図ブックの支給などを行う様になっています。

    また、参加者は主催者が設営するテントに宿泊する事になっており、そのテントの運搬や設営を2000人分各場所へ準備します。この自転車ツアーには毎年その通過する町の自治体では全面的なサポートを行う習わしとなっており、特に宿泊テントの設営場所の確保や設営作業に各自治体の人達が応援します。また、メインスポンサーとしては地元新聞のDenver Post紙、コロラドで最大の銀行Wells Fargo Bank、そして数多くのコロラドの企業や団体が協賛しています。

    今年のスタート/ゴール点となっているGlenwood Springsの町には巨大な温泉プールが在り、温泉療養所の施設もあるので、帰りに温泉に浸かってから帰るという事も可能です。また、地元のワイン醸造でも有名ですので全コース走破の祝杯を挙げる楽しみも出来ると言う事になっています。夏の季節の始まりを告げるコロラドのメインイベントの一つとなっています。

    あとがき

    先のこのレポートでもお伝えしましたが、コロラドの地元新聞「Rocky Mountain News」紙はここ数年経営赤字が継続しており、最近の経済不況の影響でその広告収入が減少して来ている事からその持株会社で広告募集や同紙が行っているいろいろなビジネス運営を行っているDenver Newspaper Agency社が他社への売却の活動を昨年後半より行っており、今年1月16日を期限として買い取り客を捜していましたが、期限が過ぎても適切な売却先が見つからない事から、売却をあきらめてRocky Mountain News紙を閉じる決心をしなくてはならない状況となって現在同紙の労働組合(Union)と調整に入っています。

    デンバーの町の中心地に在るRocky Mountain News新聞の社屋
    デンバーの中心地のコロラド州庁社やデンバー市庁舎の在るCivic Center Parkに面したColfax通りに面しているRocky Mountain News新聞社のビルです。 デンバー地区やコロラド州のニュース取材活動を行うには大変都合が良い地の利にあると言えます。 建物の左最上階の部分に「Rocky Mountain News」のサインが見えます。

    コロラドの地元新聞にはもう1紙あり「Denver Post」ですが、もともとその持ち株会社のDenver Newspaper Agencyが経営不振となっていたRocky Mountain News紙を買い取ってDenver Post紙との融合をとりながら両紙の運営を行って来ました。

    我々読者側からしますと、例えば日曜版については1週間毎に両紙が交互に編集を担当して、1紙分として発行、配送を行って来ており、両紙を購読している人は日曜日には同じ新聞が届くと言う様になっています。

    その他両紙の特長を壊す事無く共通部分は相互乗り入れをして経営改善に努めて来ましたが、やはり経営好転は難しく、最近の経済不況のあおりでDenver Newspaper Agencyに「コロラドには地元新聞は2紙いらない」と言わせる事態となってしまっています。

    創刊以来150年の歴史を持つコロラドで最も歴史の長いRocky Mountain News紙ですが、今後どのような方向で決着するのか我々読者には心配ですが、間もなくその方向が見えて来そうな状況となっています。


WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


[ Writer : 萩原正喜 ]
[ DATE : 2009-02-19 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 萩原正喜
  6.  > 
  7. [コロラド紀行]Vol.32 2008年 デンバー空港の乗客数が新記録