CEDECは昨年から、ゲームタイトルではなくゲーム制作に用いられた技術から開発者の功績を称えるCEDEC AWARDSを実施している。パシフィコ横浜・会議センターのメインホールで9月3日、プログラミング・開発環境、ビジュアルアーツ、ゲームデザイン、サウンド、ネットワークの5部門の受賞者を発表し、今年から新設した賞として8月20日に発表していた特別賞と著述賞も含めて表彰を行った。CEDEC AWARDSは、ゲーム業界における各分野のオーソリティで「CEDEC AWARDSノミネーション委員会」を組織し、委員の推挙に基づいてCEDECアドバイザリーボードで25件を選出。その中から、CEDEC受講申込者による投票とCEDECアドバイザリーボードの投票で最終受賞者を決定した。特別賞、著述賞については、CEDECアドバイザリーボードで討議し決定した。

CEDECAWARDS2009.JPG

■プログラミング・開発環境部門■

プログラミング・開発環境部門は、リアルタイム変形コリジョンと優れた描画表現技術に対し、『ワンダと巨像』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)プログラミングチームに贈られた。巨像によじ登り、必死でしがみつくというゲームメカニクスの核となったリアルタイム変形コリジョンの実現技術が新しいゲームデザインに結び付いたことに加え、前作「ICO」以上に空気感を感じさせる描画と、ファーの表現なども実現したことが評価された。

「『ワンダと巨像』の変形コリジョンは大変で、ディレクター、ゲームデザイン、モーション、コリジョンデザインといった人たちに支えられてできたゲームです。遊ぶ時に、こういった部分もあるんだと見ていただければ、また違った楽しみ方もできるのではないかと思います。今日はありがとうございました」

■ビジュアルアーツ部門■

ビジュアルアーツ部門は、『大神』(カプコン)のアーティスト及びテクニカルアーティストに贈られ、独創的な「墨絵」表現のゲーム応用に対するものだった。発売から数年たっても色褪せた感じを受けない「墨絵」的表現を使用した独創的な映像表現であり、その独特のタッチをトゥーンシェーダーによらない独自の技法で実現し、ゲームにおけるビジュアルワークの存在感と可能性を再認識させたことが受賞につながった。

「『大神』は2006年に発売させてもらいましたが、この独特な3Dグラフィックは皆様から高い評価をいただき、このように素晴らしい賞を受賞できたことをとても嬉しく思います。『大神』はこれからもいろいろな展開をしていきたいと考えております。変わらぬご声援をお願いいたします。本日はありがとうございました」

■ゲームデザイン部門■

ゲームデザイン部門は、友人同士の協力プレイを活かしたゲームデザインに対し、『モンスターハンターポータブル』(カプコン)の開発チームに贈られた。武器や装備の的確なパラメータバランス、操作の修練、協力プレイ時の声を掛け合っての戦略構築、他プレイヤーからのアドバイスなど、1カ所に集まった友人同士のコミュニケーションの楽しさという要素をゲームデザインとして総合的に高いレベルにまとめ上げたことを評価した。

「『モンスターハンターポータブル』シリーズはこれまでに3つ出ています。シリーズを経るごとにボリュームが大きくなり調整も大変になってきていますが、チーム内では自分の担当する部分ではないところであっても協力しながら、より良くしていこうと開発を続けています。このような作業のなか、このような賞をいただけたことは、大阪に帰って皆で分かち合って喜びたいと思います」

■サウンド部門■

サウンド部門は、丁寧な作り込みで「音ゲー」を「リズムゲーム」という新たなステージに昇華させたことを評価し、『リズム天国ゴールド』(任天堂)の開発チームに贈られた。ポピュラー音楽のヒットメーカーの才をゲームデザインに活かし、サウンド表現とゲーム内ギミックの連携も絶妙で、「リズムに乗る」という本能的な気持ち良さとユーザー操作とが直結されるよう音色選びまでこだわっており、シンプルなアイディアと丁寧な作り込みで幅広い層で楽しめる音楽ゲームを実現していることが評価されている。

「本日は、このような賞をいただき大変光栄に思います。共同開発していただいたつんく♂さん、TNXのスタッフの人たちにも、この場を借りてお礼申し上げます。『リズム天国ゴールド』のサウンドは、なるべくシンプルで覚えやすいBGMと、なるべくインパクトのある効果音を組み合わせて、独特の雰囲気を作り出そうと努力してきました。プレイヤーが頭で考えて手を動かすというよりも、独特なノリに飲み込まれて身体が勝手に動くような音作りに取り組んできました。これからもサウンドならではのアプローチで、遊ぶ人を笑顔にできるような音作りに取り組んでいきたいと思っています。ありがとうございました」

■ネットワーク部門■

ネットワーク部門は、ゲームではなく、ネットワーク上での新しい楽しみ方を実現した『ニコニコ動画』(ニワンゴ)の開発チームに贈られた。いわゆる「ゲームパッケージ」とは異なる作品の受賞には賛否がわかれるところだが、ネットワーク上でコンテンツを提供しあったり、それらとインタラクションを行う部分を広義のゲームと解釈。新しい楽しみ方の提供とバックエンド技術の積極公開など、業界に対する貢献を評価した。

「そうそうたるゲームの開発者がおられるなか、『ニコニコ動画』がここにいていいのかとビビっています。この賞をいただけたことを、大変光栄に思います。『ニコニコ動画』には、オンラインゲームのミドルウェアを構築していた経験を持つ人が何人もいますので、オンラインゲームは常に意識して開発しています。本日の賞はチーム全員で、感謝をもって受け取りたいと思います。本当にありがとうございました」

WRITER PROFILE

編集部

PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。